うつ病 体験談

うつ病と一緒にたわむれる 自然に40代男性をあずけて独身

私は、うつ病と心療内科に診断されました40代、男性、独身です。うつ病と診断されたのは、正社員で働いていた会社でのストレス診断がキッカケでした。

スポンサーリンク

ストレス診断を受けたらストレス濃度が高いとのことで、産業医との面談になりました。

休職するように言われた

 

産業医との面談になって、心療内科を受診してみるように言われました。

 

心療内科に通院して、うつ病と診断されました。

 

発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。

 

診断書を会社に提出したら、しばらく休職するように言われました。

 

休職中にうつ病は治りませんでした。

カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納

会社から追い出されるように会社を退職することになりました。

 

無職、無収入になってしまいました。

 

カードローンでお金を借りて、住宅ローン返済、クレジットカード返済、カードローン返済を続けていました。

 

数年後、カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納になってしまいました。

 

お金が借りれなくなりました。

自己破産することになった

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると自己破産しかないと言われました。

 

そして、自己破産することになりました。

 

銀行やカード会社からの矢のような催促の電話や封書が届くことがなくなりました。

 

ただ、持ち家は競売になりました。

 

持ち家から賃貸に引っ越すことになりました。

クレジットカード、カードローンは一切使えなくなった

弁護士の指示で家計簿を付けたり、破産管財人弁護士と面談したり、債権者集会に参加したりしました。

スポンサーリンク

 

自己破産を申し立ててから1年くらいしてから持ち家は競落されて、自己破産は終わりました。

 

住宅ローンの借金はなくなりました。

 

カードローンの借金はなくなりました。

 

クレジットカードの謝金はなくなりました。

 

ただ、自己破産してしまったので、クレジットカード、カードローンは一切使えなくなりました。

 

現金のみの生活になりました。

働かないように言われている

デビットカードは発行できました。

 

会計の時や電車のICカードも、カード会社によって作れたり作れなかったりしました。

 

うつ病、40代、男性、独身、未婚、彼女いない歴20年で、女性の友達もいません。

 

うつ病、発達障害なので、心療内科の先生から働かないように言われています。

インターネットサーフィンをしながら、グダグダ

毎日、朝になったら、マクドナルドでコーヒーを注文して、ブログを書いたりしています。

 

ブログを書いたら、帰宅して朝ごはんを食べてから薬を飲んでしばらく寝ます。

 

昼ごはんになったら起きて、昼ごはんを食べて薬を飲んでから、再びマクドナルドでコーヒーを飲みながらブログを書きます。

 

15時頃になったら戻って、インターネットサーフィンをしながら、グダグダ過ごしています。

まとめ

▼関連記事▼
神々しいほどうつ病 こだわり続けてベッドから起き上がれない
 
夕方になったら、夕ご飯を食べて、薬を飲んで、しばらく過ごします。

 

19時くらいになったら睡眠導入剤を飲んで強制的に寝ます。

 

毎日、19時頃に寝て5時頃に目が覚めますが、ちっともスッキリしません。

 

毎日、疲れています。

 

毎日、ストレスを感じながら生活しています。

 

幸せ、幸福を全く感じません。

 

友達とも関わっていないので、毎日、さみしい生活を続けています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ