正社員

正社員をすぐ辞めるつもりの場合、どうしたらいい

正社員をすぐ辞めるつもりの場合、どうしたらいいでしょう。正社員をすぐ辞めるつもりであれば、すぐ辞めることはできます。

スポンサーリンク

正社員を辞めるには、どういう手順で進めていった方がいいか元人事部で勤めていた視点から書きます。

正社員はすぐ辞めるつもりで働く雇用形態ではないです

正社員はすぐ辞めるつもりで働く雇用形態ではないです。派遣社員、契約社員、アルバイトより格上だからです。アルバイトはすぐ辞めるつもりで働くのがちょうどいいかもしれませんが、正社員はすぐ辞めるつもりで働いてはいけません。

 

正社員は長く働く覚悟を持って仕事をする意欲が大切です。そうはいっても、すぐ辞めるつもりなので、もうどうしようもないと言うのであれば、正社員を辞めることのデメリットも書いていきたいと思います。

正社員をすぐ辞めるつもりで働くことのデメリット

正社員をすぐ辞めるつもりだと生活が安定しにくいです。せっかく正社員で働く限りすぐに辞めるのはもったいないです。福利厚生は正社員が一番充実しています。

 

派遣社員、契約社員、アルバイトより福利厚生は充実しています。正社員をすぐに辞めてしまうと賞与がもらえなくなります。正社員をすぐに辞めると次の会社でも我慢や忍耐が足りたいと言うように受け取られる可能性もあります。

もっと良い環境を求めて転職を考えること

正社員をすぐ辞めるつもりであれば、正社員で在籍しながら転職活動することをオススメします。正社員を辞めた状態で就職活動してしまっては、無職になってしまいます。無職になってしまったら、生活費に困るようになります。

 

正社員をすぐ辞めるつもりであれば、ちょっと我慢して就職活動ではなく転職活動をした方が採用される可能性が違います。正社員から正社員に転職であれば採用される可能性は就職活動と比べるとマシです。

まとめ

▼関連記事▼
正社員、子供への影響と対応策 知らなかったではすぐ辞める
 
正社員はすぐに辞めるつもりで働く雇用形態ではありません。長く働くことを前提に入社しましょう。面接官も正社員には長く働いてほしいと言う期待をこめて採用しています。正社員ですぐに辞めることはオススメしません。

スポンサーリンク

 

どうしても、すぐに辞めるつもりであれば、一度、冷静になって、転職活動をしましょう。会社に正社員として在籍しながら、他社の求人に応募するのです。正社員をすぐに辞めるつもりで、すぐに辞めてしまっては無職になってしまいます。無職から正社員にはい上がるのは簡単ではないです。正

 

社員から他社の正社員に転職した方が、まだマシです。正社員をすぐ辞めるつもりであれば、在籍しながら転職活動をすることをオススメします。

 

転職エージェントに依頼(IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】)する方法もあります。

 

転職サイト(転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。)を見て求人応募する方法もあります。

 

正社員が合わないというのであれば、アルバイトの求人サイト(アルバイト採用ならマイナビバイト)に応募する方法もあります。職安に行く方法もあります。

 

正社員をすぐ辞めるつもりだけど、なかなか上司に言いづらい、辞めたくても辞めれないと言った場合は、退職代行サービス(【退職代行ガーディアン】)を使う方法もあります。

 

一番いいのは、今の正社員で最低でも3年以上は働くことがオススメです。3年以上経過しているのであれば、転職活動をしても正社員として雇用される可能性もありますので、正社員はすぐに辞めるのではなく、一旦冷静になって転職活動から考えましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ