生活保護 体験談

厳しい環境に生活保護 天然の素材にこだわった借金

生活保護を受ける前から1000万円以上の借金をしていました。生活保護を申請して通りました。数ヵ月後、生活保護のケースワーカーから債務整理するように言われました。

スポンサーリンク

私は生活保護を受給する前、借金1000万円以上ありました。

住宅ローン滞納

 

さらに、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納、カードローン滞納と借金滞納していると無残な状態で生活保護を受けることになりました。

 

知り合いに相談したら、弁護士に相談するように言われて、弁護士に相談すると生活保護を受けることを検討するように言われました。

 

そして、役所に行って生活保護の相談をしたら、持ち家から離れて世帯分離したら生活保護の申請ができることを教えられました。

家計簿を付けて、破産管財人弁護士と面談して、債権者集会に参加

そして、生活保護を受けることになりました。

 

再び弁護士の元へ行くと自己破産するしかないと言われて、自己破産することになりました。

 

家計簿を付けて、破産管財人弁護士と面談して、債権者集会に参加して、何かと借金に関する資料や尋問を受けながら、生活保護の生活を送り続けてきました。

自己破産して、持ち家を競売

借金がなくなったのは、自己破産を申し立ててから1年後くらいです。

 

持ち家が競落になって、自己破産は終了しました。

スポンサーリンク

 

住宅ローンの借金はなくなりました。

 

クレジットカードの借金はなくなりました。

 

カードローンの借金はなくなりました。

 

借金はすべて返済することはできませんでした。

 

結局、生活保護を受けるようになって自己破産して、持ち家を競売に出して、自分には何もかもなくなりました。

ストレスいっぱい

生活保護をした状態では借金はできませんし、そもそも、自己破産したのでクレジットカードやカードローンを持つことができなくなりました。

 

私は、うつ病、発達障害なので、障害年金を申請したら通りました。

 

障害年金を受給することになったので、生活保護は廃止になりました。

 

今は賃貸に住みながら、障害年金を受給しながら、細々と生活を続けています。

 

借金している時は、ストレスいっぱいでした。

まとめ

▼関連記事▼
いつもと違う生活保護 暮らしぶりは気分を変えてゆったりと
 
今も、うつ病、発達障害を抱えているストレスで夜が眠れないので、心療内科から睡眠導入剤を処方してもらってなんとか睡眠を確保している状態です。

 

生活保護を受けている間は毎月のようにケースワーカーが訪問してきて、生活がきちんとできているか、身だしなみを整えているかチェックされていました。

 

生活保護は廃止になって借金はなくなって、無職です。

 

無職で障害年金を受給していますが、幸せを感じることはありません。

 

うつ病、発達障害のストレスを抱えているので、毎日、生きているのがツラい、しんどい、意識があること次第しんどいといった毎日を過ごしています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ