フリーター

まだ応募していないなら今すぐ フリーターの方が稼げる

フリーターの方が稼げるということについて書きます。私は、フリーターをしていた時期がありましたが、フリーターが稼げるとは思ったことはありません。

スポンサーリンク

フリーターはアルバイトと無職を転々とする立場なので、アルバイトとアルバイトの掛け持ちをして、朝から夜まで働いて、やっと正社員の給料に追いつけると言うイメージです。

 

あと、フリーターで営業職があって、インセンティブ制を取り入れていたら、成約件数、売り上げによって還元される仕組みであれば、フリーターでも十分稼げると考えます。

フリーターの方が稼げるのは、夜~深夜帯を狙いましょう

 

夜~深夜帯を狙いましょう。夜、深夜帯の方がアルバイトにとって時給単価が高いからです。

 

だから稼ぎやすいです。夜、深夜の時間はコンビニや交通整理など、いろいろありますが、時給が高い仕事を選べばフリーターの方が稼げるのは必然的と言えるでしょう。

フリーターの方が稼げるのは、時間の有効活用、掛け持ちをしましょう

時間帯の有効活用、掛け持ちをしましょう。

 

フリーターの方が稼げるのは、やはり、アルバイトに加えて、別のアルバイトをすることで、ずっと働きっぱなしの状態を維持することで、フリーターの方が稼げるという状態をつくり出すことができるでしょう。

フリーターの方が稼げるのは、努力しやすい環境が整ってるから

努力しやすい環境が整っているから、フリーターの方が稼げるというのはあります。

 

努力しやすい環境と言えば、アルバイトでもインセンティブ制を取り入れていて、契約件数、売り上げによって、アルバイトにも還元されるシステムを導入している会社であれば、アルバイトのやりがいをもってフリーターの方が稼げる循環を作り出すことができるでしょう。

フリーターの方が稼げるのは、水商売でしょう

水商売でしょう。フリーターの方が稼げるのは、水商売全般、夜の仕事になるでしょう。

 

夜の仕事は固定給に加えてインセンティブ制なので、フリーターの方が稼ぎやすい業種ともいえるでしょう。夜の仕事をしてフリーターの方が稼げるようになりたいのであれば、夜の仕事、水商売をすることも一つの方法でしょう。

フリーターの方が稼げるのは、フリーターはあくまでも、その場しのぎ、の助っ人

フリーターはあくまでも、その場しのぎの助っ人です。フリーターの方が稼げると言っても、フリーターは、長く在籍することは、なかなか簡単な事ではありません。

スポンサーリンク

 

会社にとってはその場しのぎの助っ人要因として扱われる可能性があります。そういった意味で時給が高い会社ほど、契約期間が短くてすぐにアルバイト雇用から外される可能性もあるでしょう。

フリーターの方が稼げるのは、アルバイトの方が儲かるはウソ。将来的には正社員が圧勝します

アルバイトの方が儲かるのはウソ。将来的には正社員が圧勝します。フリーターの方が稼げるのは、アルバイトとアルバイトを掛け持ちしたり、深夜帯で働いたり、水商売をしたりすると一見して、フリーターの方が稼げるように思える場面もあるでしょう。

 

しかし、フリーターと正社員を比較してしまうと、将来的には正社員の方が圧勝してしまいます。正社員の待遇にはフリーター、アルバイトはかなわないでしょう。正社員になるには、アルバイトをしながら、正社員の転職活動をしましょう。転職活動をして正社員になれたら、経済的にも安定した生活を手に入れることができます。

まとめ

▼関連記事▼
ゆがんだフリーターを立て直す うるおいを与える末路
フリーターの新しい魅力 あると重宝する稼ぐコツ
雇用形態を賢く使う 知らないと損するフリーターの働き方
 
フリーターの方が稼げるということについて書きました。私は過去にフリーターをしていたことがありましたが、フリーターは時間を投資すればするほど、お金にはなります。

 

また、アルバイトでもインセンティブ制を取り入れている会社がありました。アルバイトでも月収50万円を超えていたおばちゃんが在籍していた会社もありました。

 

私は元、経理部だったので、アルバイトがいくら稼いでいるのかわかる会社に就職していたことがありました。

 

実際、正社員よりアルバイトの方が稼いでいる人もいましたし、月収50万円を超える給料をフリーターをしながら、稼いでいるおばちゃんが何人かいました。だから、フリーターの方が稼げると言う話は間違いではないです。

関連

また、フリーターの方が稼げると言うのは工夫次第で、稼ぐことができます。深夜帯で働いたり、掛け持ちしたり、水商売をしたりして、フリーターの方が稼げるという環境を作ることもできます。

 

正社員の方が安定はしていますが、正社員は始業から定時までは最低限仕事しないといけないので、フリーターのように自由ではありません。

 

フリーターの自由をいつまでも、味わいたいなら、フリーターを続けてもいいでしょうし、安定した給料を手に入れたいなら、アルバイトをしながら正社員の転職活動をした方がいいでしょう。

 

将来的な視点で見たら、アルバイトより正社員の方が安定性で言えば正社員の方が待遇がはるかにいいです。フリーターを存分に味わったら正社員の転職を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ