アルバイト

アルバイトの辞退を面接前 いろんな組み合わせで存分に味わう

アルバイトの辞退を面接前に伝えることは可能です。電話で速やかに言いましょう。

スポンサーリンク

アルバイトの面接を辞退したいと言うことを伝えればいいです。理由は特に伝える必要はありません。

謝罪することは社会人としてのマナー

アルバイトの面接前に辞退することは、自由です。

 

アルバイト先としては、待っているタイミングの時もあるかもしれませんが、特に気にする必要はありません。

 

ただ、アルバイトの面接の約束をして辞退するのですから、謝罪することは社会人としてのマナーです。

電話をすること自体、社会人としてのマナーにそっている

例えば、

 

「大変申し訳ないのですが、アルバイトの面接を辞退したいと思います。大変申し訳ございません。」

 

と言うような感じで伝えればアルバイト先も許してくれるでしょう。

 

許してくれると言うかアルバイト先としては受け入れざるを得ないでしょう。

 

アルバイトの面接前に辞退すると言うことは、大きな問題ではありません。むしろ、電話をすること自体、社会人としてのマナーにそっているので、問題ありません。

スポンサーリンク

やってはいけないこと

やってはいけないことは、アルバイトの面接の約束をしているのに、電話をせずに黙って辞退することです。一番やってはいけないことです。

 

私は過去に人事部で面接官の担当をしていたことがあります。アルバイトの面接前に辞退する電話が来ることは仕方ないと思います。

アルバイトの面接前に辞退の電話を入れるだけでもアルバイト先の負担を減らすことつながる

▼関連記事▼
おもてなしにアルバイト 期待を超える採用辞退サービスに
 
ただ、アルバイトの面接時間になっても来ないこともあります。

 

心配になってこちらから電話をしたら、アルバイトの面接を辞退したいと言うようなことを言ってくる人もいました。

 

自分から電話せず、面接官に電話をさせる人もいます。また、こちらからいくら電話をかけても、電話に出てくれない応募者もいました。

 

アルバイトの面接前に辞退の電話を入れるだけでもアルバイト先の負担を減らすことにつながります。アルバイトの面接前であっても辞退したい場合はきちんと電話をしましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ