エアコン掃除

金のエアコン掃除 鮮度にこだわりできたてを新鮮なうちにプロ頻度

エアコン掃除をプロに依頼する頻度とは、どれくらいがいいでしょう。エアコンの設置している環境によりますが、分解洗浄であれば、年に1回、自分でできるフィルター掃除は1ヵ月に1回くらいが妥当でしょう。

スポンサーリンク

私は過去に業務用エアコン修理部門で働いていたこともありますから、プロにエアコン掃除を依頼する頻度も知っています。

エアコン掃除をしたことない場合はどうなるでしょう

エアコン掃除をしたことがない場合は、エアコンの吹き出し口を見て見ましょう。ホコリやカビが付着しているようでしたら、エアコンのメーカーに分解洗浄を依頼した方がいいでしょう。エアコンの掃除は自分でできる箇所はフィルターくらいしかありません。

 

エアコン内部が汚れている場合は、エアコンの分解洗浄をメーカーに依頼しましょう。汚れていない場合は、要観察で大丈夫です。ただ、エアコンのフィルターは1ヵ月に1回、水洗いでいいので、自分で掃除しましょう。

エアコン掃除の頻度を上げたほうが良い場合

エアコンの頻度を上げた方がいい場合、吹き出し口を見て見ましょう。ホコリやカビが付着していないか見て見ましょう。ワンルームの一人暮らしで油料理をしたり、タバコを吸っていたり、ペットを飼っている場合は、エアコンの汚れがひどくなる場合があります。

 

タバコであればヤニが付着します。料理であれば、油分が付着します。ペットを飼っていたら、毛などが付着します。エアコンの汚れ具合によっては、メーカーに分解洗浄を依頼した方がいいでしょう。エアコンの状態によっては、エアコン分解洗浄の頻度を年に3回から年1回に上げてもいいでしょう。

エアコンの汚れによるリスクとは、電気代が高額になる可能性があります

エアコンの汚れによるリスクを書いていきます。まずは、エアコンの汚れがひどいと電気代が高額になる可能性があります。

 

エアコンの汚れによってエアコンに余計な負荷がかかってしまい、余計な電気代がかかってしまう場合があります。エアコンの汚れを落としてあげることで、電気代が正常に戻る場合があります。エアコンの汚れ具合を確認してみましょう。

エアコンの汚れによるリスクとは、ニオイの原因となるカビなどが発生する可能性があります

ニオイの原因となるカビなどが発生する可能性があります。ペットを飼っていたら、毛などの汚れがあります。ワンルームに一人暮らししていて、料理していたら、油分がエアコンに付着します。

 

タバコを吸っていたらヤニが付着します。汚れを放置しているとカビが発生する可能性があります。カビが生えた状態でエアコンを使用すると空中にカビが浮遊してしまいます。健康被害につながってしまいます。

エアコンの汚れによるリスクとは、エアコンの故障につながる可能性があります

汚れを放置していると、エアコンの故障につながる可能性があります。エアコンの汚れによってエアコンが故障することは、よくあることです。

 

私自身、業務用エアコン修理部門で働いていたので、知っているのですが、エアコンの汚れを分解洗浄で洗い落すことでエアコンが治った例がいくつもあります。

 

エアコンの汚れがひどくてエアコンが動かなかったり、エアコンが水漏れを起こしていたり、エラー表示が出てしまい、エアコンが動かないなど、それらの故障の原因がエアコンの分解洗浄で修理完了したことがいくつもありました。エアコンの汚れを放置しているとエアコンの故障につながりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

エアコン掃除のオススメの時期は、夏前の4月、冬前の10月くらいです

 

エアコン掃除のオススメ時期はあります。閑散期である4月か10月ごろです。5月くらいからエアコンの修理依頼が殺到してきます。11月ごろからエアコンの修理依頼が殺到してきます。エアコンにも閑散期、繁忙期があります。繁忙期にエアコン掃除を依頼すると1週間以上待たされる可能性があります。

 

閑散期であれば、1週間以内に対応してくれます。閑散期と繁忙期によってエアコンの掃除の具合も違います。閑散期だと丁寧にしてくれますが、繁忙期だと雑に掃除される可能性があります。次の予定がパンパンだから急いでしまう可能性があるからです。エアコン掃除は余裕を持って閑散期に依頼した方がいいでしょう。

エアコン掃除の頻度を減らす方法とは

エアコン掃除の頻度を減らす方法は、自分でできるエアコンのフィルター掃除を定期的にすることです。1ヵ月に1回はエアコンのフィルター掃除をしましょう。

 

また、ルーバーなど、自分でできる範囲の拭き掃除はしましょう。エアコンの分解洗浄をメーカーに依頼すると概算ですが、2万~3万くらいします。エアコン掃除の頻度を減らすためにも、自分でできる範囲の掃除を1ヵ月に1回は行うようにしましょう。そうすることで、ホコリやカビの付着を防ぐことができます。

10年以上経ったエアコン掃除は注意が必要です

10年以上経過したエアコン掃除は注意が必要です。なぜなら、10年以上経過しているエアコンを故障させてしまうと修理できない可能性があるからです。部品の保存期間はエアコンができてから10年くらいです。修理部品を切らしてしまうとエアコンの修理が不可能になってしまい、買い替えしないといけないことにつながってしまいます。

 

10年以上経過したエアコンを掃除する時は、エアコンの汚れ具合がひどい場合は、エアコンのメーカーに分解洗浄を依頼しましょう。そうすると、新品同然のようにキレイになります。あとは、エアコンを長持ちさせるために、自分でできるフィルター掃除は定期的に行うといいでしょう。

まとめ

▼関連記事▼
今すぐエアコン掃除を本当の業者を実感できる頻度を実感できる
 
エアコン掃除をプロに依頼する頻度とは、どれくらいがいいかについて書きました。私自身、過去に業務用エアコン修理部門で働いていた経験がありますので、エアコン掃除をプロに依頼する頻度も知っています。

 

エアコンを設置している環境によっては、エアコン掃除の頻度を増やす必要もあります。エアコンを設置しているフロアで料理していたり、ペットを飼っていたり、タバコを吸っていたりすると、汚れの進み具合が早くなってしまいます。そうすると、内部まで汚れが付着してしまい自分では掃除できなくなってしまいます。

 

エアコン掃除はプロに分解洗浄を依頼した方がいいでしょう。分解洗浄をプロであるメーカーに依頼することで、機器を分解して部品など、細かな場所をくまなく掃除してくれるからです。メーカーに依頼すると多少値段はかかりますが、値段をかけるだけの価値はあります。

 

エアコンの故障リスクは減らすことができますし、新品同然に生まれ変わります。快適な空間を手に入れることができます。エアコン掃除をプロに依頼する頻度は、エアコンを設置している環境によります。汚れ具合は、吹き出し口から内部を見て、プロに掃除を依頼するかどうか判断しましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ