エアコン掃除

理屈抜きで選ぶ最適エアコン 実際に掃除してわかったいくら

エアコン清掃はいくらでできるでしょう。エアコンの掃除する範囲によりますけど、一番いいのは分解洗浄です。私は過去にエアコン修理受付センターのオペレーターとして働いていましたが、家庭用のエアコン分解洗浄で約2万円~2万5千円くらいでした。

スポンサーリンク

ただ、馬力にもよりますので、見積もりを取ってみないと正確な値段は出てきません。

 

エアコンの掃除方法は色々ありますけど、技術員のいうことはみんな一緒で、エアコン掃除するなら分解洗浄しないと、自分でスプレーなどでしてしまうと故障の原因になるからやめた方がいいと聞いたことがあるからです。

エアコン掃除の料金がいちばん安いのはどこでしょう

エアコン掃除の料金で一番安い業者は探せばいくらでもありますが、一番安全安心なのは、その持っているメーカーの修理依頼で分解洗浄を依頼すればいいです。

 

メーカーによって値段の上下はあります。メーカーは機械のバラし方をよく知っています。わけのわからない業者に依頼するとエアコン自体が壊れる可能性があります。エアコンのお持ちのメーカーに依頼することが一番、安全で安心です。くれぐれも町のただの掃除屋さんに分解洗浄を依頼しないように注意しましょう。

エアコン掃除の料金はどうやって決まるのでしょう。安くする方法とは

エアコン掃除の料金は、メーカーを呼んで、見積りを取ってもらいます。設置している場所などによって料金が異なる可能性があります。不便な場所だったり、ハシゴを使わないといけないような場所だと割増料金が付く可能性があります。

 

また、安くする方法は、見積り段階で値引き交渉をしてみましょう。メーカーによっては完全に値引きお断りの会社もありますが、メーカーによっては値引きに応じてくれる会社もあります。また、台数割引など、いっぺんに他のエアコンも一緒に分解洗浄するのであれば、割引になる可能性があります。

エアコン掃除のを頼むならいつが得でしょう

エアコン洗浄を頼むなら、いつが得かと言われたら、春と秋です。夏と冬はエアコン業者によって繁忙期なので普通の料金がかかってしまいます。

 

逆に春とか秋でしたら、そもそもエアコンを使わない人が多いので閑散期になります。その閑散期の時に依頼するのでしたら、わりと値引き交渉しても応じてくれる可能性があると考えられます。

スポンサーリンク

エアコン業者の規模によってエアコン掃除費用が異なります

 

エアコン業者の規模によってエアコン掃除費用が異なります。一番は、ダイキンエアコンです。圧倒的なシェアを誇っています。私が在籍していたのはダイキンエアコンではありません。

 

ダイキンのエアコンは他のメーカーと違って格別にいいみたいです。私はダイキンで働いたことがないので、内部の事はわかりませんが、エアコン業者の規模によっては費用が異なるようです。

まとめ

▼関連記事▼
さぁエアコン掃除をして 体から心の中まで全部リラックスして頻度
とにかくエアコン掃除がしたい方 心と体を芯から癒して壊れた
風と一緒にたわむれるエアコン掃除 自然にカラダをあずけたら危険

エアコンの掃除はいくらでできるでしょうという話を書きました。私はエアコンのメーカーの修理受付でオペレーターをしていましたし、見積りも作っていましたので、洗浄依頼をよくいただいていました。

 

エアコンの掃除は長い目で見たら、メーカーに依頼して分解洗浄した方が長持ちします。また、その辺の掃除屋さんに掃除を依頼してしまうとエアコン自体壊れる可能性があります。

 

実際に分解洗浄をして壊したと言う報告を受けたことがあります。その業者に逆ギレされたことがあります。私自身も1~3年周期くらいでエアコンの分解洗浄をメーカーに依頼しています。

 

メーカーに依頼した方が安心、安全、それに機器の長持ちがするからです。ただの掃除であれば、誰でもできますが、分解して掃除するとなったら、技術がいります。メーカーの技術員に任せた方が結果的にエアコンが長持ちしますし、長期的なコストで見れば安くすみます。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ