フリーター

ずっとフリーターしていたい そんな思いを込めた一人暮らし審査

フリーターで一人暮らしで審査が通るかどうかですが、アルバイトをしている状態であれば審査は通ります。

スポンサーリンク

フリーターをしていて、無職の状態であれば、厳しいでしょう。アルバイトをしている状態で収入を得ている状態であればフリーターの一人暮らしで審査は通るでしょう。

目次

フリーターで一人暮らしで審査の場合、手取りは15万円は必要

 

手取り15万円くらいは必要でしょう。

 

フリーターで一人暮らしで審査の場合、アルバイトをしていて月収手取り15万円は手に入れれる状況が好ましいでしょう。月収の1/3が上限になりますので、家賃5万円以下くらいなら大丈夫でしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、最低限かかる生活費

最低限かかる生活費を把握しておく必要があります。フリーターで一人暮らしする場合、審査が通った後、フリーターで一人暮らしするための生活費を考えておかないといけなくなります。

 

そうなると、フリーターで一人暮らしを始めたら、アルバイトと無職を転々としている暇はありません。むしろ、アルバイトとアルバイトを掛け持ちするくらい働いて生活費を確保することを考えないといけないでしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、家賃に見合ったエリアを探そう

家賃に見合ったエリアを探しましょう。フリーターで一人暮らしで審査をしてもらうとなったら、できるだげ安いエリアを探さないといけなくなります。同じ都道府県でもエリアによって、賃貸の相場も違います。

 

特にフリーターでアルバイトと無職を繰り返しているような状態であれば、いつ無職、無収入の時がくるかもわかりませんし、できるだけ安いエリアを選定した方がいいでしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、予算と照らし合わせて物件をチェックしよう

予算と照らし合わせて物件をチェックしましょう。フリーターで一人暮らしで審査は非常にシビアと考えます。

 

貯金があるにしても、アルバイトをしているにしても、無職になっても、やっていけるのかどうかなど、先の見通しを考えたうえで予算と照らし合わせて物件をチェックした方がいいでしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、家賃の安さを一番に考えよう

 

家賃の安さを一番に考えましょう。フリーターで一人暮らしで審査となると、家賃の安さを一番に考えましょう。フリーターはアルバイトと無職を転々としている立場なので、審査自体がそもそも通るのが難しい立場でしょう。

 

手取り15万円くらいは稼いでいる状態で貯金もそこそこある状態で、家賃の安いエリアを探してから、審査をかけてもらったほうがいいでしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、物件の希望条件は控えめに

物件の希望条件は控えめにしましょう。フリーターで一人暮らしで審査となると、物件の希望条件は安い賃貸ということ以外は、あまり希望条件を出さないようにしましょう。

 

フリーターは、アルバイトと無職を転々としている立場なので、自分の希望を次から次に出したとしても、希望通りの物件を見つけることは簡単な事ではないでしょう。フリーターであれば、家賃が一番安い物件のエリアを指定するくらいの気持ちで選びましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、契約者を親や親族にする

契約者を親、もしくは、親族にしましょう。フリーターで一人暮らしであれば審査自体、そもそも厳しいでしょう。親、もしくは、親族と収入がある立場の人に賃貸契約してもらいましょう。

 

そうすると、フリーターで一人暮らしが実現しやすいです。ただ、親、もしくは、親族を自分で説得する必要があります。もし、賃貸の契約者になってくれるのであれば、親、もしくは親族にお願いして賃貸の契約者になってもらいましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、高収入で安定した連帯保証人を立てる

高収入で安定した連帯保証人を立てましょう。フリーターで一人暮らしで審査となったら、アルバイトと無職を転々としているようなフリーターが審査となったら厳しいでしょう。

 

連帯保証人は高収入で安定した連帯保証人を立てることで審査が通るようになります。ただし、審査が通った後は、アルバイトと無職を繰り返すようなことは極力避けて、毎月安定した収入を得るようにしましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、審査が甘い保証会社の物件にする

審査が甘い保証会社の物件を選びましょう。フリーターで一人暮らしで審査となったら、フリーターの時点で厳しいでしょう。アルバイトと無職を転々として収入が不安定な立場なのですから、審査が甘い保証会社を選ぶようにしないと厳しいでしょう。

 

賃貸会社に審査が甘い保証会社がどこなのか聞くと教えてくれますというか、そのように導いてくれるでしょうから、賃貸会社の担当者に任せましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、まとまったお金が必要

 

まとまったお金が必要です。フリーターで一人暮らしで審査の場合、少なくとも手取り15万円くらいで家賃5万円以下くらいで探した方がいいでしょう。

 

まとまったお金は貯金をするしかないでしょう。フリーターと言うだけで、審査は厳しいでしょう。フリーターで一人暮らしと言うだけでも信用があるかないかみたいな感じなので、まとまったお金を用意してお金がある状態で賃貸会社を訪問した方がいいでしょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、預貯金審査できる物件を選ぶ

預貯金審査できる物件を選びましょう。貯金をたくさんしておいて、賃貸会社を訪問しましょう。そして、預貯金審査できる物件を賃貸会社の担当者に探してもらいましょう。

 

フリーターはアルバイトと無職を転々としている立場なので、収入が不安定な立場です。貯金をたくさんしたうえで、預貯金審査の話を持ち込みましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、審査が降りにくい

審査が降りにくいです。フリーターで一人暮らしで審査となると、審査は厳しいです。フリーターはアルバイトと無職を繰り返しているような収入が極めて不安定な職業です。

 

フリーターと名乗っているだけで、かなり不利だと思われます。まとまったお金を工面したうえで、一人暮らしするために賃貸会社を訪問した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

フリーターで一人暮らしで審査の場合、貯金をしておく

貯金をしておきましょう。フリーターで一人暮らしとなると、先立つものがないでしょう。フリーターはアルバイトと無職を転々としている収入が不安定な立場なので、貯金は必須です。

 

貯金はいざとなった時に必要なので、アルバイトをしている時は、貯金をコツコツして、無職になってしまったときのために、貯金と言う保険をかけておきましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、毎月かかる固定費を見直す

毎月かかる固定費を見直しましょう。フリーターで一人暮らしとなると、アルバイトと無職を転々としている不安定な立場なので、支出をできるだけ抑えないといけなくなります。

 

そうなると、家賃以外の固定費を見直す必要があります。3大キャリアのスマートフォンを持っていたら格安スマートフォンに乗り換えしたりですね。固定費を見直して支出を最低限に抑えるようにしましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、外食ではなく自炊を心がける

 

外食ではなく自炊を心がけましょう。フリーターで一人暮らしとなったら、アルバイトと無職を転々としている不安定な立場なので、固定費を見直しつつ、食費も自炊を中心にしましょう。

 

外食ばかりしていると栄養も偏りますし、お金もかかりますし、節約にはつながりにくいです。自炊を続けて生活費を抑えながらフリーターで一人暮らしを続けましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、まかない付きのアルバイトを見つける

まかない付きのアルバイトを見つけましょう。フリーターで一人暮らしであれば、何よりお金の出費を抑えたいところです。

 

食事を提供してくれる、まかない付きのアルバイトを見つけて、1食分のお金を抑えるだけでも、節約になります。まかない付きのアルバイトを見つけて、フリーターの一人暮らしが続けれるようにしましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、家計簿をつけて、出費を把握する

家計簿をつけて、出費を把握しましょう。フリーターで一人暮らしは、いつ無職になるかわかりません。フリーターはアルバイトと無職を転々としている立場なので、出費を把握する必要があります。

 

固定費を見直して、自炊をして節約して、そのうえで家計簿をつけて日々、いくらまで使えるか、月額で家賃以外、いくらまで使えるか計算したうえでフリーターの一人暮らしを続けましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、アルバイト先を転々としない

アルバイト先を転々としないようにしましょう。フリーターで一人暮らしとなると、アルバイト先を転々としている暇はありません。

 

むしろ、同じアルバイトを続ける気概で月収を安定させて家賃を払って固定費を払って食費を払って、生きていけなくなりますから、無職は避けてフリーターであってもアルバイトで腰据えて働きましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、家賃の滞納はしない

 

家賃の滞納はしないことです。

 

フリーターで一人暮らしとなると、フリーターはアルバイトと無職を繰り返すような立場なので、収入が不安定ですが、フリーターで一人暮らしができたら、家賃が滞納しないように、アルバイトをしたお金を貯金したり、家賃以外の固定費を下げたり、食費を下げたりしながら、節約生活をしましょう。

フリーターで一人暮らしで審査の場合、フリーターは一人暮らしで審査する場合というより、借りない方がいいです

そもそもの話になってしまいますが、フリーターは一人暮らしで審査すると言うより、借りない方がいいです。フリーターは、アルバイトと無職を転々としているような立場です。

 

アルバイトをしていても、家賃以外の固定費を切り詰め、食費を切り詰め、節約生活を強いられます。ストレスが半端ないでしょう。特に無職になっていまったら、不安でどうしようもなくなってしまうことでしょう。

 

フリーターで一人暮らしで審査を考える前に、フリーターでアルバイトをしている状態で正社員の転職活動をしましょう。そして、正社員になってから安定した収入を得れる状態になってから、一人暮らしの審査をした方が確実です。

 

その方が、家賃以外の固定費の見直しだったり、食費を切り詰めたりするといったストレスから解放されます。無理してフリーターで一人暮らしして大変な目にあうより、サッサとフリーターから足を洗ってアルバイトから正社員へ前進してみましょう。

まとめ

▼関連記事▼
ゆがんだフリーターを立て直す うるおいを与える末路
人気フリーターおいしさの賃貸 人気の秘密は親名義
味わい極まる入居審査 もう一度訪れたいと思わせる親の名義
 
フリーターで一人暮らしで審査する場合について書きました。私は無職、無収入で、親戚に連帯保証人になってもらって賃貸契約したことがあります。

 

その後、生活保護を受けるようになって、借金があったので、自己破産をして、持ち家を競売に出したことがあります。翌年になって持ち家である競売物件は競落されて自己破産は終了しました。

 

その後も無職生活を続けています。私はうつ病、アスペルガー症候群の合併症なので、障害年金を受給するようになりました。障害年金を受給するようになってから、生活保護は廃止になりました。

 

無職で障害年金受給者なので、経済的に自立はしていません。そのような状態ではありますが、なんとか日々を生きています。

あとがき

 

フリーターで一人暮らしの場合だと審査は厳しいので、賃貸の契約者を親、もしくは親族にしてもらった方がいいでしょう。

 

もしくは、連帯保証人を高収入を得ている親、もしくは親族になってもらったほうがいいでしょう。審査が甘い保証会社を賃貸会社の担当者と相談しながら探すと言う手もありだと思います。

 

一番いいのは、フリーターから脱出することです。アルバイトの状態で正社員の転職活動をしましょう。正社員になれたら、安定した収入を手に入れることができますので、生活が随分と快適になるでしょう。

 

そうすると、収入面で我慢しないといけないことが減って行くので、フリーターでギリギリの生活をするのであれば、正社員を目指す方向で行動した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ