無職

無職セール このチャンスにぜひアパートを借りられないでください

無職でアパートが借りれないことがありました。私は、無職、うつ病、発達障害、借金あり、持ち家ありの状況でした。

スポンサーリンク

CMで有名な不動産屋さんに行くと、無職、精神疾患のある方は、賃貸契約するのは難しいと言われたことがあります。

 

しかも、そのときは生活保護も受けていなかったので、生活保護を受けてから、また来てくださいと門前払いされたことがあります。

地元に密着している不動産屋さん

無職でアパートを借りれないとなったら、どうしたらいいのだろうか・・・。

と途方にくれていた時に、親戚に相談しました。すると、地元に密着している不動産屋さんを紹介されました。

 

不動産屋さんに行くと、そこは社長一人が経営していて、まるで自宅みたいな社長の住み家みたいな感じで散らかっていました。オフィスと言うのは、ほど遠い感じでした。

 

私は、無職、うつ病、発達障害、借金あり、持ち家あり、生活保護を受けていない状況ですが、賃貸契約したいと言いました。

同席していた親戚が連帯保証人、前払い家賃、仲介手数料の支払いをしてくれた

すると、生活保護を受ける前提ならいいということで、生活保護に理解のある大家さんの所有する物件を紹介されました。不動産屋さんから連帯保証人、前払い家賃、仲介手数料の支払いについて聞かれました。

スポンサーリンク

 

同席していた親戚がすべてしてくれました。

こうして、無職、うつ病、発達障害、借金ありの状態でしたが、一人暮らしすることができました。

自己破産するように言われた

一人暮らしをしてから、役所に行き生活保護の申請をしたら審査が通過しました。

その後、借金問題をどうするか弁護士に相談すると自己破産するように言われました。

 

管財事件として自己破産を申し立てました。持ち家は競売になりました。

家族は持ち家から出ていくことになりました。翌年、持ち家である競売物件は競落されて自己破産は終わりました。

小さな不動産屋さんに行くと以外と融通が利くことがある

▼関連記事▼
無職暮らしを応援します 賃貸の預貯金を厳選した審査

障害年金の申請を出したら審査が通過しました。

障害年金を受け取ることになったので、生活保護は廃止となりました。

 

現在は、障害年金を受給しながら、無職、うつ病、発達障害の精神障害者として生きています。

無職でアパートが借りられない不利な状況であっても、小さな不動産屋さんに行くと以外と融通が利くことがありますので、あきらめずに不動産屋さんを探すことをオススメします。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ