復縁

幻の復縁についニッコリ どうでもよくなったと思ったら吉日

復縁どうでもよくなったと思ったら復縁になった男です。好きな異性と付き合ったことがなく、彼女いない歴20年以上の私です。

スポンサーリンク

付き合って、別れて、1年くらい友達みたいな関係が続いていたのですが、同時に体の関係も何となく続けていたら、異性から告白されて復縁したことがあります。

 

復縁することはどうでもよくなった気持ちがあったのですが、復縁してしまったことがありますので、復縁について書いていきたいと思います。

目次

復縁どうでもよくなった、あまりにも長く音信不通な状態が続いたときなど

復縁がどうでもよくなった、あまりにも長く音信不通な状態が続いたときは、復縁はどうでもよくなります。

 

音信不通な状態になったら、誰でも復縁がどうでもよくなってしまうことは当たり前です。脈なしと思ってしまいます。音信不通は興味がないことへのサインだと受け取ってもいいでしょう。

復縁どうでもよくなった、他に集中したいことができたときなど

復縁がどうでもよくなったこと、他に集中したいことができたときは、復縁はどうでもよくなってしまいます。他のことがしたくなったら、復縁なんてどうでもいいと思います。

 

復縁だけが人生ではありません。復縁は簡単ではないですし、ややこしいものですし、他に集中したいことがあったら、やりたいことに目を向けた方が一番健康的です。

復縁どうでもよくなった、仕事が忙しくて余裕がないときなど

復縁道でもよくなったのは、仕事が忙しくて余裕がないときは、復縁はどうでもいいと思ってしまうでしょう。

 

仕事があって今の人生があるのですから、復縁してやり直すことを考えることよりも、仕事をがんばって人生を立て直す方が大切です。復縁よりも仕事が優先だと思ったら、復縁はどうでもよくなります。

復縁どうでもよくなった、一向に関係が進展しないときなど

復縁がどうでもよくなったこと、一向に関係が進展しないときは、復縁はどうでもいいと思ってしまいます。いくら、がんばっても関係が進展しないなら、復縁はどうでもよくなって、あきらめてしまうでしょう。

 

復縁は簡単ではありませんし、復縁をするなら新しい恋愛に目を向けた方が簡単です。復縁は難しいですが、新しい恋愛をする方が簡単です。

復縁どうでもよくなった、プライベートが充実しているときなど

復縁がどうでもよくなったことに、プライベートが充実しているときがあります。復縁よりプライベートが充実してきたら、復縁はどうでもよくなってきます。

 

プライベートが充実して復縁がどうでもよくなることはいいことです。未練を持って復縁を望むよりプライベートが充実して活き活きと生きている方が大切なことです。

復縁どうでもよくなった、振られたときなど

復縁がどうでもよくなったことで、振られた時があります。復縁しようと思って、再び告白するも振られてしまったら、もう脈はないと思って復縁はどうでもよくなってしまうでしょう。

 

復縁だけが人生ではありませんし、他にフリーの異性は探せば山ほどいます。わざわざ復縁にしがみつかなくても、新しい恋愛に目を向けた方が楽で簡単です。

復縁どうでもよくなった、友達に囲まれている時など

復縁がどうでもよくなったことで、友達に囲まれているときに、復縁はどうでもよくなることがあります。友達がたくさんいることで、復縁がどうでもよくなることはいいことです。

 

復縁は複雑ですし、簡単ではないですし、復縁したところで幸せになるとは限りません。復縁は一度、関係が破綻した物を復活させるものです。復縁がどうでもよくなったと思ったら、素直に友達と遊んでいる方がいいでしょう。

復縁どうでもよくなった、新しく好きな人ができたときなど

復縁がどうでもよくなったことで、新しく好きな人ができたとき、復縁はどうでもよくなったと思うでしょう。これは、当然のことだと思います。新しく好きな人ができたら、復縁よりも可能性があります。

 

復縁は複雑で難しいです。一度、関係が破綻しているので、それを修復することに時間を使うより、新しく好きな人が出来たら、心機一転、新しい恋愛に目を向けた方が楽しいですし、気持ちの上でも楽です。

復縁どうでもよくなった、他に、いいな、と思える人ができたときなど

復縁がどうでもよくなったことで、他にいいなと思える人ができたときは、復縁はどうでもいいと思ってしまいます。復縁に執着を持つよりも他にいいなと思える人ができたことの方が健康な考え方です。

 

復縁は関係が一度破綻してしまったものを再び修復することです。復縁をのぞむこともいいですが、むしろ、経験の幅を広げる意味では、他にいいなと思える人が出てきたら、そのいいなと思える人に向けてアピールしていく方向に力を使った方がいいでしょう。

復縁どうでもよくなった、趣味が楽しくなったときなど

復縁がどうでもよくなったこと、趣味が楽しくなったことで、復縁がどうでもよくなることがあります。趣味が楽しくなったことで、復縁がどうでもよくなったことは健康な考え方だと思います。

スポンサーリンク

 

復縁はややこしいですし、難しいです。一度、破綻した関係を再び修復するのは簡単な事ではありません。むしろ、趣味が楽しくなったのでしたら、楽しいことに時間を使った方が人生が充実してきます。

復縁どうでもよくなった、何をしても元異性の態度が変わらないときなど

復縁がどうでもよくなったこと、何をしても元異性の態度が変わらないときなど、復縁がどうでもいいと感じてしまうでしょう。何をしても元彼女、元彼が変わらないとなると、復縁を望んでも無駄でしょう。

 

むしろ、新しい恋愛に目を向けた方が健康的です。やり直すということは、簡単なことではありません。復縁は一度破綻した関係を修復することです。簡単ではありません。元異性の態度が変わらないのであれば、復縁はあきらめて新しい恋愛に目を向けましょう。

復縁どうでもよくなった、過去の浮気が発覚したときなど

復縁がどうでもよくなったこと、過去の浮気が発覚したときなど、復縁がどうでもよくなったと思って当然でしょう。

 

別れたあとに実は浮気をしていたという事実が発覚して、復縁することがどうでもよくなったことはいいことだと思います。浮気していた人間は、また浮気を繰り返します。一度、浮気をしてしまった人と復縁する必要などありません。

復縁どうでもよくなった、仕事など、しなくてはいけないことが山盛りで多忙なときなど

復縁がどうでもよくなったこと、仕事など、しなくてはいけないことが山盛りで多忙なときは、復縁どころではないでしょう。

 

仕事、しなくてはいけないことが山盛り、多忙となれば、復縁どころではないでしょう。第一優先は、仕事、そして、しなくてはいけないこと、復縁は二の次、三の次でいいものです。

 

復縁は人生で必要なものでもなんでもありません。復縁がなくても生きていけます。仕事やしなくてはいけないことが沢山出てきたら、復縁の事は忘れてしまって、仕事やしなくてはいけないことに集中した方が健康的です。

復縁どうでもよくなった、新しい異性ができたと知ったときなど

復縁、どうでもよくなったこと、新しい異性が出来たと知った時など、復縁する気持ちが一気に冷めてしまうでしょう。復縁したい相手に新しい恋愛が出来たと知ってしまったら、復縁の必要性がなくなってしまいます。

 

別れるのを待つより、新しい恋愛に目を向けた方がいいでそう。元彼女、元彼が新しい恋愛に目を向けているなら、自分も以前の恋愛にしがみついて復縁を望むより新しい恋愛に目を向けた方が健康的でしょう。

復縁どうでもよくなった、元異性以外の異性を好きになりかけたときなど

復縁がどうでもよくなった、元彼、元彼女以外の異性を好きになりかけたとき、復縁はどうでもよくなるでしょう。むしろ、新しい恋愛に目を向けた方が健康的です。復縁は簡単ではないです。

 

お互いのいいところ、良くない所を知っていますし、何かの拍子で関係が破綻しているのですから、その古い関係に目を向けるより新しい恋愛に目を向けた方が経験の幅を広げる意味でもいいでしょう。

 

新しい異性を好きになりかけたら、好きになりかけた気持ちを大切にして復縁のことを考えるのはやめてしまいましょう。

復縁どうでもよくなった、自分ががんばらなくても元異性、元彼、元彼女は戻って来てくれるときなど

復縁がどうでもよくなったこと、自分ががんばらなくても、元彼、元彼女は戻ってきてくれるときは、復縁はどうでもいいと思うでしょう。

 

戻ってきてくれるなら、復縁成功です。復縁出来たらできたで、それはそれで、めでたいことです。復縁が成功したら、次は破綻せずに、復縁した関係をいつまでも大切にしましょう。

 

復縁は簡単ではないですし、難しい物です。自分ががんばらなくても、元彼、元彼女が戻ってきてくれるなら、それはそれで受け入れてあげてもいいでしょう。

まとめ

▼関連記事▼
朝のゆったりした復縁を過ごす リラックスできる前兆
熱い涙が止まらなくなる音信不通 復縁がどうでもよくなった思い出
胸にしみる復縁 大切な方は心からめんどくさくなってきた

彼女いない歴20年以上、復縁どうでもよくなったと思ったら復縁になった男が書きました。復縁は難しいと思っています。私は好きでもない異性と付き合って、好きでもないから、別れたのですが・・・。

 

そのあとも、何となく会ったり、なんとなく体の関係をダラダラ続けていたら、相手からやり直そうと言われたことがあります。

 

好きでもないのに、関係をダラダラ続けてしまって、これだったら、恋愛していることとあまり変わらないと相手に思われたのかも知れません。

 

私も体目あてな部分があったのですが、それでも、彼女は受け入れてくれて復縁に至ったことはあります。でも、結局、私が浮気をしてしまったことで、再び別れることになりました。

 

復縁したからといって、幸せが待っているとは限りません。復縁は古い縁です。古い縁について、復縁を望むことが幸せなのか、新しい恋愛に目を向けた方が幸せな事なのか、立ち止まって冷静になって考えてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ