アルバイト

ついに年に一度のアルバイト解禁 今年とれたての面接時間

アルバイトの面接時間は、業界、業種に寄りますが、だいたい20分~30分程度です。話がはずんだときは、さらに長くなることもあります。

スポンサーリンク

次の予定を気にしてしまってソワソワすることのないよう、面接は余裕を持ったスケジュールでのぞみましょう。

 

だいたい20分~30分程度と書きましたが、なかには5分、10分程度と、かなり短い時間で終わってしまうこともあります。時間が長いから採用とか時間が短いから不採用とは限りませんので結果は応募先次第です。

面接に案内されるのを待ちましょう

応募先に到着すると面接官が来るまで待たされます。

時間通りに来るか、もしくは、遅れてくるかわかりません。

 

面接官が遅れてきても気にしないようにしましょう。面接官が遅れてくることは当たり前にあります。

面接官も他の面接をしていたり、他の仕事で立て込んでいたりするものです。

 

面接官が時間通りにあらわれなくても、責めることはしないようにしましょう。面接官が遅れてきても冷静に待ちましょう。むしろ、面接してもらえるのですから、きちんと感謝の言葉を伝えましょう。

面接時間は平均どのくらいでしょう。短い場合は採用の可能性が高いでしょうか。

平均的には30分くらいです。業界、業種によっては、長くなったり、短くなったりします。

 

30分以上経過しているから採用だろうとか、30分以下だから不採用だろうとか、面接時間は採用、不採用にはあまり関係ありません。業界、業種、応募先によります。

面接時間は職種によって様々です。面接後は予定を空けておくと安心です

面接時間は職種によって、本当に様々です。5分であっさり終わる面接もあれば、10分で終わる面接もあります。

 

中には、30分、1時間かかる面接もあります。応募先の面接時間はどれくらいで終わるかは、誰もわかりません。

 

もし、次の応募先の面接が控えているなら、応募先1社に対して1時間は見ておいた方が無難でしょう。面接後の予定は余裕を持って空けておきましょう。

採用されやすい人とされにくい人の差は存在します

採用されやすい人とされにくい人の差は存在します。面接時間は一概に関係ないとも言い切れません。

 

面接官の質問が前向きで応募者の回答も前向きであれば採用の可能性が高いでしょう。

 

逆に面接官の質問が後ろ向きで、応募者の回答も後ろ向きであれば不採用の可能性が高いでしょう。

 

面接の雰囲気にもよります。応募先、応募者のお互いの空気感が合うかどうか、履歴書の出来にもよりますが、ほとんどの比重は面接する時間にかかっています。

グループ面接する場合は時間は長めです

応募者が多い場合は、グループ面接することがあります。

 

その場合は、面接時間は長いです。なぜかと言えば、自分の質疑だけではなく、他の応募者の質疑の時間も取られてしまうからです。

スポンサーリンク

 

応募者が多いと質問、回答の時間も1対1の面接より短いです。その短い質疑の中でどれだけ自分のことをアピールできるか、グループ面接はさじ加減が難しいです。

面接マナーについてです

面接時間に直接関係ないですが、面接の時間を取ってくれた面接官に感謝の言葉を伝えましょう。

 

社会人としてのマナーです。ひと言でいいです。本日は面接の時間を取っていただきありがとうございますとひと言伝えるだけで面接官の印象はグッと変わってきます。

 

また、面接の空気も前向きに変わってくるので、前向きな言葉を出して、面接の雰囲気を前向きな方向に流していきましょう。

時間厳守は社会の基本です

面接する時間内に到着するのは社会の基本です。面接時間に間に合わないときは応募先に電話をしましょう。

 

日時を間違えたり、寝坊したり、他の予定が出来てしまって面接に行けない場合は、すぐに応募先に電話をしましょう。面接時間に間に合わないなどの理由が発生した時点で応募先に電話をして事情を伝えましょう。

 

時間厳守は社会の基本ですが、不測の事態に遭遇してしまって、時間に間に合わないときは応募先に電話すればなんとかなります。

まとめ

▼関連記事▼
心が震えるアルバイトがそこにある 感動のオーストラリア学んだこと
アルバイトの面接に1時間かかるのか
アルバイト面接の時間を指定してもいいのか
アルバイト面接に時間ぴったりに到着することはありなのか
 
アルバイトの面接時間はどれくらいなのか。元採用担当者の視点で書きました。

 

面接時間は業界、業種、応募先によって、本当に様々です。5分で終わる面接でも採用になったり、30分以上かかった面接で不採用になったりしますから、一概に面接時間が長いから採用になるとか、面接時間が短いから不採用になるとは限らないです。

 

ただ、「採用されやすい人とされにくい人の差は存在します」と言うことを書きました。採用されやすい傾向としては、面接時間より面接官が興味を示してきて、前向きな質問をたくさん投げかけてくるときは、採用の可能性が高いです。

 

逆に面接官が後ろ向きな質問ばかり投げかけてきて、早く終わらしたいような雰囲気を出している面接官相手であれば不採用の可能性が高いです。

 

面接官の言動、雰囲気、面接の雰囲気によって採用、不採用の空気感と言うものがあります。面接時間はだいたい30分くらいあるものだと考えておけばいいと思います。

 

ただ、業界、業種、応募先によります。話が盛り上がって結果的に1時間くらいの面接もあります。次の予定、次の応募先の面接が控えているのであれば、面接時間は1時間を見ておいた方が無難でしょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ