エアコン故障

スマートなエアコン 聞きほれる異音 セクシーにキーン

エアコンの異音がキーンという高い周波数帯の異音が聞こえるのは、エアコンの電装部の部品が不具合を起こしている可能性があります。エアコンの電装部の部品が不具合を起こしている場合はメーカーに部品交換をしてもらう必要があります。

スポンサーリンク

ただ、キーンという、高い周波数帯の異音は若い人には聞こえても、年配の方は聞こえにくい可能性があります。エアコンをつける度にキーンとなるのであれば、電装部の部品交換をメーカーに依頼する方法が適切だと考えられます。

エアコンの異音がキーン

 

エアコンの異音がキーンとなるのは、電装部品の不具合の可能性があります。素人では部品交換は難しいでしょう。エアコンをつける度に異音がキーンとなって、とても耐えられないのであれば、エアコンを購入した家電量販店に修理相談をしてみましょう。

 

もしくは、エアコンのメーカーの修理受付窓口にキーンと異音がなる原因と対策について相談してみましょう。おそらくですが、部品交換になる可能性があります。

エアコンの異音を防ぐための定期的な手入れについて

エアコンの異音をふせぐための定期的な手入れについては、吹き出し口、ルーバー、フィルター掃除を定期的にして、エアコン内部にホコリやカビが付着しないように気を付けることです。

 

エアコンの掃除は1ヵ月に1回くらいが適切だと思われます。ただ、エアコンを設置している場所や環境によります。例えばワンルームで料理をしているなら、エアコンに油分が付着するでしょうし、室内でタバコを吸っていたら、ヤニが付着するでしょうし、ペットを飼っていたら毛が付着するでしょう。

 

エアコンの掃除は1ヵ月に1回が適切ですが、環境によっては、1ヵ月に2回とか1週間に1回とか、環境によって掃除の回数を増やしましょう。

エアコン分解洗浄も検討しましょう

エアコンの分解洗浄も検討しましょう。エアコンを分解して洗浄するのです。これは、素人でするのではなく、メーカーに依頼してエアコンを洗ってもらうのです。

 

素人では、掃除できない部分を徹底的に掃除してくれます。エアコンの分解洗浄はメーカー以外にもエアコンのクリーニング業者や安い掃除屋さんなどありますが、エアコンの分解洗浄はメーカーに依頼した方がいいでしょう。多少割高ですが、故障リスクが少ないですし、エアコンの仕上がり具合も新品同様に生まれ変わります。

スポンサーリンク

 

エアコンの分解洗浄は3年に1回か、環境によっては、1年に1回は検討した方がいいでしょう。エアコンの分解洗浄を依頼する時は、エアコンを購入した家電量販店に依頼しましょう。そして、見積もりをとってもらってから実施しましょう。値引き交渉もしてもいいです。応じてくれるかは、メーカー次第になります。

古いエアコンの場合はどうしたらいいでしょう

古いエアコンで異音がキーンとなっている場合、電装部品の部品在庫がない可能性が出てきます。そうなると、修理不可になってしまいます。

 

修理不可になってしまったら、エアコンを新品に買い換えないといけないことになってしまいます。メーカーによっては、中古部品を持っている場合もありますので、一概に、古いエアコンだから、修理不可とは言い難いです。古いエアコンで異音がキーンとなる場合、メーカーの修理受付窓口に相談してみましょう。

 

点検が必要であれば、点検費、出張料が請求されます。エアコンを入れ替える気持ちがあるのであれば、点検に来てもらう必要はありません。ただ、異音がキーンとなるから、電装部品が不具合を起こしているのは、あくまで可能性として考えられるので、エアコンのブレーカーを落として電源リセットして、修復するかどうかです。

 

いずれにしても、まずはメーカーの修理受付窓口に相談してみましょう。エアコンを入れ替えるなら、家電量販店で購入しましょう。そして、エアコンの無料修理サービスにも加入しておきましょう。

まとめ

▼関連記事▼
黄金のエアコン ピーにこだわりできたてを新鮮なうちに音

 
エアコンの異音がキーンとなることについて書きました。私自身、過去に業務用エアコン修理部門で働いていたこともありましたので、エアコンの異音について相談を受けていたこともありました。異音のキーンという音は、電装部品の不具合が考えられます。

 

一度、メーカーの修理受付窓口に電話相談してみましょう。そして、点検が必要と言われたら、応じるかどうか判断しましょう。点検が有償であれば、エアコンを購入した家電量販店に相談してみましょう。家電量販店に電話相談すれば、また状況が代わってくるかもしれません。

 

エアコンが古くて、異音がキーンとなる場合は、エアコンの買い替えも視野に入れて、家電量販店に電話相談するか、メーカーに電話相談してみましょう。もし、エアコンを買い換えるなら、直接メーカーで購入したら、高額になってしまいますので、家電量販店で購入しましょう。

 

その際は、エアコンの無料修理サービスにも加入しておきましょう。エアコンを長持ちさせるには、自分で吹き出し口、ルーバー、フィルター掃除を定期的にしましょう。

 

エアコンの分解洗浄も3年に1回はメーカーに洗ってもらうようにしましょう。エアコンを長持ちさせて快適な生活が送れるようにするには、掃除する努力は欠かせません。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ