アルバイト

強い日差しもなんのそのアルバイトで志望動機の生活費の足し

アルバイトの志望動機、生活費の足しにするでも充分行けます。

スポンサーリンク

私自身、派遣社員とアルバイトを掛け持ちしていた時、生活費を稼ぎたいからという理由でアルバイトをしたことがあります。

土日祝はアルバイト

派遣社員の給料だけでは生活が苦しかったので、掛け持ちでアルバイトをしていたことがあります。

 

生活費の足しにするためです。

 

アルバイト先には平日は派遣社員で働くので、休日の土日祝しか働けないことは了承してもらいました。平日は派遣社員で働きました。土日祝はアルバイトしました。

派遣社員は福利厚生が充実

アルバイトのおかげで生活費の足しにすることができました。

 

派遣社員とアルバイトで月収35万円くらい稼いでいました。

 

アルバイトのお金で12~15万円くらい稼いでいました。派遣社員よりアルバイトの方が時給がよかったからです。だったら、派遣社員ではなくアルバイトしたらいいかというとそういうわけにはいきませんでした。派遣社員は福利厚生が充実しています。健康保険、厚生年金、雇用保険に加入することができます。

アルバイトの面接で志望動機を生活費の足しにするというのは十分通用する理由

アルバイトは、基本的に入れないからです。

スポンサーリンク

 

ただ、派遣社員では通勤手当が出ていませんでしたが、アルバイトは通勤手当が出ていました。

 

派遣社員の手取りが良くても通勤手当が出ていないので、交通費が差し引かれたのが手取りになってしまいます。アルバイトのおかげで生活費の足しになりました。アルバイトの面接で志望動機を生活費の足しにするというのは十分通用する理由だと考えます。

生活費の足しにしたいとか、普通にお金を稼ぎたいでも十分通用する理由

▼関連記事▼
ファミリー客が喜ぶアルバイト 志望動機と一緒に体験できる生活費
 
アルバイトはそもそもお金を稼ぐためにあるような雇用形態です。

 

生活費の足しにしたいとか、普通にお金を稼ぎたいでも十分通用する理由だと思います。アルバイトがなかったら生活費の足しにできずに、いつまでも派遣社員だけで苦しんでいたと思います。

 

派遣社員に加えてアルバイトが出来たから生活費の足しにできたのです。今では派遣社員もアルバイトもしていませんが、あのときは、本当に充実した日々を送っていました。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ