無職

日替わり生活保護がオススメ 惨めな仕入れでメニューが決まる

生活保護を受給していましたが、惨めでした。まさか、人生で生活保護を受けるとは想像したこともありませんでした。

スポンサーリンク

今から考えても非常に惨めです。生活保護を受けることになったきっかけは、正社員時代から始まっていたのかも知れません。

精神内科を通院するようになって、うつ病と診断された

正社員で働いている時、会社でストレス診断がありました。

ストレス診断でストレス濃度が高いとの診断結果でした。

 

会社から産業医との面談をするように言われました。

産業医と面談すると精神内科を受診するように言われました。

 

精神内科を通院するようになって、うつ病と診断されました。

診断書を会社に提出すると、しばらく休職するように言われました。

世帯分離して一人暮らししたら生活保護を申請できることを教えられた

数ヵ月後、会社と相談して結果的に、うつ病が治らず、退職となりました。

無職、無収入、うつ病となってしまいました。

 

生活費はカードローンでお金を借り入れて生活を続けました。

数年後、すべてのカードローンの借り入れ上限額がいっぱいになってしまいました。

 

生活を続けることができなくなりました。

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると生活を続けるために、生活保護を検討するように言われました。

役所に行って事情を話すると持ち家から出ていって、世帯分離して一人暮らししたら生活保護を申請できることを教えられました。

結果的に生活保護者になった

親戚に相談すると、不動産屋さんを紹介されました。

スポンサーリンク

親戚が不動産屋さんに同席してくれて、連帯保証人は親戚がなってくれました。

 

また、前払い家賃、仲介手数料は親戚が支払ってくれました。

こうして一人暮らしすることになりました。すぐに役所に行って生活保護の申請をしました。

結果的に生活保護者になりました。生活保護を受けている間は惨めでした。

障害年金は結果的に審査が通った

ケースワーカーが毎月、一人暮らしのアパートに来ます。

 

役所の生活保護でーす。

 

と、ドア越しに言われるのです。惨めでした。

自分はなんて惨めな思いをしないといけないのだと思いながら生活保護者になっていました。

 

その後、弁護士に相談して自己破産しました。自己破産したことによって持ち家が競売になりました。

生活保護者で惨めな思いをするのがイヤなので、障害年金の申請をすることにしました。

 

翌年に競売物件は競落されて自己破産は終了しました。障害年金は結果的に審査が通りました。

カードローンでお金を借り入れたのがそもそもの失敗

▼関連記事▼
スーパー無職 外側がうつ病なのに中は生活保護

障害年金を受給することになったので、生活保護は廃止になりました。

 

現在は、生活保護者ではなく、障害年金を受給しながら、うつ病の治療をしている精神障害者として生きています。生活保護者として惨めな思いは二度としたくないと今でも思っています。

 

けど、生きていくうえでは、大切なシステムの一つだと感じます。

惨めな思いをしたことは自分がカードローンでお金を借り入れたのがそもそもの失敗だったと反省しています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ