正社員

不況を勝ち抜く正社員 ブランド価値を高める経営が辞める時

正社員を辞める時にするべきことを書いていきます。正社員を辞める時にするべきことは、上司に相談して、承諾を得て、退職願を提出して円満退職する方が一番いいです。

スポンサーリンク

そのことを踏まえて書いていきたいと思います。

正社員を辞めるのを伝える時は繁忙期以外に

正社員を辞めるのを伝える時は繁忙期以外にしましょう。

 

できれば閑散期がいいでしょう。会社ごとに繁忙期、閑散期があると思います。

 

繁忙期の忙しい時に正社員を辞められたら困る会社もあります。正社員を辞めるのを伝える時は繁忙期を避けることも社会人のマナーです。

正社員を辞める理由は個人都合がいいです。退職理由について

正社員を辞める理由は個人理由がいいですその退職理由に書いていきたいと思います。

 

正社員を辞めるならできれば円満に辞めた方がいいです。円満に辞める伝える理由について紹介していきたいと思います。

次の職場が決まったから

他社内定、いわゆる転職です。正社員を続けながら、他社の選考を受けて採用された際に、次の職場が決まったから辞めると言う理由です。

 

こればかりは、会社も引きとめようがないのでどうしようもありません。他社内定、転職することだけをスパッと答えるだけでいいでしょう。

 

他社内定したこと、転職した理由は、次の職場でやりたいことがあるから辞めますで充分です。

病気によって正社員を辞める

何らかの病気によって正社員を辞めることです。

 

これは、不可抗力なのでどうしようもありません。ただ、病気によって正社員を辞める場合、会社から診断書を提出を求められる可能性があります。

 

会社に診断書を求められたら、病院に行って診断書を書いてもらいましょう。会社に診断書を求められなかったら、特に提出する必要はありません。ただ、病気によって正社員を辞めるなら診断書を提出した上で、切り出した方が話が早く進みます。

家庭の事情で正社員を辞める

家庭の事情で正社員を辞めるのは、仕方のないことです。

 

家庭事情とは何かとイチイチ突っ込んでくる上司はいないでしょう。家庭の事情で正社員を辞めるのは、仕方のないこと、どうしようもないことです。

 

聞かれたら、親の介護をすることになったなど、家庭が事情である理由を前もって用意しておくといいでしょう。

正社員を辞める理由で伝えないほうがいいこと

正社員を辞める理由で伝えないほうがいいことがあります。

 

正社員を円満に辞めたいなら、下記の事が事実であったとしても、辞める理由として言うことで、トラブルになる可能性があるからです。

 

トラブルになってしまったら、円満に正社員を辞めることができなくなる可能性がありますので、気を付けたほうがいいです。

会社への不満や批判で正社員を辞める

会社への不満や批判をして正社員を辞めるのはよくありません。

 

会社にケンカを売ること、上司にケンカを売ること、吹っ掛けることにつながります。会社イコール上司みたいな感じで受け取られかねません。

 

会社への不満や批判をしたところで会社が変わるわけではありませんので、言わない方がいいでしょう。

人間関係の問題で正社員を辞める

人間関係の問題を引き出して正社員を辞めるのはよくないでしょう。

 

人間関係で正社員を辞める原因がもっとも多いです。人間関係を持ちだしたら、会社の人間の悪口を言っているのと同じになってしまいます。

 

悪口を言っているように解釈されてしまう可能性もあります。人間関係の問題で正社員を辞めることを引き出してそれを正社員を辞める理由として伝えるのは控えた方がいいでしょう。

今の仕事が合わない、好きではないということで正社員を辞める

今の仕事が合わない、好きではないと言うことで正社員を辞めると伝えるのはよくないでしょう。

スポンサーリンク

 

今まで仕事が合わない、好きではないと思いながら仕事をしてきたのか!?と言う悪い印象を会社に与えかねません。

 

正社員を辞める理由として今の仕事が合わない、好きではないと答えるだけで悪印象を持たれてしまう可能性がありますので、例え事実だったとしても控えた方がいいでしょう。伝えたところで、会社が変わることはありません。

正社員を辞める時の引き継ぎはしっかりとしましょう

正社員を辞める時の引継ぎはしっかりとしましょう。

 

正社員は責任ある仕事が任されていることが多いので、自分自身が辞めてしまっても後任の方が、仕事をスムーズに行えるようにマニュアルを作成したり、後任の方が困らないように工夫して引継ぎをする必要があります。それも正社員を辞める時の礼儀です。

正社員を辞める時の有給はしっかり取れるようにしましょう

正社員を辞める時、有給があるようでしたら、全部消化してしまいましょう。

 

有給消化最終日を退職日としてしまってもいいでしょう。有給を全部消化したい場合は、会社と相談したうえで、申請した方がいいでしょう。

 

有給を消化することは悪いことでもなんでもありませんが、会社にひと言伝えて、承諾を得たうえで有給休暇を消化するタイミングをうかがいましょう。

正社員を辞める時の挨拶と私物整理はしっかりすませましょう

正社員を辞める時、あいさつと私物整理はしっかりすませましょう。

 

正社員はアルバイトや派遣社員などと違って、責任ある仕事をこなしてきたのですから、最後の最後、周りの方々にお世話になったことを伝えましょう。

 

また、私物はきちんと持って帰りましょう。会社の物は全部置いていきましょう。

正社員を途中で辞めても退職金は出るでしょうか

正社員を途中で辞めても退職金は出るかどうかは、その会社の就業規則によります。

 

例えば、入社して3年以上経過しないと支給されないとか、就業規則に退職金のことは書かれていると思います。

 

会社によっては、退職金が一切でない会社もありますので、就業規則を事前に確認しましょう。

まとめ

▼関連記事▼
正社員の退職は何日前に言えばいいか
仕事辞める、逃げたい場合
転職先が決まってから退職する場合の流れ
 
正社員を辞める時にするべきことについて書きました。

 

私は正社員を円満に辞めたことがありますし、逃亡して辞めたこともあります。円満に辞めたり、最悪な辞め方をしたり、いろいろありました。私は過去に人事部をしていたので、正社員を円満に辞める人は仕事がデキル人が多かったです。

 

無難な理由を引き出して会社を辞めていく姿を見て、うらやましいと思ったこともあります。正社員を辞める時は、上司に相談して、承諾をもらいましょう。そして、引継ぎをきちんとして、辞める手続きをして、円満に辞めるようにしましょう。

 

会社の批判をしたり、人間関係で辞めると言った後ろ向きな理由を引き出して辞めても会社は変わりません。自分が不利な状況に追い込まれるだけなので、正社員を辞めるなら、転職だったり、家庭事情、病気など、どうしようもない理由で辞めた方がいいです。

 

もし、どうしても、上司に言っても辞めることを承諾してくれなかったり、上司に言いにくいことであれば、退職代行サービス(【退職代行ガーディアン】)を使う方法もあります。これは、積極的に使うのではなく、あくまで最終手段として使う方向で考えた方がいいです。

 

一番いいのは、自分の口で前向きな理由で円満に正社員を辞める方が一番無難です。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ