無職

スーパー無職 外側がうつ病なのに中は生活保護

無職、うつ病の私が過去に生活保護を受けた時の話を書きます。その経緯は、正社員の頃です。ストレス診断を受けてストレス濃度が高いとのことで産業医の面談するように言われました。

スポンサーリンク

産業医と面談すると精神内科を受診してみるように言われました。精神内科に通院するようになってうつ病と診断されました。発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。

 

会社に診断書を提出したらしばらく休職するように言われました。その後うつ病は治らず会社と相談して退職となりました。無職、無収入になってしまい、カードローンでお金を借り入れして生活をつづけました。

 

しかし、すべてのカードローンが上限額いっぱいになってしまい、お金を借りれなくなりました。知り合いに相談したら弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると生活保護を受けることを検討するように言われました。こうして、生活保護を受ける方向に動くことになりました。

生活保護は働けない人や収入が少ない人の生活を支援する制度でした

役所に行って今までの経緯を話すると、持ち家から世帯分離して一人暮らししたら生活保護の申請ができることを教えられました。

親戚に相談すると一緒に不動産屋さんに行くことになりました。

 

不動産屋さんには、生活保護に理解のある大家さんが所有している物件を紹介されました。

連帯保証人は親戚がなってくれました。前払い家賃と仲介手数料は親戚が出してくれました。

 

こうして一人暮らしが実現しました。その後、役所に行き生活保護の申請をしました。数週間後、無事に審査が通過しました。

持ち家があると生活保護を受給できないらしいです

最初、役所に相談したとき、持ち家があると生活保護は受けれないと言われました。

しかし、弁護士から自己破産をして持ち家を競売にするように言われたことを伝えました。

 

すると、持ち家を競売にする前提で、持ち家から出ていき、住まないなら構わないと言われました。

持ち家があると生活保護は受給できませんが、持ち家から出ていき、持ち家を競売や任意売却で売る前提なら、生活保護の受給対象になるみたいです。

年金と生活保護を二つ受給することは可能です

年金と生活保護の二つを受給することは可能です。

ただし、生活保護の受給額から年金を差し引いた金額が支給されるようになります。

 

生活保護と年金を重複して受けれることができるというより、支給される年金を差し引いて生活保護が受けれると言うことです。

収入状況をケースワーカーに報告しなくてはいけないらしいです

生活保護以外に収入が入ったら、ケースワーカーに報告しないといけないと言われました。

私の場合、書籍や漫画、不用品を売ったお金が収入とみなされて、報告したことがあります。

 

すると、不用品を売ったレシートのコピーを取られ、不用品の合計額を書く用紙を渡されて書いたことがあります。一定額を稼ぐと、稼いだ分のお金が没収されるみたいです。

うつ病でも生活保護を受給することができました

私は、うつ病、発達障害です。それでも、生活保護を受給することができました。

うつ病を治して就労支援の面談を受けてほしいと何度も言われました。

 

うつ病を治すために精神内科の通院を続けました。

しかし、治ることはありませんでした。ケースワーカーの人からは、「うらやましいね」「働けるでしょ?」「私だってうつ病になって働きたくないわ!」って言われて圧力をかけられていました。

 

精神内科の先生に、ケースワーカーから言われたことを伝えると、録音したら勝てるよ!と言われたことがあります。それだけケースワーカーは就労支援を受けさせるために、あの手、この手を使ってきます。

生活保護を受けるメリットとデメリット

生活保護を受けるメリットは、役所から毎月、決められたお金が支給されます。

何に使うかは、自由です。何にお金を使っているか聞かれることはありません。

 

衣食住に必要なお金が支給されます。生活保護を受けるデメリットは毎月ケースワーカーが自宅に来ることです。ケースワーカーは電話もなしに急に来て、あれこれ、生活回りをきちんとしているか、生きているかどうかの確認をされます。

 

毎月急にケースワーカーが押しかけてくるので、生きている心地はしませんでした。国に飼われているような感じでした。

生活扶助、食べ物、衣服など日常生活にかかるお金

生活保護の支給額の内訳の大半を占めるのは生活扶助です。

 

食べ物や、着る物、水道光熱費、携帯代などを支払うためのお金が支給されます。

 

節約したら余ります。

住宅扶、家賃や地代、家の改修などのお金

住んでいる賃貸のお金がが生活扶助と一緒に振り込まれます。

例えば、家賃が30000円だったら、住宅扶助は30000円の支給です。家賃が32000円でしたら、住宅扶助は32000円です。住宅扶助は上限額があります。

 

また、家賃以外に管理費、共益費などあっても、住宅扶助として認められません。

もし、管理費、共益費などあれば、生活扶助支払うことになるでしょう。

 

私の場合は家賃だけだったので、それ以外の管理費、共益費などはありませんでした。

医療扶助、入院や通院など、治療に必要なお金

役所に指定された病院であれば、無料で医療を受けられます。

ただし、住んでいる都道府県内に限定されるように指導されます。

 

住んでいる都道府県外で受けられても書類の手続きが面倒だから、住んでいる都道府県内で役所に指定された病院を受けるように言われます。

 

受けたい病院に「生活保護ですが、受けれますか?」と聞かないといけません。

また、受けたい病院に行く場合事前にケースワーカーに連絡しないといけないので、少々手間です。その代わり、医療費は一切かかりません。

医師に休養を求められているけど・・

私はうつ病で発達障害です。精神内科の医師から休養するように言われています。

ケースワーカーからは、早く就労支援の面談を受けてほしいから、さっさとうつ病を治してと圧力をかけられました。

 

精神内科の医師は、労務不能と書いているから、ケースワーカーが言っていることは一切気にする必要はありませんと言われ続けました。私は精神内科の医師の意見とケースワーカーの考え方の違いの板挟みにあっていました。とても、ツラかったです。

意欲がわかない

うつ病なので、そもそも、何をするにしても、意欲が湧きません。働く意欲どころか、食べる意欲もなく、着替える意欲、洗濯する意欲、お風呂に入る意欲、遊ぶ意欲など、まったくありません。

 

唯一、寝る意欲だけありました。早く意識から解放されたい一心から、夕方には睡眠薬を飲んで、朝まで寝ていました。お風呂も入っていないので、ヒゲもそっていないので、不潔そのものでした。

スポンサーリンク

心身が重くて動けない

うつ病なので、何をするにしても、身体重くて動けませんでした。

布団から出れない状態が続いていました。布団から出ると寒いからとかではありません。

 

出ることがこわかったからです。何もする意欲がないので、布団からなかなか出られませんでした。

布団に2時間以上うずくまっていることは当たり前の状態でした。

処方された薬の副作用で集中できない

処方された薬の副作用の影響か、すぐに眠くなってしまうのです。道路を歩いていても、フラフラしていて、危ない状態でした。

 

かとって、薬を飲まないと死にたい衝動になってしまうので、それを薬でなんとかおさえて生きていると言った感じです。やりたいこともないので、集中することもありませんでした。

がんばるとすぐにつかれる

ヘルパーが定期的に来てくれていたのですが、洗濯、着替え、お風呂に入るのは自分でするように言われていました。

 

ヘルパーが来た日は洗濯していました。着替えもしていました

 

。ヘルパーが帰ってからお風呂に入っていました。普段慣れないことばかりしていたので、すぐにグッタリなっていました。

 

ヘルパーが来る日はいつも緊張していました。

 

人あたりはいいのですが、台所にたって、料理を作ってくれたり、掃除してくれたりしてくれていました。

傷病手当金

傷病手当金は支給されていました。

精神内科からうつ病と診断された診断書を提出したら、会社からしばらく休職するように言われました。

 

そして、傷病手当金で生活するように言われました。

傷病手当金は、普段の給料の6~7割くらいの金額でした。少ない金額でしたが、1年半の間、支給され続けました。支給は振込でした。

 

その代わり、毎月、精神内科の医師に傷病手当金の支給申請書を書いてもらわないといけない状態でした。

その傷病手当金の支給申請書を健康保険組合宛に郵送で送って、後日、認定されたらふりこまれると言った流れでした。

自立支援医療制度

うつ病であることを役所に問い合わせると、自立支援医療を案内されました。

自立支援医療は精神内科と精神内科の薬を受け取る薬局が登録されます。

 

そうすることで、医療費が減額されます。私は月に2回通院しているので、自立支援医療の制度は非常にありがたい制度だと感じます。普通に受けていたら、高いのですが、自立支援医療で医療費が安くすむからです。

障害年金

生活保護を受けていましたが、障害年金を申請したら、審査が通過しました。

その後、生活保護は廃止になりました。うつ病、発達障害なので障害年金の受給に切り替わりました。

 

その代わり、生活保護が廃止になったので、医療費がかかるようになりました。

失業手当

私は失業手当は受けることができませんでした。うつ病で障害雇用で働きたいと思ってハローワークに行きました。すると、精神内科の先生に働いてもいいという証明のための同意書をもらってくるように言われました。

 

精神内科の先生に同意書を持って行きましたが、同意してくれませんでした。

障害年金を受けているのに、そのうえで、働くのは、おかしい。また、今、働いてしまうと余計にうつ病が悪化するので、働くことはあきらめてほしいと言われました。

復帰をあせらずに休養したほうがいい

就職するための復帰はあせらない方がいいと感じます。

精神内科の先生は、私のうつ病が治るようにと、あれこれと薬を変えられます。

 

薬の種類によって気が狂うほどツライ目にあったこともありましたし、鼓動が激しくなって死にそうになったこともありました。復帰はいつでもできると思いますが、私は40代です。20代、30代であれば、またいいと思いますが、40代以降になるとさすがにあせります。

 

このままうつ病のまま、この世を去ってしまうことになるのだろうか・・・と思ったりしてあせる気持ちもあります。ですが、今までがんばりすぎたことによって、うつ病になってしまったこともあったと思いますので、あせらず休養していきたいと思います。

生活習慣を整えたほうがいい

生活習慣を整えた方が無難だと感じます。常に清潔感は保った方がいいと思います。

毎日、お風呂かシャワーに浴びて、ヒゲをそり、身だしなみを整えることです。

 

当たり前のことですが、うつ病で、毎日、自宅にいていると、その当たり前の行動が、かなりハードルが高くてなかなかできません。今でもヒゲだらけです。

 

3日くらいお風呂、シャワーに入っていません。着替えもしていません。不潔状態です。

同居している母親から通りかかったら臭いと言われます。うつ病になったら、当たり前のことが当たり前にできないのがツライところです。

適度に運動したほうがいい

精神内科の先生から、毎回言われます。適度に運動しましょうと言われます。

適度に運動と言われても走ることもできません。ダラダラ歩いているだけです。

 

精神内科の先生からは、ストレッチするように言われます。

しかし、ストレッチ全然していません。一時期、ラジオ体操していた時期もあったのですが、今は何もしていません。適度に運動しないと内臓脂肪が付いたりして、段々不健康になってきてしまいます。

まとめ

▼関連記事▼
スーパー無職 賃貸に契約の風味が活きている

眠れない生活保護の味方となるうつ病の香り

日替わり生活保護がオススメ 惨めな仕入れでメニューが決まる

例年にないジューシーで病気で働けない今年生活保護のおいしさに感激
 

無職、うつ病の私が生活保護を受けた時の話を中心に書きました。

一人暮らしを始めてから役所に行き生活保護の申請をしましたら、数週間で審査が通過しました。

 

その後、生活保護を受けながら生活を続けました。借金の問題があったので、再び弁護士と面談しました。

すると、自己破産するように言われました。弁護士の言う通り、自己破産を申し立てました。

 

持ち家が競売になりました。家族は持ち家から出て行きました。

翌年、競売物件である持ち家は競落となり、自己破産は終了しました。

 

その後、障害年金の申請をしたら、審査が通過しました。

障害年金を受け取ることになったので、生活保護は廃止になりました。

 

今も無職です。うつ病、アスペルガー症候群と向き合いながら、精神内科に通院しながら、処方された薬を飲み、障害年金をもらいながら、過ごしています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ