アルバイト

アルバイトの面接は15分前くらいに来たほうがいいか

アルバイトの面接は15分前くらいには、アルバイト先の近辺についておいた方がいいです。入るのも15分前でもいいです。

スポンサーリンク

10分前、5分前でもいいです。特に15分前と定められているわけではありません。

15分前くらいでも問題ない

余裕を持って面接を受けたいのであれば、15分前にアルバイト先に到着しておいて、雰囲気をチェックしながら面接時間を待つのもいいでしょう。

 

私は人事部で働いていた時、30分前に面接に来る方もいらっしゃいました。

 

さすがに早いですけど、30分待ってもらっていました。

 

他にも20分前、15分前、10分前、5分前、ちょうどに来られる方とか、いろんな方がいらっしゃいました。30分前、20分前は早すぎますが、15分前くらいでも問題ないです。

遅刻を防げる

その代わり、面接が始まるまで暇だとは思います。

 

初めてのアルバイト先になるので、雰囲気などチェックする時間が欲しいのであれば、15分前に来ることもオススメです。

 

私も面接に行く場合、会社の近辺に30分前くらいに着くようにしています。そうすることで、遅刻を防げるからです。

スポンサーリンク

どのような雰囲気の町なのかをチェック

面接に遅刻することは一番致命的なので、それを回避するために早めに到着するようにしています。

 

また、新しい職場になるかもしれない場所なので、近辺にどのようなお店があるか、どのような雰囲気の町なのかをチェックします。

 

交通の便がいいかどうかなど、いろいろチェックしたうえで、だいたい10分前くらいになったら、面接する会社に行くようにしています。

15分前に到着しておいて、雰囲気に慣れて面接に挑むことも大切

▼関連記事▼
締め切り迫る まだアルバイトしていないなら今すぐ面接、何分前
 
15分前でもいいですし、10分前でもいいです。遅刻さえしなければ、多少早めでも問題ないです。

 

アルバイト先からしたら、面接時間までちょっと待っててくださいと言われるのが、ほとんどなので、いつも面接になったら緊張してしまう方は、雰囲気に慣れて落ち着く時間も必要だと思います。

 

面接で緊張してしまう人は、15分前に到着しておいて、雰囲気に慣れて面接に挑むことも大切かと思います。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ