毒親

エメラルド支配的な親 百年住み続けたいという発想で生まれた影響

支配的な親と同居してイヤな影響を受けてきました。私が小学生の時に両親は離婚しました。

スポンサーリンク

父親は浮気相手と再婚するために出ていきました。私は一人っ子なので母親と二人暮らしになりました。

「こうしなさい」「ああしなさい」

母親と同居してきて母親は私に命令ばかりします。

「こうしなさい」「ああしなさい」とばかり言ってきます。

 

私は学校であった出来事を話したいだけなのに、話を聞いてくれず、むしろ、命令ばかりしてくるのです。

母親はうっとうしいと言ってドアを閉めない

一番イヤだったのはプライバシー侵害してくることです。

私の部屋のドアを閉めていても、ノックもせず無断で入ってきます。

 

出て行くとき、ドアを閉めません。

私は閉めてと言うのですが、母親はうっとうしいと言ってドアを閉めないのです。

 

ドアを閉めると中が見えないから、うっとうしいと言うのです。そのようにして私は母親に監視されてきました。

スポンサーリンク

母親に支配されて生きてきた

▼関連記事▼
毒親と時間を過ごせる 休日を支配型に味わいたい
 

支配されてきました。母親に支配されて生きてきたので、私も結婚してしまったら、毒親になってしまうと感じます。

 

母親はすごく神経質です。

ちょっとでもくしゃみをすると、風邪をひいたと言われてマクスをしてきます。

 

私は食べ物を食べて、ただ喉を詰まらせただけなのに、それを風邪をひいた、離れて、と言ってきます。

母親はとても神経質

まだ一緒に電車に座っている時、風邪をひいている人が近くにいると、席を離れて別の席に行きます。

 

母親はとても神経質なのです。私も母親のそういった姿がうつってしまい、神経質になってしまいました。

もともと、鈍感だったのですが、汚い物を触れなくなったりしてしまいました。

 

支配的な母親の影響を受けて、神経質になったり、自分も毒親化してしまったのではないかと感じます。

スポンサーリンク
 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ