エアコン掃除

風と一緒にたわむれるエアコン掃除 自然にカラダをあずけたら危険

エアコン掃除は自分ですると危険です。エアコンのフィルターは自分で掃除しても問題ありません。

スポンサーリンク

エアコンの内部の掃除は自分でしない方がいいです。下手したら火災や漏電、故障の原因につながります。

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、漏電の恐れがあるためです

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、漏電の恐れがあるためです。

 

エアコン掃除をする時は、エアコンの電源が付いているブレーカーを落とすのが基本ですが、自分で行ってしまったがために、間違った方法で掃除してしまったために、漏電につながってしまう可能性があります。

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、故障の原因になるためです

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、エアコン故障の原因になるためです。エアコン掃除の内部掃除を自分で行うと故障してしまう可能性があります。

 

素人がむやみに、複雑な仕組みのエアコンに手を付けて掃除する必要はありません。

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、元に戻せなくなることがあるためです

エアコン掃除を自分で行うデメリットは、分解して元に戻せなくなることもあります。

 

エアコンの内部にホコリやカビが付着しているからと言って、自分でエアコンを分解してしまって、元に戻せない可能性も出てきます。そうなると、掃除どころではなくなります。

エアコンクリーナーは危険です。メーカーに分解洗浄を依頼するのが無難です。

 

エアコンクリーナーは使い方を間違えると危険です。メーカーにエアコンの分解洗浄を依頼した方が安全、安心です。

スポンサーリンク

 

多少割高ではありますが、メーカーは機器構造を熟知していますので、エアコンの分解して部品の洗浄をして元に戻してくれます。そうすると快適な空間を手に入れることができます。安心、安全な方法はエアコンのメーカーに分解洗浄を依頼することです。

まとめ

▼関連記事▼
理屈抜きで選ぶ最適エアコン 実際に掃除してわかったいくら
 

 

エアコン掃除は自分ですると危険ですということで書きました。私自身、過去に業務用エアコン修理部門で働いていた経験があります。メーカーに分解洗浄を依頼した方が結果的にいい方向に進むことを知っているからです。

 

エアコンにお金を掛けたくないからと言って、自分で内部清掃をしてしまうとさまざまなリスクにさらされます。また、エアコンスプレーは使い方をあやまると火災の原因につながります。

 

お金をかけてでも、安心、安全に快適な空間を手に入れたいのであれば、エアコンのクリーニング業者ではなく、エアコンのメーカーに分解洗浄の依頼をしましょう。エアコンクリーニング業者より多少割高ですが、メーカーは機器の構造を熟知していますので、安心、安全です。危険なことはありません。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ