無職

賃貸契約 きらめく必要なものにさらなる無職を与える

賃貸契約に必要なものとは。無職でも引っ越しできた私の体験です。

スポンサーリンク

私の場合は、無職、無収入、預貯金なし、借金あり、持ち家あり、生活保護を受けていない状態でした。無職でも賃貸契約に必要なものを書いていきます。

前置き

前置きですが、正社員時代の時、ストレス診断がありました。

ストレス診断でストレス濃度が高かったので、産業医の面談がありました。

 

産業医と面談すると精神内科を受診してみるように言われました。

精神内科に通院するようになってうつ病と診断されました。

 

また、発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。

無職、無収入

診断書を会社に提出するとしばらく休職するように言われました。

薬物療法をしていましたが、うつ病は治りませんでした。そして、会社と相談して退職することになりました。

 

無職、無収入になってしまいカードローンでお金を借り入れして生活を続けました。

すべてのカードローンの借り入れ上限額がいっぱいになってしまい、お金を借りれなくなりました。

CMで有名な賃貸会社に経緯を話すると窓口で断られた

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

弁護士に相談すると生活を続けていくために生活保護を受けることを検討するように言われました。

 

役所に行って事情を話すると、持ち家から世帯分離して一人暮らしをしたら、生活保護の申請ができると言われました。早速、CMで有名な賃貸会社に経緯を話すると窓口で断られました。

無職、無収入、借金あり

そもそも、うつ病の人に貸すことが難しいことと、生活保護を受けてから来てくださいといわれて門前払いでした。そのことを親戚に相談すると不動産屋さんを紹介されました。

 

そのような経緯で賃貸物件を探すことになりました。

でも、無職、無収入、借金あり、生活保護を受けていない状態でも賃貸契約できた経緯について書いていきたいと思います。

無職で賃貸契約に必要なもの

親戚に紹介された不動産屋さんは、小さな会社でした。

社長が一人しかいなくて、事務所の中は散らかっていて、社長の住み家みたいになっていました。

 

昔から地元密着している不動産屋さんって感じでした。

不動産屋さんの社長に、CMに出している賃貸会社に断られたことや、カードローンでお金が借りれなくなってしまったこと。弁護士に相談して生活保護を受けるように言われたこと。

 

役所に相談したら世帯分離して一人暮らしをしたら生活保護を申請できることなど、洗いざらい話しました。

親戚が連帯保証人になってくれた

すると、社長は生活保護に理解のある大家さんの所有している物件を紹介してくれました。

これだったら行けますと言われました。そして、連帯保証人は誰がなってくれるの?と聞かれました。

 

同席してくれた親戚が連帯保証人になってくれると言ってくれました。

社長は収入はありますか?と親戚に聞かれました。親戚は約〇〇万円くらい支給されいていると言いました。

 

続いて不動産屋さんは、前払い家賃と仲介手数料は誰が支払ってくれるのか?と聞かれました。これも、親戚が現金で支払いますと言ってくれました。

前払い家賃と仲介手数料も連帯保証人が支払ってくれることになった

すると、不動産屋さんの社長は、では賃貸契約書作りますので、2~3日くださいと言われて、その場は終了しました。無職であっても、連帯保証人の収入がきちんとしていて、前払い家賃と仲介手数料さえ支払えば無職でも賃貸契約できることを知りました。

スポンサーリンク

 

賃貸契約に必要なものは、シンプルに連帯保証人の収入がきちんとしていて、前払い家賃と仲介手数料さえ用意できれば、無職でも借りれるということです。

賃貸契約書に親戚は連帯保証人欄にサインしてた

不動産屋さんの社長と会って3日後くらいに電話がありました。

賃貸契約書ができたから、親戚の方と一緒にきてくださいと言われました。

 

そして、親戚も同席で一緒に不動産屋さんに行きました。

そして、賃貸契約書に親戚は連帯保証人欄にサインしてくれました。

 

そして、前払い家賃と仲介手数料を現金で支払ってくれました。

そして、不動産屋さんの社長から賃貸契約の説明を受けました。

 

一人暮らしになったら、すぐに生活保護を申請してください、それで生活保護が受けれますからと言われました。

数週間後、役所から生活保護の審査が通ったことの通知が届いた

その後一人暮らしするための荷物を運んでもらい、一人暮らしが始まりました。

その後、役所に行き生活保護の申請に行きました。

 

数週間後、役所から生活保護の審査が通ったことの通知が届きました。

そして、生活保護生活が始まりました。

 

私のように、無職、無収入、借金あり、生活保護を受けていない状態でも、連帯保証人の収入がきちんとしていて、前払い家賃と仲介手数料さえ用意できれば、無職でも借りれるということです。

その後

一人暮らしが始まってから、再び弁護士に相談しに行きました。

借金はどうしたらいいか聞くと自己破産するように言われました。

 

そして、弁護士の言う通りに自己破産を申し立てました。

自己破産をしたので持ち家が競売になりました。

 

持ち家が競売になったので、母親は出ていくことになりました。持ち家は空家になりました。

障害年金を受給することになったので、生活保護が廃止になった

翌年に競売物件である持ち家が競落になり自己破産は終わりました。

その後、障害年金の申請をしたら、審査が通過しましたので、障害年金を受給することになりました。

 

障害年金を受給することになったので、生活保護が廃止になりました。

そして、一人暮らしをしながら、障害年金を受給しながら、うつ病の治療のために精神内科に1ヵ月に2回通院している日々を送っています。

まとめ

▼関連記事▼
スーパー無職 賃貸に契約の風味が活きている
オールシーズンその季節を楽しめる変化ある誰でも借りれる賃貸が絶品

素材の中に旬を満喫する入居審査なし賃貸の常識を覆す素材の活かし方

無職の味方となるアパートの香り。癒しの香りに包まれて借りられない

 

私のように、うつ病、アスペルガー症候群、無職でも、一人暮らしが実現できています。

ただ、生きていること自体はしんどいのですが、なんとか生きています。

 

特殊なケースだと思いますが、賃貸契約に必要なのは、連帯保証人の収入がきちんとしていて、前払い家賃と仲介手数料さえ用意できれば、無職でも借りれるということです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ