生活保護 体験談

細胞レベルで生活保護を体感する 体が本来もっているうつ病

私は生活保護を受給して、うつ病でした。今は、生活保護は廃止になって、障害年金受給者です。2年ほどうつ病で生活保護を受けていた時期がありました。

スポンサーリンク

正社員で働いていたのですが、会社でストレス診断がありました。

精神病

 

ストレス診断でストレス濃度が高いとのことで産業医との面談となりました。

 

産業医と面談して心療内科を受診してみるように言われました。

 

心療内科を通院するようになって、うつ病と診断されました。

 

発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。

 

精神病であった診断書を会社に提出しましたら、しばらく休職するように言われました。

カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納

心療内科の薬物療法を続けていましたが、うつ病は治りませんでした。

 

数ヵ月後、会社を退職することになりました。

 

無職、無収入になってから、カードローンで住宅ローンの返済、クレジットカードの返済、カードローンの返済のために、カードローンでお金を借り続けました。

 

数年後、カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納するようになってしまいました。

スポンサーリンク

賃貸を借りて一人暮らし

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると生活保護を検討するように言われました。

 

役所に行くと、世帯分離したら、生活保護を申請できることを教えられました。

 

そして、親戚と一緒に賃貸会社に行って、前払い家賃、仲介手数料を出してもらって、賃貸を借りて一人暮らしをすることになりました。

 

そして、生活保護を申請したら、通りました。ケースワーカーからは借金を何とかするように言われました。

自己破産は終了

弁護士に相談に行くと自己破産しかないと言われました。

 

そして、自己破産することになりました。

 

持ち家が競売になったので、家族が出ていくことになりました。

 

約1年後くらいに持ち家は競落されて、自己破産は終了しました。

 

住宅ローン、クレジットカード、カードローンの滞納の借金はなくなりました。

 

その後、障害年金を申請したら、通りました。

まとめ

▼関連記事▼
いつもと違う生活保護 暮らしぶりは気分を変えてゆったりと
 
障害年金を受けることになったので、生活保護は廃止になりました。

 

うつ病、アスペルガー症候群、障害年金受給者、無職として、賃貸で細々と生活を続けています。

 

うつ病になってから、無気力、無関心状態がずっと続いているので、何もやる気がない日々を過ごしています。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ