借金 体験談

究極の借金 体感温度がまるで違ってくる返せない

借金して返せない状態でした。住宅ローン滞納、カードローン滞納、クレジットカード滞納しました。借金を返すお金がなくて返せないようになりました。

スポンサーリンク

知り合いに相談したら、弁護士に相談するように言われました。

生活保護を申請

 

弁護士に相談すると、生活保護を検討するように言われました。

 

借金してしまった経緯など、役所に行って相談しましたら、世帯分離したら生活保護を申請できることを教えられました。

 

そして、持ち家から一人暮らしにすることになりました。

 

一人暮らしをするようになってから、生活保護の申請をしましたら、通りました。

持ち家は競売

役所から借金は債務整理するように言われました。

 

弁護士に相談に行くと自己破産しかないと言われました。

 

持ち家は競売になりました。

 

数ヵ月間家計簿を付けました。

 

自己破産を申し立てました。

 

破産管財人弁護士との面談もしました。

 

債権者集会も3回ほど出席しました。

 

自己破産を申し立ててから1年後くらいに持ち家が競売になりました。

 

そして、自己破産は終了しました。

スポンサーリンク

 

住宅ローンはなくなりました。

 

カードローンはなくなりました。

 

クレジットカードはなくなりました。

 

すべての返済義務から解放されました。

障害年金

借金返せない状況から脱出することができました。

 

借金は1000万円くらいありましたが、借金は返せない状態だったので、結局自己破産して債務整理することになりました。

 

私はうつ病、発達障害なので、障害年金の申請をしたら、通りました。

 

障害年金を受けることになったので、生活保護は廃止になりました。

 

今は障害年金を受給しながら、細々と賃貸で生きています。

まとめ

▼関連記事▼
家計を立て直すための借金 毎日使用する一本化
ドラマティックに借金してしまいそう 劇的な設計空間が1000万
見渡す限り借金 一度見れば忘れられないうつ病
目移りするほどの借金 これだけの品を集めるのは苦しい

1ヵ月に1回は心療内科に通院して、朝、昼、夜、寝る前の薬を飲んで寝ています。

 

うつ病なので、何もする気力がなく、働く気力がなく、生きる気力がなく、何もする楽しみもなく、ただ、漂うように生きているだけです。

 

借金は返せないで、自己破産して、うつ病になって、なんだか、生きる目標を見失って、何もしていない日々を送っています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ