正社員

いつまで続くの正社員 寝苦しいバックレ 発散する体験談

正社員5年以上働いてバックレた私の体験談を書きます。役職は人事部の主任でした。

スポンサーリンク

従業員数300名くらいで人事部のトップが取締役部長でした。正社員5年以上働いてバックレた私の体験談を書いていきたいと思います。

上司、先輩、後輩、同僚がバタバタとバックレていく職場

金融業の人事部をしていました。ブラック企業です。業界のトップ5に入るほど、お客様から訴訟を起こされることが多いくらいブラックな営業をしていた会社でした。

 

上司は暴力を振るいます。先輩はお金を貸しても帰ってこないです。後輩は永遠と仕事をサボり続けます。同僚は告げ口ばかりして自分の権威を高めようとします。そのような悪循環な職場環境の中、上司、先輩、後輩、同僚がバタバタとバックレていく職場でした。

正社員でバックレたいと思った理由とは

私がバックレることになったキッカケは、上司、先輩、後輩、部下から、パワハラを受けていたことから始まります。

 

部下からパワハラを受けるっておかしいと思うかもしれませんが、仕事の指示をしても全然言うことを聞かないのです。むしろ、無視されて仕事を永遠とサボるのです。

 

部下が仕事をサボるものですから、私の教育不足だと言うことで、上司から責められ、先輩から責められ、同僚から呆れられみたいな感じで人間関係が腐敗していきました。もう、辞めたいと思っているところに、取締役部長から、お前は絶対に逃げることは許さないと言われました。私は、もうダメだなと思いました。

出勤するのが苦痛になってきてしまった

出勤するのがだんだんと苦痛になってきました。1日、1日を会社で過ごすのがとてつもなくストレスになってしまいました。もう、毎日が限界でした。

 

毎日、上司、先輩、後輩、同僚、部下からパワハラされる日々が続きました。上司からは永遠と部屋に閉じ込められて罵声を浴びせ続けさせられて、先輩からは、説教されて、後輩からは、呆れられて、部下は言うことを聞かないでサボり続けられ、毎日、生きているのが苦痛でたまりませんでした。そのような状況を半年間我慢し続けました。

賞与を最低ランクに下げられました

賞与は評価制になっています。私がパワハラを受けるまでは、最高ランクの賞与を支給され続けていました。ところが、私がパワハラの的になってから、上司、先輩、後輩、同僚、部下からの評価が一気にがた落ちになりました。

 

そして、賞与のランクを見ると一気に最低ランクまで下げられていました。私は、もう必要ない人材なのか、もう、終わったと思いました。なんだか会社にいるのが、ただでさえ苦痛なのに、それ以上に、追い詰めるのか・・・と思うとなんだか、会社にいること自体みじめになってきてしまいました。

苦痛な休日

休日になっても苦痛でたまりませんでした。賞与は最低ランクまで下げられ、上司からは毎日、罵声の嵐を受けます。先輩から毎日、飲みの席で説教されまくります。

 

後輩からは、呆れられてしまいます。部下からは見放されます。そのようなパワハラが続いていたので、休日も苦痛でした。休日になっても、おもしろくもなんともありません。むしろ、月曜日になることが恐怖をむかえる土曜日、日曜日をむかえるようになってしまいました。

そして自分もバックレました

そして、バックレようと決行した日の朝は早く出勤しました。人事部はずっと社内にいるので、カバンなどを持って出ることはできません。バックレてもいいように、いらないカバンを持って出勤しました。

 

そして、昼休みに、外にコンビニへ行くフリをして、そのまま自宅に帰りました。もう、バックレている間は気が狂いそうでした。もう、何もかもから解放されるのか、それとも追いかけまわされるのかと・・・。これからの恐怖心でいっぱいでした。

正社員でバックレると電話が鳴り止まないです

バックレて1時間後くらいに電話が鳴りやまない日々が続きました。着信履歴が会社ばかりと言うエグイ状態になりました。

 

バックレられた時も私は人事部で特に営業部のバックレが多かったので、何度も電話をし続けたことが数えきれないくらいあります。営業部のバックレされて電話に出られた試しがありません。私もまさにバックレてしまい、今度は電話が鳴り止まない状態に追い詰められました。

正社員のバックレは無断欠勤と同じ

私は就業規則で事前に確認していました。無断欠勤が3日以上続くと雇用解除になると言うことが書かれているのを知っていました。

 

だから、3日間、携帯電話や自宅の電話が鳴り止まない状態を、じっと耐え続けました。ところが、3日以上経過しても、毎日、会社から電話が鳴り続けるのです。手紙が切手なしで届いていたりして、ゾッとしました。自宅まで訪問されているとは、思いもしませんでした。

会社の近所の喫茶店で退職手続きをしました

1週間経過してから、電話に出ました。すると、取締役部長からの電話でした。とにかく、退職手続きをしないと、ダメだから退職手続きにきてほしいと言われました。

 

私はもう、限界です・・・。

 

と言ったら、そしたら、会社ではなく、近くの喫茶店でもいいから、とにかく来て欲しい、退職金も出すからと言われて、渋々、行くことにしました。退職金はどうでもいいから、もう誰とも関わりたくないと思い続けていました。

 

そして、もう、ヒゲを1週間剃っていない状態で顔を出すことにしました。取締役部長と外で待ち合わせして、喫茶店に入りました。

 

そうすると、取締役部長は静かに退職手続きの書類を出してくれました。そして、黙々と退職願、退職手続きに関する書類にすべて記入しました。取締役部長からは、一切怒られませんでした。もう、何もかもお見通しといったような感じで穏やかな感じの対応をされました。

正社員をバックレしたら有給休暇の消化ができなくてもったいないです

ただ、有給消化はさせてくれませんでした。有給休暇15日以上残っていましたが、バックレた当日が最終退職日となりました。私は、有給休暇の消化ができないことが、もったいないというか、惜しいことをしてしまったと、少し後悔しました。

 

有給休暇の書類をもらっておくべきだったと後々になって思いました。バックレることにだけ集中していたので、有給休暇を消化すると言った発想の余裕がありませんでした。後々になって後悔しました。

正社員をバックレると、いつまでも罪悪感が残ってしまう

正社員をバックレると、いつまでも罪悪感を引きずってしまいます。会社のことが夢にまで出てきたりすることもありました。イヤな感覚をずっと引きずり続けることになりました。

 

なんだか、背後に暗黒の悪魔が取りついたようなイヤな感じです。5年以上働いた正社員をバックレたのですから、会社に多大なる迷惑をかけたことは言うまでもありませんが、とにかくバックレることは心身の健康にも多大なる悪影響を及ぼしました。

スポンサーリンク

正社員をバックレましたが、退職金、離職票の発行はされました

正社員をバックレましたが、取締役部長に退職願、退職に関する手続書類をすべて記入して提出しました。その後、退職金は振り込まれました。

 

何かを差し引かれた金額ではありませんでした。就業規則通りの金額が支給されました。また、離職票も郵送されてきました。ただ、自己都合退職になっていました。正社員をバックレたら自己都合退職と言うようにみなされるようです。こればかりは仕方ないと思いました。

正社員をバックレした当日から無職。就職活動で不利になる

正社員をバックレした当日から無職なので、その後の就職活動には、随分苦労しました。転職活動だったら、まだ正社員の可能性があったのですが、就職活動で退職理由を聞かれてもバックレとは言うことができません。

 

急に5年以上働いている会社をポッカリ辞めてしまっているのですから、面接する側からしても、何かあったと言うように察知されて、全然採用されませんでした。結局、派遣社員の登録をして、派遣社員として生き続けることになりました。

正社員をバックレたいなら、まずは有給休暇を使って休みましょう

正社員をバックレた私の体験談から書きたいことですが・・・。正社員をバックレたいなら、まずは有給休暇を使いましょう。できるなら、完全に消化してしまってもかまいません。

 

突然、有給休暇を全日使うと怪しまれるかもしれませんが、正社員をバックレる覚悟があるのであれば、有給休暇を提出しましょう。そして、有給休暇消化最終日の翌日の出勤はせずにバックレると言う方法もあります。

 

ただ、会社によっては、退職後にもらえるはずの必要書類がもらえなかったり、離職票の発行をしてくれなかったり、退職金が支給されなかったりする可能性もあります。今まで書いたことはあくまで、私の体験談がベースになっているので、全部、その通りになるとは限りません。

 

最悪、退職手続きがされないまま、いつまでも、休職扱いになってしまう可能性も想定しておきましょう。

正社員をバックレても、退職の手続きを郵送で済ませる事は可能です

後々になって冷静に考えてみると、退職に関する手続書類をすべて持ち帰って、そのまま郵送することもできなくはありません。普通に考えて退職願さえ提出すれば、退職できます。

 

会社によっては、退職願以外の書類の記入が強制されている会社もあります。正社員をバックレる前は、退職願以外に何が必要なのが探りを入れておくのが大切です。

 

私は人事部だったので、退職願以外に必要な書類は全部知っていました。だから、すべてのフォーマットを持って帰ったらよかったと後々になって後悔しています。

正社員のバックレはリスクが大きいです。よく考えてから退職しましょう。

正社員をバックレてから5年後にその会社は倒産しました。よくよく考えたら、正社員をバックレたリスクは思った以上に大きかったです。

 

有給休暇を残したままでしたし、倒産した今でも罪悪感を引きずっていますし、いいことは何もありません。正社員のバックレは個人的には、オススメできません。

 

もし、退職をまともに取り合ってもらえない会社であれば、退職代行サービス(【退職代行ガーディアン】)を使って辞める方が、マシです。私の時は、まだ退職代行サービスがなかったので、今となっては、その時に、退職代行サービスがあれば、使っていただろうと思います。

正社員のバックレ後の見えない未来が怖いです

正社員をバックレた後の見えない未来が怖いです。私は正社員をバックレてしまったことで、就職活動に大きく障害をもたらしました。突然、正社員から無職になって就職活動をしても、応募先企業に信用されるどころか、何かあって、急に辞めたのだと思われてしまい、100社近く応募しましたが、全部不採用でした。

 

数ヵ月後に派遣社員の登録をして、派遣先を紹介してもらい、派遣社員として働くことになりました。その後、他社で正社員に再び返り咲くまで10年くらいかかりました。

 

とても、長い道のりでした。正社員をバックレした後の未来が見えないのであれば、バックレは辞めた方がいいです。バックレした後の未来が見えること、例えば、転職先がすでに決まっていたりするのであれば、バックレしても自分の身の支障はないでしょう。

 

ただし、会社に多大なる迷惑をかけてしまいますし、罪悪感を引きずってしまうので、先が見える見えない関わらず、正社員のバックレはオススメしません。

まとめ

▼関連記事▼
疲れたココロの正社員 退職を与えてくれる癒しグッズ何日前
正社員をバックレしたその後の末路
正社員で飛ぶことによるリスクとは
 
正社員5年以上働いてバックレた私の体験談を書きました。結論は正社員のバックレはオススメしません。もし、正社員のバックレをしたいなら、退職代行サービス(【退職代行ガーディアン】)を使った方がマシです。

 

もしくは、有給休暇を全部消化してしまって、有給消化最終日に合わせて退職手続きに関する書類を会社に届くようにする方法もあります。ただ、正社員をバックレることにつながるので、あまり強引な退職はオススメできません。心身に余計な負担をかけてしまいます。

 

正社員をバックレると言うことを考えるより、心と身体のどちらかが元気なうちは、人生どうにでもなります。正社員をバックレたくなったら、冷静になって転職先を見つけるところから始められた方がいいでしょう。正社員のバックレはデメリットしかありません。

 

メリットは何一つありません。ここまで、すべて読んでいただいた方には、伝わったかと思います。正社員のバックレには、何一つとしてメリットがないことを・・・。

 

正社員をバックレた当日から無職になってしまい、転職活動ではなく、就職活動になってしまいますので、次の就職先を決めるのに、大きなデメリットを残すことになってしまいます。正社員をバックレするなら、有給休暇をうまく利用しながら、転職活動(転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。)をすることをオススメします。

スポンサーリンク
 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ