無職

もりもり元気の源 無理して働かない方に強い味方

無理して働かないようにするには、どうしたらいいでしょう。私は実家で住んでいて無職です。無職で毎日、マクドナルドに引きこもっています。

スポンサーリンク

自宅では、あまり引きこもらないです。マクドナルドにひきこもっています。コーヒー1杯注文して、引きこもっています、無理して働かないようにするには、どうすればいいか書いていきたいと思います。

無理して働かないようにするには、自分の適正を知りましょう。そして、性にあっていない仕事は避けましょう

自分の適性を知りましょう。性に合っていない仕事は避けましょう。無理して働かないようにするには、自分のやりたい仕事、やりたくない仕事は、きっぱりと分けましょう。

 

無理してやりたくない仕事をやる必要はありません。上司に相談してやりたくない仕事とやりたい仕事を相談してみましょう。

無理して働かないようにするには、無理して働かなくていいです

無理して働かなくていいです。無理な仕事を押し付けられても、無理して働くことはできませんと言って、無理しない程度の仕事だけに集中すればいいです。

 

無理な仕事は引き受けなくていいです。無理な仕事をしても、できないものは、できないのですから、無理な仕事は引き受けずに拒否しましょう。

無理して働かないようにするには、つらかったら逃げましょう

つらかったら逃げましょう。どうしても、無理な仕事ばかり押し付けられる会社でしたら、逃げましょう。逃亡退職しましょう。私は過去に正社員をバックレたことがあります。

 

昼休みに逃亡退職しました。つらかったら、無理して働く必要はありません。つらかったら、素直に逃げましょう。

無理して働かないようにするには、大きな歯車になる仕事は極力避けましょう

大きな歯車になる仕事は極力避けましょう。小さな仕事をコツコツするようにしましょう。大きな仕事を任せられることは、仕事のデキル人材と認められてのことになりますが、無理して働かないようにするには、大きな仕事を引き受けないことです。

スポンサーリンク

 

大きな仕事を引き受けたら責任も大きいです。無理して働かないようにするには、大きな仕事は引き受けないことも大切です。

無理して働かないようにするには、無理して働いても報われないです

無理して働いても報われないです。そもそも、無理して働かないようにするには、無理をして働いても報われないということを常に意識しておくことです。

 

無理な仕事を押し付けられたり、任されたりしたら、断ればいいのです。小さな仕事だけコツコツするだけの人材になって無理して働かないようにしましょう。

無理して働かないようにするには、スキルを身につけ収入を増加させましょう

スキルを身につけて、収入を増加させましょう。そして、無理して働かないようにしましょう。スキルを身につけるまでは、努力が必要ですが、努力が報われると信じて、ひたすら、スキルを身につけることに注力しましょう。

 

そして、無理して働かなくていいようにしましょう。無理して働かなくてもいいような、スキルを身につけて、それなりの仕事をするようにしましょう。

まとめ

▼関連記事▼
今年こそチャレンジするぞ。無職になってから差をつける生き方

無理して働かないようにするには、どうしたらいいでしょう、ということについて書きました。無理して働かないようにするには、無理して働いても報われないことを常に意識することです。

 

無理して働かないようにするには、大きな仕事は引き受けないことです。無理して働かないようにするには、自分の適性を知ることです。そして、性に合う仕事だけするようにすればいいです。

 

どうしても、仕事を強制されたり、押し付けられるような環境の会社であれば、逃げましょう。逃亡退職しましょう。無理して働かないようにするには、逃げることも必要です。

 

無理して体壊さないように、長生きするために、無理して働かないようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ