引きこもり

引きこもりで涙がこぼれました 40歳以上を鮮明に残したい

引きこもり40歳以上です。引きこもりが激しい時期はニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマってしまって、1日中、ニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

スポンサーリンク

明け方までオンラインゲームにハマっていました。

ニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていた

明け方に寝て、昼頃に起きて、再び、ニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

 

昼間、夜中、明け方近くまでオンラインゲームにハマっていました。

 

明け方近くになったら、明るくなってから寝ると言うような生活を1年くらい繰り返していました。

カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納するようになってしまった

うつ病、発達障害と心療内科の先生から診断されて、働かないようにと言われていたので無職です。

 

カードローンでお金を借りて住宅ローンの返済、クレジットカードの返済、カードローンの返済をしていました。

 

数年くらい引きこもりを繰り返して、お金がなくなりました。

 

カードローン滞納、住宅ローン滞納、クレジットカード滞納するようになってしまいました。

自己破産することに

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

 

弁護士に相談すると自己破産しかないと言われました。そして、自己破産することになりました。

スポンサーリンク

 

持ち家は競売になる予定になったので、持ち家から出ていくように弁護士から言われました。

 

賃貸に引っ越ししました。

弁護士の法律事務所に行く時だけ外出

弁護士との訪問以外は、引きこもりしてニンテンドースイッチのオンラインゲームにハマっていました。

 

朝、昼、夜とニンテンドースイッチのオンラインゲームにひたすらハマっていました。

 

弁護士の法律事務所に行く時だけ外出してそれ以外は、引きこもりニンテンドースイッチのオンラインゲームにただただ、ハマっていました。

まとめ

▼関連記事▼
我が家にぞっこんの理由 引きこもりの希望を叶えた40代
 
1年後くらいしてから持ち家は競落されて、自己破産は終わりました。

 

カードローンの借金は消えました。

 

クレジットカードの借金は消えました。

 

住宅ローンの借金は消えました。

 

それでも、気持ちが重い状態を引きずつながら、ひたすら、苦しみから気を紛らさすかのように、ニンテンドースイッチのオンラインゲームに没頭していました。

 

うつ病、発達障害を通り越してゲーム障害になっているかもしれません。もう引きこもり生活から抜け出すことができません。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ