正社員

転職先が決まってから退職する場合の流れ

転職先が決まってから退職するのは、いいことです。理想の辞め方です。転職先が決まってから退職するとなったら、現職の辞め方ですが、上司に口頭で転職先が決まったから退職したいと言えばそれでいいです。

スポンサーリンク

転職先が決まって退職することはよくあることです。上司も引き止めることは難しいでしょう。転職先が決まったら、まず口頭で退職する意思を伝えましょう。

次の転職先は言わなくてもいいです

転職先が決まってから退職する場合ですが、上司に口頭で転職先が決まったことを伝えます。上司に転職先の会社名を聞かれても、言わなくてもいいです。

 

いうことで、余計な心配ごとが増えてしまいます。また、転職を妨害される可能性もなくはないです。転職先が決まってうれしくなったから、ついついしゃべってしまわないように注意しましょう。他言は無用です。

引き継ぎ、あいさつを行いましょう

転職先が決まってから退職すると決まって、上司に口頭で退職の意思を伝えていいと言われた場合、引継ぎをどうするか、あいさつのタイミングを上司に相談しましょう。

 

誰に仕事を引き継いだらいいか、あいさつのタイミングはいつがいいかなど、上司に相談しましょう。上司は退職する人を無為にするわけにもいかないので、真剣に相談に応じてくれるでしょう。職場の雰囲気が気まずくならないように上司も神経を使ってくれることででしょう。

退職手続きをしましょう

転職先が決まってから退職すると決まって、引継ぎ、あいさつをすましたら、退職手続きにはいります。上司に相談したうえで退職手続きにはいりましょう。

 

会社の言うことに従って、退職願を提出して退職に必要な書類に記入していきましょう。転職先が決まってから退職するのですから、安心して退職手続きに応じましょう。

スポンサーリンク

もし、引きとめに合った場合

転職先が決まってから退職すると決まって、上司に報告するも、引き止めに合ってしまい、どうしても退職できない、転職できないとなると、退職代行サービスを使うしかないでしょう。

 

退職代行サービスを使う前に、上司を徹底的に説得して、それでもダメでしたら、退職代行サービスを使うといいでしょう。

 

退職代行サービスを使うと代わりに、退職までの流れに持って行ってくれます。次の転職先にどうしても進みたいけど、引き止めにあってしまい、前に話が進まない場合は退職代行サービス(【退職代行ガーディアン】)を使うといいでしょう。

まとめ

▼関連記事▼
不況を勝ち抜く正社員 ブランド価値を高める経営が辞める時
 
転職先が決まってから退職することについて書きました。転職先が決まったら、とても喜ばしいことです。転職先が決まったら、上司に報告しましょう。

 

上司に了承をもらって退職日を決めて、引継ぎするタイミング、あいさつするタイミングなど相談しましょう。退職手続きは円滑に行いましょう。ただ、もし上司の引き止めにあってしまった場合、説得を続けたけど、どうしても転職先に進めさせてもらえない場合は退職代行サービスを使うといいでしょう。

 

転職先が決まってから退職することは喜ばしいことです。それを阻害されるとイヤになりますよね。また、転職先を在籍している上司や先輩、同僚など、誰にも言わないように注意しましょう。他言は無用です。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ