アルバイト

心の琴線に触れるアルバイト本当に大切なのは思いやりある辞める理由

アルバイトを辞める理由はなんでもいいです。学生であれば、勉強に専念したいとか部活やサークル活動や就職活動が忙しくなったでもいいです。

スポンサーリンク

学生ではなくても、家庭の事情ができてしまった、引っ越しすることになったから辞めることになったでもいいです。理由は正直に答えてしまっても問題ないです。無難な回答であれば、家庭事情と言ったところでしょうか。

アルバイトを辞める理由を伝えるタイミング


アルバイトを辞める理由を伝えるタイミングは、なるべく忙しくない時間帯がいいです。

 

ですが、ずっと忙しい時間帯にしかシフトが入っていないのであれば、アルバイトの退社時間に、

 

ちょっとだけお時間いいですか。

 

と責任者の方に時間をもらってアルバイトを辞める理由を伝えるのも一つの方法です。

 

アルバイトを辞める理由を伝えるタイミングは極論言えばいつでもいいです。

アルバイトを辞める理由を伝える相手とは

アルバイトを辞める理由を伝える相手は、責任者です。

 

現場には正社員もしくは管理職の責任者がいる場合が多いです。

 

もし、わからなければ、正社員の方にアルバイトを辞めるには誰に伝えたらいいか聞くと、誰に伝えたらいいか教えてくれます。

1ヵ月前までになるべく伝えることです

アルバイトを辞める理由を伝えるには、なるべく1ヵ月前に伝えた方がいいです。

 

引継ぎや次のアルバイトの応募を出す時間を考えたら、1ヵ月はほしいところです。

 

責任者の方に1ヵ月も期間があれば、アルバイトを辞める理由がどんな理由であっても通ると思います。

法律上は2週間前までに言えばいいです

法律では2週間前までに言えばいいです。

 

1ヵ月と書きましたが、あくまで引継ぎやアルバイトの募集の猶予を考えるとそれくらいあれば、アルバイト先にとっても都合がいいと考えられる期間です。

 

どうしても、1ヵ月前に伝えにくい場合は、2週間の間隔を空けてアルバイトを辞めたい理由を伝えるのもありです。

 

アルバイト先によっては、伝えにくい空気もあると思います。それを考慮しても法律の2週間前にはアルバイトを辞める理由を伝えましょう

アルバイトを辞める理由を伝える手段

アルバイトを辞める理由を伝える手段は直接、責任者の方に口頭で伝えた方がいいです。

 

電話やメールなど伝える方法がありますけど、あまりオススメしません。

 

アルバイトを辞める理由は、面と向かってハッキリと伝えた方がいいです。その方がお互いに気まずくならずにすみます。

アルバイトに入ってすぐだけど、辞めたいときは

アルバイトに入ったけど、すぐに辞めたいときは、責任者に、すぐに辞めたいことを伝えましょう。

 

法律上では2週間前ですが、それまで待っていられない、とにかくすぐに辞めたい場合は、家庭事情によりすぐに辞めないといけなくなったなど、どうしてもすぐに辞めないといけないような理由を言ってアルバイトを辞めましょう。

アルバイトを辞める理由を伝えたけど、引きとめられた・・・けど絶対に辞めたい場合

アルバイトを辞める理由を伝えたけど、引きとめられた、けど、絶対に辞めたいときは、何度も、それでも、辞めたい、アルバイトを辞めたいと、二度、三度と再三に渡って伝え続けましょう。

 

アルバイトを辞める理由が何であっても、引きとめられる場合があります。

 

そういう時は、とにかくアルバイトを辞めないと絶対に辞めたい理由をはっきり伝え続けましょう。

アルバイトの人が少なくてアルバイトを辞める理由を伝えづらい・・・けど辞めたい場合

アルバイトの人が少なくてアルバイトを辞める理由をそもそも伝えづらい、けど辞めたい場合があると思います。

 

けど、アルバイトを辞めたいのであれば、理由を伝えて辞めましょう。アルバイト先の会社も人が少ないからと言って、アルバイトを辞めたいと言う人を無理に引きとめることはできません。

スポンサーリンク

 

ただ、人が少なくてアルバイトを辞める理由を伝える以前に、アルバイトを辞める理由を伝えるタイミングとしては、1ヵ月前、最低でも2週間前までには伝えましょう。

 

あまり切羽詰まった期間だと辞めにくいので、人が少なくて辞めにくいのであれば、1ヵ月前、最低でも2週間前までにはアルバイトを辞める理由を伝えましょう。

アルバイトを辞める理由はしっかり考えないと後悔する

アルバイトを辞める理由はしっかり考えないと後悔する場合があります。

 

アルバイトを辞める理由は曖昧にせずに、しっかり伝えましょう。単純にアルバイトを辞めたいだけでもいいのですが、なんで?って聞かれた時の理由も考えておきましょう。

 

例えば、他社のアルバイトに内定をもらったとか、家庭事情とか、学生であれば、勉強に専念したいとか部活やサークル活動や就職活動が忙しくなったから、辞めざるを得なくなったでもいいです。

 

とにかく、アルバイトを辞める理由はしっかり考えて伝えないと後で後悔することもあります。後悔を残さないためにも、しっかり伝える心構えでのぞみましょう。

アルバイトを辞める理由を伝える時も誠意を忘れないようにしましょう

アルバイトを辞める理由を伝える時も、無為に突き放すように言うのではなく、謝罪と感謝の言葉を入れましょう。

 

例えば、

 

大変申し訳ないのですが、家庭事情によりアルバイトを辞めたいのです。よろしいでしょうか?

 

アルバイトの責任者「わかった」

 

ありがとうございます。今までお世話になりましてありがとうございます。

 

など、謝罪と感謝の言葉を伝えることでアルバイト先の責任者へ誠意を伝えることができます。しっかり、誠意を伝えましょう。

アルバイトを辞める理由は家庭事情が最も無難


アルバイトを辞める理由は、家庭事情が最も無難だと考えます。学生であっても、学生以外の方であっても、家庭事情と言われたら、家庭事情に踏み込めないからです。

 

わざわざ家庭事情に踏み込んでくる責任者はいません。アルバイトを辞める理由で無難で突っ込まれない理由は家庭事情です。

 

家庭事情と伝えて、謝罪と感謝の言葉で誠意を伝えたら問題ないです。

まとめ

▼関連記事▼
心が震えるアルバイトがそこにある 感動のオーストラリア学んだこと
バイトを辞める理由に合わない 目で楽しむのもいい
アルバイトを辞める理由にフリーターは濃厚な甘さ
バイトを即日辞める 自分磨きってこんなに楽しい
 
アルバイトを辞める理由について、元人事担当者の視点で書きました。

 

アルバイトを辞める理由については、学生であれば、勉強に専念したいとか部活やサークル活動や就職活動が忙しくなったでもいいです。学生ではない方は、家庭の事情ができてしまった、引っ越しすることになったから辞めることになったなどで大丈夫です。

 

今まで書いてきた以外の理由で正直に答えてしまっても問題ないです。ただ、最後に書いた家庭事情が無難なアルバイトを辞める理由と言ったところでしょうか。アルバイトを辞める時期については、1ヵ月前、遅くとも2週間前に伝えましょう。

 

1週間前、前日、当日に、いきなりアルバイトを辞める理由を伝えるのはやめましょう。アルバイト先に迷惑がかかるだけです。アルバイトを辞める理由を伝えるときは、謝罪と感謝の言葉を入れて誠意を見せましょう。

 

アルバイト先によっては、正直な理由では、まかり通らない会社もあります。そういった場合は、家庭事情と理由を伝えて、1ヵ月、もしくは、2週間前に伝えて、アルバイトを辞めましょう。

 

円満に辞めることを考えることもアルバイト先への誠意を見せることにもつながります。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

岡星 陽士

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ