無職

いつも納得安心無職 本日オススメの不安と絶望をぜひご覧ください

無職は不安で絶望的になります。私は無職に加えて、うつ病です。うつ病なので障害雇用になります。

スポンサーリンク

けど、精神内科の先生が労務を認めてくれないのです。以前、ハローワークで障害雇用で働こうと思って障害雇用の窓口に行ったら、精神内科の先生に働いてもいいという証明書である同意書を書いてもらうように言われました。

ハローワークを訪ねて精神内科に行きました

私は、精神内科の先生に同意書を持って行きました。

すると、先生から食事、掃除、洗濯ができないのに、そのうえで働こうというなど、到底できることではないから、働かないようにしてくださいと言われました。

 

無職なのですが、障害年金が支給されている状態でした。

それでも、社会に復帰したいと思い、ハローワークを訪ねて精神内科に行きましたが、同意書にサインしてくれませんでした。

 

無職は不安と絶望感でいっぱいなのに、追い打ちをかけられたような感じになりました。

生活費のためにカードローンを使い続けました

こうして私は無職を続けています。続けざるを得ない状態になっています。

私は過去に自己破産しました。持ち家を競売に出したことがあります。

 

うつ病で破産者で無職です。住宅ローンに加えて、生活費のためにカードローンを使い続けましたが、上限額がいっぱいになってしまいました。

スポンサーリンク

 

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。弁護士に相談すると自己破産するように言われました。

無職、不安、絶望の中、一人暮らしが実現

あと、生活を続けるために生活保護を受けることを検討するように言われました。

役所に行き事情を話すると持ち家から出ていき、世帯分離したら生活保護を申請できると言われました。

 

親戚に相談したら不動産屋さんを紹介されました。

不動産屋さんからは生活保護に理解のある大家さんの所有物件を紹介されました。

 

こうして無職、不安、絶望の中、一人暮らしが実現しました。生活保護を申請して通過しました。

その後、自己破産しました。持ち家は競売になり競落になりました。

うつ病と言えども無職、不安、絶望と隣り合わせ

▼関連記事▼
無職のパワーの源 フルチャージでなんとかなる
 
現在も、うつ病、無職、不安、絶望が続いています。障害年金をもらっているのでかろうじて、生活は続けることはできていますが、障害年金は2年に1回の更新なので決して、長く続く収入ではありません。

 

次の更新の時に、障害年金が認定されなかったら、無職、無収入になってしまいます。

そうなると、生きていく術を失ってしまいます。

 

うつ病と言えども無職、不安、絶望と隣り合わせの生き方を毎日続けています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ