アルバイト

わけありアルバイトにつき履歴書 珍しいメニューがお手頃価格で資格

アルバイトの面接をしたことがあります。過去に人事部に配属されて面接官になったことがあるからです。

スポンサーリンク

数々のアルバイトの履歴書を見てきて資格が必要かどうかなどを書いていきたいと思います。

仕事と関係ない資格も書いていいのかどうか

仕事とは関係ない資格も書いていいのかどうかですが、書いた方がいいです。

履歴書に書ける資格があるのであれば、空欄にするより書いた方がいいです。

 

本人が今までどのような勉強や努力してきたかを見れます。

仕事とは直接関係なくても資格欄を書くことで本人が努力して生きてきた証拠が見れます。資格は書きましょう。

仕事と関係無さそうな資格でも、どこかで役立つかもしれないです

仕事と関係ない資格を書くことで役立つ可能性はゼロではありません。

ひょっとしたら、資格を持っていることで、資格を活かせる部署に異動できる可能性もゼロではありません。

 

あの人はあの資格を持っているから、何か知っているかも・・・

と重宝される場面が出てくるかもしれません。資格を持っていることは社会に置いて強いです。履歴書に持っている資格を書きましょう。

職種に合った資格は絶対に書きましょう

特に職種に合った資格を取得しているのであれば、絶対に書きましょう。

書き惜しみする必要はありません。アルバイトは元気と勢いも大切ですが、職種に合った資格を取得していると言うことで、面接官の印象は全然変わります。

 

それだったら、採用したいと即決してくれるかもしれません。

職種に合った資格を持っていることは書類選考でも面接では非常に有利になります。

資格がない場合は

もし、資格がない場合は空欄でも問題ないです。

アルバイトの書類選考や面接で履歴書に完璧を求めません。

 

空欄であっても問題ありません。履歴書の写真の印象と学歴、職歴、志望動機を軽く読む程度なので、資格がないから、ダメだとあきらめず、どうどうと資格以外の概要をしっかり書けば大丈夫です。

2級以上の資格は記入しましょう

一般的に2級以上の資格を書きましょうと言われたことがあります。

たしかに、4級からある資格だったら、誰でも取れる、3級はちょっと勉強したら取れるみたいな、誰でも勉強したら取れるような安易な資格であれば、2級以上から書いた方がいいです。

 

特に面接官がその資格の難易度について詳しい人だったら、4級から書くか・・・って、印象が良くないケースも出てきます。2級以上であれば、ちょっとやそっと勉強したら取れるような等級ではありません。

 

資格を少ししか持っていないなら、書いてもいいと思います。

ただ、複数の資格を持っているのなら、2級以上の資格を書いておいた方が無難でしょう。

履歴書に書くべき資格かどうか迷う場合は全部書いてみる

履歴書に書くべき資格かどうか迷う場合は、いっそのこと全部書くこともありです。

等級が低いから資格として書けないと思うこともあるかもしれません。

 

持っている資格が少ないなら全部書いてしまいましょう。

 

履歴書に書ききれないくらい資格を持っているなら、等級が高い資格を優先に書いてしまってもいいでしょう。履歴書に資格か書けることは社会的にいい人材と思われがちなので、資格があれば積極的に書きましょう。

資格が多すぎて書ききれない場合は優先順位をつけて取捨選択しましょう

資格が多い場合は等級が高い順番に書けば問題ないです。

資格を持っている中で1級、2級、3級、4級があるようでしたら、1級、2級を優先して書けばいいです。

スポンサーリンク

 

3級、4級は書かなくてもいいです。

 

履歴書の見栄えも大切です。1級、2級と見せられたら、かなり勉強してきている、かなり努力してきていると言う感じで見えてしまうので、立派な資格であれば、遠慮なく等級が高い順番で資格を書いてしまいましょう。

パソコンで作成した履歴書を、嫌がる面接官もいるようですが

余談になりますが、パソコンで作成した履歴書を嫌がる面接官もいるようです。面接官として数々の履歴書を見てきましたが、履歴書は手書きで提出する人の方が圧倒的に多いです。

 

パソコンで作成した履歴書を提出する人は相当少ないです。パソコンで作成した履歴書を作る方が簡単です。パソコンに入力して印刷するだけでいいのですから、履歴書を作るうえで非常に効率的です。

 

ただ、面接官によっては、手抜きの履歴書と見られがちな部分はあります。ですから、書類選考や面接でパソコンで作成した履歴書を嫌がる面接官が見たら、それだけで落とされる可能性もゼロではありません。

 

履歴書は手書きと言う風習が根付いているように感じます。

 

私個人的には、パソコンで作成した履歴書を使うことはアリだと思います。実際にパソコンで作成した履歴書を提出してアルバイトから正社員に転職に成功したこともあります。

 

パソコンの履歴書を提出することで、この人はパソコンが使える人だと言うことをアピールできます。手書きだと字が下手な人だったりクセが強い人だったり、何を書いているのかわかりにくいと言う弱点があります。

 

パソコンで作成した履歴書でしたら、手抜き感はありますが読みやすいです。インターネットコンサルティングやホームページ作成会社など、インターネットやパソコンを多用するような業界、職種の応募に出すのであれば、パソコンで作成した履歴書を提出することもありだと思います。

 

逆にパソコンを使うことが、ほぼないような業界、職種であれば、手書きの履歴書を提出した方が無難でしょう。

まとめ

▼関連記事▼
心が震えるアルバイトがそこにある 感動のオーストラリア学んだこと
今がアルバイトまずは詳しい志望動機すぐに家から近いにしてください
私たちが選ぶ最適アルバイト 実際に試して分かった履歴書の志望動機

 
今回は私自身、人事部に配属されて面接官をしていた時、見ていたアルバイトの履歴書を見た場合の視点で書きました。資格を持っているなら書いた方がいいです。

 

資格がたくさんあるようでしたら、資格の等級が高い順番に描いた方がいいでしょう。職場に直接役に立たない資格であっても書いた方がいいでしょう。

 

資格を書いた方が本人が社会的に努力しようとしている姿勢が見えるからです。学生であっても社会人であっても履歴書に資格を書くことは社会に置いて有利です。

 

たとえ、会社に関係ない資格であっても努力を認めることはできます。資格は努力の証です。余談でパソコンで書く履歴書についても書きましたが、業界、職種によっては、パソコンで作成した履歴書を提出することもありでしょう。

 

逆にパソコンを明らかに使わない会社の応募であれば、手書きの履歴書の方が無難でしょう。ただ、自分の書く字にどうしても自信がない場合はパソコンで作成した履歴書の方がいいでしょう。

 

読みやすさをアピールすることも履歴書では大切です。そのうえで資格を持っているなら、なおよしです。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ