無職

素材の中に旬を満喫する入居審査なし賃貸の常識を覆す素材の活かし方

入居審査なし賃貸で住むことになりました。そもそも、入居審査なしではないと私の場合、絶対に借りれない状態だったからです。

スポンサーリンク

無職、無収入、うつ病、発達障害、借金ありの状況だったからです。そもそもそうなった経緯から書いていきたいと思います。そして、入居審査なし賃貸で住むことになれた内容も書いていきたいと思います。

カードローンで借り入れを続けて借り入れ上限額がいっぱいになってしまい、お金が借りれなくなった

ことの始まりはカードローンで生活費を借り入れしていたことから始まります。

カードローンで借り入れを続けて借り入れ上限額がいっぱいになってしまい、お金が借りれなくなりました。

 

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

弁護士に相談すると生活を続けるために生活保護を検討するように言われました。

 

役所に行って事情を話すると持ち家から出ていき、世帯分離して、一人暮らししたら生活保護を申請できることを教えてもらいました。

無職、無収入、うつ病、発達障害、借金ありの状況では貸せる物件はないと言われた

その足でCMで有名な賃貸会社へ行って入居できる賃貸物件があるかどうか聞きました。

すると、無職、無収入、うつ病、発達障害、借金ありの状況では貸せる物件はないと言われました。

 

せめて、生活保護を受けている状況になってから、また来てくださいと言われて門前払いされました。

困ったので、親戚に相談しました。すると小さな不動産屋さんを紹介されました。

スポンサーリンク

前払い家賃、仲介手数料は親戚が支払ってくれた

社長一人しかいない賃貸会社です。社長に今までの経緯を話しました。

すると、生活保護に理解のある大家さんの所有する物件を紹介してくれました。

 

連帯保証人は親戚がなってくれました。前払い家賃、仲介手数料は親戚が支払ってくれました。

こうして、入居審査なし賃貸で住むことができるようになりました。

 

親戚の力のおかげです。また、賃貸会社が地元密着で古くから社長一人でしているような会社だったので、融通が利いたのだと感じました。

障害年金を受け取ることになったので、生活保護は廃止

▼関連記事▼
賃貸契約 きらめく必要なものにさらなる無職を与える

その後、役所に行って生活保護の審査をしたら通りました。

借金問題について弁護士に相談しに行くと自己破産するように言われました。

 

自己破産を申し立てたら持ち家から家族が出ていくことになりました。

翌年、競売物件は競落されて自己破産は終わりました。

 

自己破産中に障害年金を申請していましたが、審査が通りました。

障害年金を受け取ることになったので、生活保護は廃止になりました。

薬物療法を続けている日々

現在は、無職、障害年金受給、うつ病、発達障害の精神障害者として精神内科に通院して薬物療法を続けている日々を過ごしています。入居審査なし賃貸で住むことはできました。

 

不動産屋さん選び、そして、連帯保証人になってくれる身内がいてたら、融通が利いて入居審査なし賃貸に住むことができます。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ