アパート

運命の家に出会う 一度は天井ドンしてみたい、聞こえるのか

天井ドン、聞こえるのか・・・。わかりませんが、天井ドンは、何回もしたことがあります。天井ドンが聞こえた実感はありませんが、天井に向かって、うるさいわ!!!!っと言いましたが、騒音がやんだことはありました。

スポンサーリンク

天井ドンをした理由は、上の階のピアノ音楽が音痴だからです。音痴過ぎて、騒音になっていました。まだ、上手いピアノ音楽だったら、許してましたが、あまりにも、聴いていて不快だったので、天井ドンをしていました。しかし、音痴なピアノ音は止みませんでした・・・。

天井ドン、聞こえるのか、仕返しとして、してはいけないのでしょうか

 

仕返しとして、してはいけないのでしょうか。天井ドンの仕返しは、上から床ドンになりますが、床ドンをされたことはありません。床ドンというより、床にドリルをあてて、ズイーーーーンという騒音をならされまくったことはありました。

 

ドリル音がうるさいので、天井ドンをせずに、うるさいわ!!!!って叫んだら、ドリル音がやんだことがあります。仕返しはオススメしません。上の階との入居者と関係が悪化する可能性があります。

天井ドン、聞こえるのか、悩んだ場合、どうすればいいのでしょうか。誰に相談したらいいのでしょうか。

悩んだ場合、誰に相談したらいいのかについて、大家さん、もしくは、管理会社です。大家さんに相談したら、大概のことは解決してくれます。ただ、騒音問題は難しいです。私は何度か天井ドンをしましたけど、音痴なピアノ音は止みませんでした。

 

だから、管理会社にいいました。すると、管理会社から、当事者同士で言い合ってほしいと言われたことがあります。どうしようもない管理会社だと思ってあきらめたことがあります。

 

大家さんに言えばよかったなと思いましたが、ピアノ音痴の物件からは出ていったので、今となっては天井ドンをする理由がなくなったので、結局、話し合いをせずに出ていきました。ピアノ音のおかげで、寝ているところを起こされたり、昼寝をしていても、起こされたり、夜寝ていても起こされたり、散々でした。

スポンサーリンク

天井ドン、聞こえるのか、対策はどうすればいいのでしょうか。

対策はどうすればいいでしょうか。大家さんか、管理会社にいいましょう。当事者同士で言い争うのはオススメしません。ケンカの元になってしまう可能性があります。

 

そして、入居者同士の関係が悪化する可能性があります。大家さんか、管理会社に言えば、直接、言い争うことがないので、入居者との関係が悪化することはないでしょう。

 

ただ、必ず、大家さん、管理会社が動いてくれるとは限りません。相談は乗ってくれますが、行動にうつしてくれるかどうかは、別問題です。天井の騒音がどうしても、解決にならない場合、入居者との関係が悪くなってもいいなら、意を決して直接、騒音がうるさいことを言うこともやむを得ないでしょう。

まとめ

▼関連記事▼
アパートの騒音に声を失う 脳裏に焼きつく仕返しが我を刺激する
 
天井ドンは聞こえるかどうかは、上の階の住人が気づいてくれるかどうかによります。私は天井ドンを数えきれないくらいに、たくさんしたことがあります。

 

それでも、音痴なピアノ騒音は止みませんでした。ドリルで穴を開けるような騒音を出された時は、うるさいわ!!!!と天井に向って叫んだときは、すぐにドリルの騒音は止みました。

 

しかし、数日後、再び、ドリルの騒音がなりました。上の階の入居者はどうしようもないと思いました。天井ドンをしまくっても気づいてくれない鈍感な入居者だと思いました。管理会社に2回ほど、相談にいきましたが、当事者同士でやってほしいと言われて話になりませんでした。

 

もう、天井ドンをする物件から退去して今は別の物件に入居して天井ドンをする必要がない状態なので、天井ドンはしていませんが、内階段の騒音に悩まされている状況です。

 

内階段の騒音は不特定多数なので、内階段に向って、壁ドンをしたところで、伝わるかどうかあやしいので、していません。騒音問題は、どこにいっても、ありますね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ