エアコン掃除

天使の一人暮らし エアコン掃除頻度で選びたいという目にとまる

一人暮らしのエアコン掃除頻度はどれくらいでしょうか。フィルター掃除であれば、1ヵ月に1回でいいでしょう。エアコンの内部を掃除する分解洗浄は1年に1回、もしくは3年に1回でいいでしょう。

スポンサーリンク

住んでいる環境によります。一人暮らしでもワンルームであれば、料理の油分によってエアコンに油汚れが付着するような環境だったり、タバコを吸われてヤニが付着する環境だったり、ペットを飼っていて毛が付着する環境であれば、フィルターを掃除する頻度は1週間に1回にしたり、エアコンの分解洗浄を1年に1回にしたりと住まわれている環境によって、エアコン掃除の頻度は変わるでしょう。

 

私の場合、1DKでタバコ吸わないですし、ペットも飼っていません。エアコンが設置している別の部屋にリビングがありました。また、エアコンが設置している部屋に空気清浄機も設置していました。

 

エアコンの分解洗浄は3年に1回、フィルター掃除は、ほとんどする必要はありませんでした。ホコリは空気清浄機が吸いこんでくれていたからです。

一人暮らしでも最低限これだけは掃除をしておこう

一人暮らしでも最低限、しておきたい掃除はフィルター掃除です。エアコンのフィルター掃除です。エアコンのフタを空けて、フィルターを取り出して、シャワーで水洗いでいいです。

 

ホコリやカビ、毛、ヤニなど付着している場合は、洗剤で洗い流しましょう。詳しくは、説明書で使っていい洗剤など書いていますので、説明書を読んだうえで、洗剤を使いましょう。フィルター掃除をするだけでもエアコンは長持ちします。

一人暮らしでもエアコン掃除でメーカーに依頼してみましょう

一人暮らしでもエアコン掃除は一人でするのではなく、メーカーに依頼しましょう。ダイキンエアコンであれば、ダイキンに依頼します。パナソニック(三洋電機)であれば、パナソニック(三洋電機)に依頼します。私が一人暮らしで住んでいた時に設置されていたエアコンは日立だったので、日立の修理受付センターに電話をして分解洗浄を依頼しました。

スポンサーリンク

 

1台あたり18000円くらいでしてくれました。設置場所や汚れ具合によって料金の変動がある可能性もありますので、見積りを取ってもらってから、発注した方がいいでしょう。エアコンの分解洗浄をしたら、内部の手の届かないところや、目に見えない部分まで、くまなく洗浄してくれます。分解洗浄をしてもらったら、新品同様にまで生まれ変わります。

 

エアコンクリーニング業者など、多数の掃除屋さんがありますが、メーカーの分解洗浄にはかないません。メーカーは自社の製品の構造をきちんと熟知しているからです。エアコン故障リスクも、心配いりません。

まとめ

▼関連記事▼
今すぐエアコン掃除を本当の業者を実感できる頻度を実感できる
 
一人暮らしのエアコン掃除頻度はどれくらいでしょうかについて書きました。私自身、業務用エアコン修理部門で働いていたこともあって、エアコンの分解洗浄の大切さを知っています。

 

エアコンの修理依頼がたくさんくるのですが、たいがい、エアコンの分解洗浄をしたら、エアコンが動いたり、エラー表示が消えて、動いたりすることが多いです。一人暮らしであっても、タバコを吸ったり、料理の油分だったり、ペットの毛だったり、エアコンにダメージを与える要因はたくさんあります。

 

エアコンを設置している環境によっては、フィルター掃除の回数を増やしたり、エアコンの分解洗浄の回数を増やしたりして、エアコンを清潔に保つことが大切です。エアコンを清潔に保つことで、エアコンの故障リスクが減ります。

 

エアコンが故障してしまったら、分解洗浄以上の金額を請求されてしまいます。エアコンを清潔に保つことで、電気代の節約にもつながりますし、空気がキレイな状態だと気持ちよく過ごせます。一人暮らしであっても、分解洗浄はメーカーに依頼しましょう。分解洗浄してもらった後は、気持ちよくエアコンを使うことができます。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ