エアコン掃除

感動エアコン掃除 安い時期を贅沢に使いました

エアコン掃除の安い時期はあります。私は過去に業務用エアコン修理部門で働いていましたので、エアコン修理部門の閑散期があります。4月と10月です。

スポンサーリンク

5月以降になったら夏の繁忙期がやってきます。11月以降になったら冬の繁忙期がやってきます。春と秋はエアコンを使う頻度が少ないので、比較的エアコン掃除を安く済ませれる時期ともいえるでしょう。

 

エアコン掃除が暇になる時期なので、値引き交渉したら、応じてくれる可能性があります。繁忙期に値引き交渉しても応じてくれない可能性があります。

エアコン掃除に最適な季節は春と秋です

エアコン掃除に最適な季節は春の4月、秋の10月です。エアコンの業者にしても、メーカーにしても、暇な時期です。エアコンを見て、ホコリやカビが付着していて、自分では掃除が難しい場合は、エアコンのメーカーに分解洗浄を依頼しましょう。

 

エアコンを分解して洗浄してくれるのです。エアコンクリーニング業者はたくさんありますし、安い業者もたくさんあります。ですが、多少割高でもエアコン掃除はメーカーに分解洗浄を依頼した方がいいです。エアコン掃除の仕上がりが全然違います。快適な空間を手に入れることができます。エアコンが新品同様に生まれ変わります。

エアコン掃除をメーカーに依頼する頻度は1年~3年に1回でいいです

エアコン掃除をメーカーに依頼する頻度は1年から3年に1回でいいです。例えば、ワンルーム一人暮らしで、油料理をよくするようでしたら、エアコンに油分が付着します。

 

室内でタバコを吸うようでしたら、ヤニがエアコン内部に付着します。ペットを飼っているようでしたら、毛などが付着します。エアコンを設置している環境によって、1年に1回か3年に1回かは、エアコンの吹き出し口から内部を見て判断しましょう。

エアコン掃除を自分でやれる箇所とは

エアコン掃除を自分でできる箇所はフィルター掃除です。水洗いでもいいので、ホコリを洗い流しましょう。フィルター掃除をするだけでも、エアコンに余計な負荷がかからないので、電気代が高額になりにくいです。

スポンサーリンク

 

エアコンは快適な空間を提供してくれるので、その快適な空間を手に入れるために、掃除は惜しまないようにしましょう。

エアコン掃除が必要な理由とは

エアコン掃除が必要な理由は、エアコンは汚れやすいからです。例えば、ワンルーム一人暮らしであれば、料理をするかたでしたら、油分がエアコンに付着するでしょう。

 

室内でタバコを吸う人であれば、エアコンにヤニが付着するでしょう。ペットを室内で飼っていたら、ペットの毛などがエアコンに付着するでしょう。

 

エアコンの汚れを放置しているとエアコンの故障の原因になります。壊れた部品によっては高額修理になる可能性がありますので、エアコンのフィルター掃除やメーカーへのエアコン分解洗浄は欠かさない方がいいでしょう。エアコンを長持ちさせるためには、エアコン掃除は必須です。

まとめ

▼関連記事▼
エアコンを見つけよう 掃除がそろって笑える金額を手に入れる
 
エアコン掃除の安い時期について書きました。技術員が暇な閑散期である春でしたら3月、4月、秋でしたら、9月、10月頃です。エアコン掃除を依頼して、見積り段階で値引き交渉をすると応じてくれる可能性があります。

 

繁忙期であれば、技術員は仕事がたくさんありますので、見積りの値引き交渉に応じてくれない可能性があります。技術員も人間なので、仕事がない時期は安くても仕事を引き受けます。仕事が沢山ある時期でしたら、値引きしてまで応じる必要がないので、断られやすいです。エアコン掃除を依頼するのであれば、閑散期の4月、もしくは10月ごろをオススメします。

 

メーカーに見積りを依頼するとエアコンクリーニング屋さんより多少割高ですが、メーカーの分解洗浄はとてもキレイに仕上げてくれますし、機器の構造を熟知していますので、故障リスクも少ないです。

 

私は過去に業務用エアコン修理部門で働いていたので、エアコンの分解洗浄の重要性を知っているので、メーカーにお願いした方がキレイな空間を手に入れることが出来ることを知っているので、オススメしているまでです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ