生駒山

風と一緒にたたずむ生駒山上 風を全身に感じながら遊園地

子どもの頃に遊びに行ったり、保育園時代ケーブルカーで遊びに行ったりと何かと思い出のある生駒山上遊園地です。生駒山と言われて、まず思い浮かべるのは何だろうか。

スポンサーリンク

きっと生駒山上遊園地(スカイランド生駒)で遊んだ記憶のある人は多いはずだ。大阪か奈良に住んでいる人なら一度は訪れているだろう。子どもの頃、親に連れられて。

 

あるいは幼い子供を連れて。幼稚園や小学校の遠足で行った人もいるかもしれない。デートで訪れた、という人だっているはず。また遊園地を意識せず生駒山に登っても、山頂に着けば遊園地がある。

 

ちなみに標高642メートルの生駒山の三角点は、この遊園地内のミニ蒸気機関車の線路に囲まれた一角にある。山頂に立ちたければ、遊園地内に入らなくてはならないのだ。

 

山上遊園地がオープンしたのは昭和4年(1929)3月27日。だから平成21年(2009)で80周年を迎えた。建設時は車道もなければ重機など機械も何もなかったから、建設資材は全部人の背で担ぎ上げた。

 

オープンに合わせて宝山寺駅から生駒山上駅までケーブルカー山上線も開通する。山の頂きに足ではなく電車での盆れることに、当時の人は感動したに違いない。

 

しかも森や草地に覆われていた山腹を登り切ると、そこにおとぎの国が広がっていたのだから。戦前は「摂河泉十一国を展望できる遊園地」とモテ囃され、大層な人気を博したという。

 

開園とともに登場し、山上遊園地のシンボルとも言える遊具が、飛行塔である。山頂に建つ塔は、高さ40メートル、直径20メートル。四基の飛行機型ゴンドラが吊り下げられて回りながら上下する。

 

山の標高と合わせて、日本一高い飛行塔とも呼ばれた。その姿は、完成当初から現在も変わらない。

 

今となってはレトロな姿だが、これに乗れば大阪も奈良も360度の展望が楽しめるのだから、根強い人気を保っている。

▼関連記事▼
爽やかな風と一緒に生駒山を楽しむ 時間の流れを忘れる登山
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考書籍

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ