無職

スーパー無職 賃貸に契約の風味が活きている

無職ですが、賃貸契約できました。しかも、私はうつ病です。CMで有名な不動産屋さんに行くと門前払いでした。

スポンサーリンク

うつ病で、無職で、収入の当てがない人に貸せる物件はないと言われました。せめて、生活保護を受けてから来てくださいと言われました。どうしようもないとおもっていた最中、親戚に相談して小さな不動産屋さんを紹介してくれました。

 

そこから、とんとん拍子に話が進んで、無職、無収入、生活保護を受けていない状態、うつ病患者であるのも関わらず、賃貸契約できたのです。その経緯を書いていきたいと思います。

無職で賃貸契約に必要なもの


親戚に紹介された不動産屋さんは、小さな会社でした。

社長が一人しかいなくて、事務所の中は散らかっていて、社長の住み家みたいになっていました。

 

昔から地元密着している不動産屋さんって感じでした。

不動産屋さんの社長に、CMに出している賃貸会社に断られたことや、カードローンでお金が借りれなくなってしまったこと。弁護士に相談して生活保護を受けるように言われたこと。

 

役所に相談したら世帯分離して一人暮らしをしたら生活保護を申請できることなど、洗いざらい話しました。

 

▼関連記事▼
賃貸契約 きらめく必要なものにさらなる無職を与える

無職でも一人暮らしの物件契約の可能性を高める方法


職でも一人暮らしの物件契約ができました。無職、無収入になってしまい、カードローンでお金を借り入れして生活を続けてしまい、借金が増えました。ただでさえ住宅ローンの支払いが残っているのに、余計に借金をふくらませてしまったのです。

 

知り合いに相談すると弁護士に相談するようにいわれました。

弁護士に相談すると生活を続けるために、生活保護を検討するように言われました。

役所に行くと世帯分離して一人暮らしをしたらいいと言われました。

 

その帰りにCMで有名な不動産屋さんに行きましたが、私が無収入、借金あり、うつ病ということもあり、門前払いでした。親戚に相談すると地元密着している小さな不動産屋さんに一緒に行くことになりました。

 

不動産屋さんの社長だけの会社でした。うつ病であることや無職であること、無収入、借金ありの話まで、すべて洗いざらい話しました。すると、生活保護に理解のある大家さんの所有している物件を紹介してくれました。

 

不動産屋さんから、連帯保証人は誰がなってくれるのと聞かれて、同席していた親戚がなってくれることになりました。続いて、前払い家賃と仲介手数料は誰が払ってくれるのと聞かれて、親戚が現金で一括支払いしてくれることになりました。こうして、一人暮らしが実現しました。その後、生活保護を申請したら審査が通過しました。

 

▼関連記事▼
驚きの破格無職でご案内 暮らし方の安さに驚きを隠せません

家賃保証会社を利用しなかった


不動産屋さんの提案で家賃保証会社を利用しませんでした。

 

連帯保証人1人いたら十分でしょうと言われました。

 

また、私の状況をすべて考慮したうえでの不動産屋さんの判断なので、これでよかったのでしょう。

 

▼関連記事▼
無職暮らしを応援します 賃貸の預貯金を厳選した審査

無職で賃貸契約をする工夫は収入が安定している保証人をたてること


無職、無収入の私が賃貸契約する時に、真っ先に言われたことは、連帯保証人、誰がなってくれますか!?って言われました。

 

親戚が同席してくれたので、私が連帯保証人になりますと言ってくれました。

 

本来なら、母親が連帯保証人になるべきなのですが、母親は年金収入が少なすぎて連帯保証人に向かないと親戚は、すでに知っていた様子なので、私を信用して連帯保証人になってくれることになりました。

スポンサーリンク

 

親戚の年金収入は、家族を養うのに十分な収入を得ていました。

 

そういった意味では親戚の年金収入は連帯保証人としては最適な人でした。

 

▼関連記事▼
黄金の無職 鮮度にこだわり新鮮なうちに家を借りる

生活保護を受けるメリットとデメリット


生活保護を受けるメリットは、役所から毎月、決められたお金が支給されます。

 

何に使うかは、自由です。何にお金を使っているか聞かれることはありません。

 

衣食住に必要なお金が支給されます。生活保護を受けるデメリットは毎月ケースワーカーが自宅に来ることです。ケースワーカーは電話もなしに急に来て、あれこれ、生活回りをきちんとしているか、生きているかどうかの確認をされます。

 

毎月急にケースワーカーが押しかけてくるので、生きている心地はしませんでした。国に飼われているような感じでした。

 

▼関連記事▼
スーパー無職 外側がうつ病なのに中は生活保護

毒親で病みました


私が小学生の時、両親が離婚しました。父親は浮気相手と再婚するために出ていきました。

私は一人っ子なので母親と二人暮らしになりました。

 

社会人になってから一人暮らしをしたいと思っていましたが、母親に給料が入る口座を取り上げられました。

母親には残業してでも、たくさん稼いでこい!と言ってくるのです。

 

自宅に帰ったら、過干渉、監視、プライベート侵害もあり、母親との二人暮らしは苦しいです。

母親は毒親化していました。

 

▼関連記事▼
無職のパワーの源 フルチャージでなんとかなる

まとめ

私が小学生の時に両親が離婚しました。

父親は浮気相手と結婚するために出て行きました。私は一人っ子はので母親と二人暮らしになりました。

 

母親は毒親でした。命令ばかりされて生きてきました。

正社員になってから、ストレス診断を受けたら、ストレス濃度が高いことを指摘されて、産業医との面談になりました。

会社と相談して結果的に退職

産業医と面談すると精神内科を受診するように言われました。

精神内科に通院するようになって、うつ病と診断されました。

 

また、発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。

診断書を会社に提出したらしばらく休職するように言われました。

 

休職を続けて薬物療法を続けましたが、うつ病は治りませんでした。

会社と相談して結果的に退職となりました。無職、無収入になってしまい、カードローンでお金を借り入れして生活を続けることになりました。

弁護士に相談すると生活を維持するために生活保護を検討するように言われた

すべてのカードローンの上限額がいっぱいになってしまいお金が借りれなくなりました。

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると生活を維持するために生活保護を検討するように言われました。

役所に行って事情を話すると、持ち家から出ていき世帯分離して一人暮らししたら、生活保護を受けることができることを教えられました。

 

親戚に相談して不動産屋さんを紹介されました。親戚と同席して不動産屋さんに今までの経緯を説明しました。すると、生活保護に理解のある大家さんの所有している物件を紹介されました。

自己破産を申し立て

連帯保証人は同席してくれた親戚がなってくれました。

前払い家賃、仲介手数料は親戚が支払ってくれました。こうして、一人暮らしが実現しました。

 

一人暮らしになってから生活保護を申請すると審査が通りました。

後日、弁護士と面談して借金の相談をすると自己破産するしかないと言われて管財事件として、自己破産を申し立てました。持ち家が競売になりましたので、母親は出ていかざるを得なくなりました。

 

翌年、競売物件である持ち家は競落になり自己破産は終了しました。

結局、母親と同居することに

その後、うつ病で働ける見込みがなかったので、障害年金の申請をしたら、通過しましたので、生活保護は廃止になりました。

 

一人暮らしを続けてきましたが、食事、掃除、洗濯が機能しなかったので、結局、母親と同居することになりました。

 

現在は、母親と同居して私は障害年金、母親は年金をもらって、毎日、静かに暮らしています。

精神内科は1ヵ月に2回通院を続けています。今もなお治る見込みがなく、布団にもぐる日々を送っています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ