無職

一人暮らしの必需品 無職で必要な情報を常に貯金あり

一人暮らし、無職、貯金は、ちょっとだけ10万円もありません。1万円か、2万円くらいです。貯金とは言えないような金額です。

スポンサーリンク

一人暮らし、無職、ちょっと貯金ありなギリギリの生活を続けていました。

心療内科を受診

正社員時代に、ストレス診断がありました。

 

ストレス診断で、ストレス濃度が高いとのことで、産業医との面談になりました。産業医との面談になって、心療内科を受診してみるように言われました。

お金を借りることができなくなった

心療内科を通院するようになって、うつ病と診断されました。発達障害の検査を受けるとアスペルガー症候群と診断されました。会社に精神病の診断書を提出すると休職するように言われました。

 

数ヵ月後、うつ病は治らず、退職となりました。無職、うつ病のまま、カードローンでお金を借り続けながら生活を続けました。数年後、カードローンが滞納してしまい、お金を借りることができなくなりました。

自己破産

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。弁護士に相談すると生活を続けるために生活保護を受けることを検討するように言われました。

 

役所に行くと世帯分離したら生活保護を申請できることを教えられました。そして、一人暮らしをして、生活保護を受けました。数ヵ月後、弁護士に自己破産を依頼しました。持ち家は競売になりました。翌年に持ち家は競売になって売れました。自己破産は終わりました。

障害年金の申請

その間に、障害年金の申請をしていましたが、審査が通りました。そして、生活保護は打ち切りになりました。一人暮らし、無職、障害年金受給者となって、生活を続けました。

スポンサーリンク

 

お金は少しだけ余っていましたが、一日、2食で生活を続けました。すき家で、たまかけ朝食250円、昼抜き、夕食、すき家で牛丼並盛350円で生活を続けました。一人暮らし、無職、貯金はちょっとだけという状況で、うつ病、発達障害、障害年金受給者として生きることになりました。

マクドナルドに引きこもる毎日

正社員で健康良好から、まさか、無職に転落して、うつ病になって精神障害者になるとは思ってもみませんでした。

 

現在は、一人暮らしがまったく機能していないという理由から実家に戻されて、実家で生活しています。実家に障害年金のお金を入れて、すき家に通うことはなくなりました。代わりに、マクドナルドに引きこもる毎日になりました。

うつ病、発達障害になってしまい、一人暮らしが全然ダメ

▼関連記事▼
眠れない無職の夜の一人暮らしは癒しに包まれているようで癒しではない

朝、マクドナルドでコーヒー。昼、マクドナルドでコーヒー。夕、マクドナルドでコーヒー。実家にいると親に過干渉を受けてイヤな目にあってしまうので、マクドナルドにひきこもるようになりました。

 

うつ病、発達障害になってしまい、一人暮らしが全然できなくなってしまいました。何をするにも億劫になってしまい、どうしようもなくなってしまったからです。

 

マクドナルドに引きこもるようになっても、精神状態は変わっていません。今もなお、毎日、マクドナルドに引きこもる日々を送っています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ