生活保護 体験談

いつもと違う生活保護 暮らしぶりは気分を変えてゆったりと

生活保護を2年くらい受給していました。朝起きて、すき家で、たまかけ朝食を食べて、賃貸に戻って寝ていました。ニンテンドースイッチを持っていたので、ニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

スポンサーリンク

昼ごはんになっても、昼ごはんを食べたり、食べなかったりしていました。昼ごはんは、再びすき家に来店して牛丼並盛を注文します。

 

そして、賃貸に戻って再びニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

 

夕方になって、再びすき家に来店して牛丼並盛を注文してニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

ニンテンドースイッチのオンラインゲームにひたすらハマっていた

 

生活保護を受給している間は、ニンテンドースイッチのオンラインゲームにひたすらハマっていました。

 

生活保護を受けていると月に1回か2回くらい賃貸に訪問にきます。

 

きちんと、生活しているか、きちんと生きているか、確認のために訪問にきます。

 

一人で来るときもあれば、二人、三人、四人で来るときもあります。

心療内科の先生の同意書

賃貸の中を見回って、きちんと衣食住をしているかチェックされます。

 

私はうつ病、発達障害と心療内科から診断されていたので、就労支援は受けることはできませんでした。

 

一人でハローワークに行ったことはありました。

スポンサーリンク

 

そして、障害雇用のコーナーに回されて、心療内科の先生の同意書があれば、仕事を紹介できると言われて仕事をしました。

障害年金の申請

しかし、心療内科の先生と押し問答を繰り返したのちに、同意書を書いてくれませんでした。

 

今働いたら、余計にひどくなるから、就職活動しないようにと注意されました。

 

そういうことがあって、生活保護を受けていても、就労支援を受けることはできませんでした。

 

生活保護生活を2年くらい続けたのちに、ケースワーカーから障害年金の手続をするように言われて、障害年金の申請をしたら通りました。

まとめ

▼関連記事▼
厳しい環境に生活保護 天然の素材にこだわった借金
存在感ある生活保護 メタリックな印象がデメリット
細胞レベルで生活保護を体感する 体が本来もっているうつ病
なぜ生活保護 ケースワーカーに訪問される気持ち

そして、生活保護は廃止になって障害年金を受給する生活に変わりました。

 

もらえるお金は5万円ほど減りました。

 

生活保護を受給している方がお金は多くもらえていました。

 

それでも、私は、生活レベルは、贅沢でもなく、ただ、ニンテンドースイッチのオンラインゲームが出来たら、それでいいような生活水準だったので、5万円くらい減りましたが、特に困ることはありませんでした。

 

生活保護を受けている間は、ひたすらニンテンドースイッチのオンラインゲームをしていただけという暮らしぶりでした。

 

今は、ニンテンドースイッチのオンラインゲームに飽きてしまって、売りました。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ