正社員

正社員で1ヶ月で辞める場合履歴書の記入はどうしたらいいでしょう

正社員で1ヶ月で辞める場合履歴書の記入はどうしたらいいでしょう。基本的には書いた方がいいです。書かなくても会社によっては問題ない企業もあります。

スポンサーリンク

正社員1ヵ月で辞めたからと言っても退職理由を聞かれることや、そこで学んだことを言われるだけなので、特に気にする必要はありません。

 

職歴が多いからと言って、採用されないことはありません。職歴が多くなっている根拠さえいえるようであれば、職歴が多くても採用される人は採用されます。

どこの会社であれ、採用されたという評価につながります

どこの会社であっても、採用されたという評価につながることもあります。履歴書の職歴が多いということは、それだけ多くの企業に採用されてきたという評価にもつながることもあります。

 

また、いろんな社会経験を積んできた人材だとみられることもあります。職歴が多いとネガティブにとらえがちですが、前向きに考えてみると採用された数、そして1ヵ月働いてきた経験が蓄積されている人材ということで評価されることもあります。何事も前向きにとらえることが大切です。

正社員で1ヶ月で辞めたことを説明できる面接対策をしておきましょう

正社員で1ヵ月で辞めたことを説明できる対策をしておきましょう。正社員1ヵ月で辞めるということは試用期間、研修期間に辞めたということになります。

 

正社員は3年くらい働いて転職するのであれば、わかりますが、履歴書の職歴がわずか1ヵ月で辞めたとなると面接官によっては、ネガティブに受け取られてしまう可能性があります。正社員を1ヵ月で辞めてしまった理由、家庭事情なのか、それとも社風が合わなかったのか、面接で言っていたことと現場でのミスマッチがあまりにも激しかったのか、など、きちんと面接で対策できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

正社員で1ヶ月で辞めたことのの評価は応募先の企業次第です

正社員で1ヵ月で辞めたことの評価は応募先によります。応募先の面接官によります。正社員を1ヵ月で辞めた理由を言って、誰でも納得できることを伝えて、職歴が1ヵ月で辞めたことを書いているものの、履歴書の職歴が多いことが逆に好評価につながることもあります。

 

職歴が多いと言うことは、それだけ会社に信用されて採用されてきた、そして、1ヵ月働いてきた経験があるという強みでもあります。正社員で1ヵ月で辞めたからと言って何も自分からネガティブになる必要はありません。ポジティブに受け止めて面接に挑みましょう。

まとめ

▼関連記事▼
傷ついた正社員を立て直す 1ヶ月でうるおいを与えて辞める
 

正社員で1ヶ月で辞める場合履歴書の記入はどうしたらいいでしょうということで書きました。後々バレてしまうことを考えたら、正社員1ヵ月で辞めた履歴書の履歴は書いた方がいいでしょう。

 

あとは、応募先でどのように評価されるかは、応募先の判断に委ねるしかないでしょう。応募先によっては、履歴書の職歴が多くあるということは、それだけ会社に信用されて採用されてきた数というようにみなされることもあります。

 

逆に我慢が弱い、忍耐が弱いというようにネガティブに受け取られることもあるかもしれません。こればかりは、応募先の考え方に委ねるしかありません。正社員を1ヵ月で辞めた理由をきちんと納得できるようなことを言えるのであれば、選考に大きな影響はないと考えます。

 

実際に、1日で辞めてしまう人もいるくらいのご時世なので、1ヵ月も続いて履歴書に書ける履歴があるということは、応募先によっては強みになる可能性がありますので、ネガティブに考える必要はありません。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ