アルバイト

心が震える感動のアルバイト ひとときのつながりを大切にする辞め方

アルバイトの辞め方は、責任者に直接、口頭で伝えるだけで大丈夫です。退職届など、記入書類必要があるのであれば、教えてくれます。

スポンサーリンク

またアルバイトを辞めることを周りの方に伝えるタイミングをどうすればいいかも相談すれば教えてくれます。すべては責任者の言うとおりに従いましょう。

目次

退職の意思は責任者に言いましょう

退職の意思は責任者に言いましょう。明確な責任者がわからなかったら、周りにいる正社員に聞いてみましょう。

 

アルバイトを辞めるには、誰に言えばいいですか?

 

と直接聞いてみましょう。

 

そうすると、誰にアルバイトを辞めることを伝えたらいいか教えてくれます。誰に伝えたらいいかわからない場合、周りのアルバイトの方に聞くのは極力控えましょう。聞くなら正社員に聞きましょう。

アルバイトを辞める1ヵ月前までに伝えましょう

引継ぎや次の人材の募集などを考えるとアルバイトを辞めるのは1ヵ月前までに伝えるのが社会人としてのマナーです。

 

アルバイト先によっては、急に辞められたら困る会社もあります。

 

会社によっては、アルバイト一人辞めるだけで大きく業績に関わることもあります。引継ぎや、次のアルバイトの応募などの時間を考えたら1ヵ月前が妥当でしょう。

法律上は2週間前までに伝えたらいいことにはなっている

一応、法律上ではアルバイトを辞める意思については2週間前までに伝えたらいいことになっています。

 

1ヵ月以上前から辞める意思が固まっていれば1ヵ月前に言えばいいですが、1ヵ月以内、2週間前までアルバイトを辞める意思が固まらなかったり、急に辞めることになってしまった場合、遅くとも2週間前までに責任者に伝えましょう。

 

2週間前までに伝えれば、そんなに大きな支障はありません。

入ってすぐだけど、すぐアルバイトを辞めたい場合

入ったけど、すぐにアルバイトを辞めたい場合は、素直にすぐにアルバイトを辞めたいといいましょう。

 

入ってからすぐだと、仕事もそんなに教えてもらっていない状態ですし、引継ぎも必要ないと考えます。

 

ただ、アルバイト先によっては、いきなり辞められたら困ると言うこともありますから、そこは責任者と要相談になります。

 

入って面接と言っていることがあまりにも違う場合は、責任者と抗議してもいいでしょう。喧嘩にならないように穏やかに話し合いしましょう。

引きとめられたけど、絶対にアルバイトを辞めたい場合

引きとめられたけど、絶対にアルバイトを辞めたい場合は、普通に辞めたらいいです。

 

引きとめられたことはありがたいですけど、自分には他にやりたいことがあるので、とか、他のアルバイト先が決まりましたとか、どうしようもない理由を伝えて辞めたらいいです。

 

引きとめられたから辞めれないということはありません。引きとめられても辞めることはできますので、引きとめにあっても断固としてアルバイトを辞めましょう。

人が少なくて辞めづらいけどアルバイトを辞めたい場合

人が少なくて辞めづらいけど、アルバイトを辞めたい場合は、1ヵ月後には辞めたと言うことを伝えましょう。

 

1ヵ月もあれば、引継ぎの期間、次の人材の確保までの時間としては十分です。人が少なくて辞めづらい場面は、あると思います。

 

そういった場合は期間を取ってアルバイトを辞めたいと言えば、責任者が現場をなんとかしてくれるでしょう。

アルバイトを辞める意思は直接あって伝えましょう

アルバイトを辞める意思は直接、あって伝えましょう。責任者に直接口頭で伝えましょう。

 

電話やメールでもいいのですが、あって直接伝えた方が気まずさが残らないです。変に電話やメールで伝えると後々気まずさが残ってしまい、アルバイトを辞めるまでの期間、イヤな思いをしてしまうこともあります。

 

スッパリ、責任者にアルバイトを辞めたいと口頭で伝えましょう。

アルバイトを辞める前に確認、やっておくこと

アルバイトを辞める前に確認しておきたいことを紹介します。

 

アルバイトを辞めることを責任者に伝えた後に、アルバイトを辞める手続きについて確認しましょう。

 

大切なことです。アルバイトを速やかに辞めるのに以下のことを確認しておくとスムーズに辞めることができます。

退職届が必要か不要かの確認をしましょう

アルバイト先によっては、退職届が必要な場合があります。

 

退職届はアルバイト先が見本を用意してくれるのか、それとも自分で書き方を調べて書いた方がいいのか、会社指定の退職届のフォーマットがあるのかどうかなど、事前に聞いてみましょう。

引き継ぎ先と、引き継ぎにかかるスケジュールとは

アルバイトを辞めるとなったら、引継ぎが必要になります。

 

引継ぎにかかるスケジュールを責任者と一緒に考えましょう。

 

引継ぎは業務上大切なことです。アルバイトでも責任ある仕事を任されていたら、引継ぎすることも仕事の内の一つです。

まわりのスタッフへいつ言えばいいでしょう

まわりのスタッフにアルバイトを辞めることをいつ言えばいいかについて、責任者に確認をとりましょう。

 

すぐに言わなくていいと言われたら、すぐに言うのは控えましょう。

 

責任者に周りのスタッフに伝えるタイミングについては、教えてくれるので、責任者の言うことに従いましょう。

最終のアルバイト代の受け取りについて

最終のアルバイトの代の受け取りは手渡しか、振り込みになるか、事前に確認しておきましょう。

 

アルバイト代が元々振込であれば、最終も振込の可能性が高いです。

 

元々手渡しであれば最後も手渡しの可能性があります。最終のアルバイト代の受け取りについて、事前に責任者に確認しておきましょう。そうすると、気持ちの整理がつきやすいです。

最終出社日の持ち物、持ち帰るものについて

最終出勤日の持ち物、持ち帰るものをきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

自分で買ったもの、会社から配布されたものなど、いろいろあると思います。責任者に置いていくもの、持って帰っていいものなどを確認しておきましょう。

 

最終出勤日の負担が少しでも減るために事前に責任者に確認しておきましょう。

最終日のあいさつはどうしたらいいでしょう

最終日のあいさつは、事前に責任者に聞いて、タイミングを聞きましょう。

 

最終日のあいさつの機会を作ってくれます。最終日のあいさつについては、事前に考えておきましょう。アルバイトなので、ひと言でもいいですし、自分の想いを伝えてもいいですし、言い方は自由です。

 

穏やかな言葉で穏やかな内容を伝えましょう。

最終日前に個別にあいさつするときはどうしたらいいでしょう

最終日前に個別にあいさつするときは、責任者にいつ頃、アルバイトを辞めることを言ってもいいか聞いておきましょう。

 

あまり、早く伝えられると業務に支障をきたす可能性があります。

 

責任者にきちんと事前に聞いたうえで、アルバイトを辞めることを伝える時期を確認しておきましょう。

最終日に全員の前であいさつするときはどうしたらいいでしょう

最終日に全員の前であいさつするときは、ひと言ですましてもいいです。

 

また、自分の中で思い入れがあるのであれば、素直に思いを伝えましょう。アルバイト先に対する感謝の言葉を必ず入れることが大切です。

 

周りのスタッフや自分も気持ちよくアルバイトを辞めるために穏やかな言葉遣いを使ってアルバイトを辞めましょう。

このような辞め方はよくないです。やってはいけない退職方法

アルバイトの辞め方で良くない辞め方はあります。

 

これはやってはいけないと言う辞め方について書いていきたいと思います。

 

当てはまりそうだったら、耐えましょう。せっかく、アルバイトとして働いているのですから、やってはいけないことは、やらないようにしましょう。

ケンカが原因でアルバイトを辞めること

ケンカが原因でアルバイトを辞めることは避けたいです。

 

ケンカしてしまったら、こちらから謝罪しましょう。ケンカが原因で辞めてしまうのは、もったいないです。また、アルバイト先との印象が悪くなります。

 

ケンカしてしまったら、謝ってしまいましょう。どうしても辞めたい場合、ケンカを原因にしてしまわないようにしましょう。

連絡をしないでアルバイトを辞めること

連絡をしないでアルバイトを辞めることはよくありません。

 

アルバイト先にも引継ぎや次の人材確保などの都合があります。どうしても、アルバイト先の責任者に口頭で伝えるのが難しい場合でも、せめて電話でもいいので、連絡しましょう。

 

アルバイトを辞めたいということをきちんと伝えましょう。

一方的、また急な連絡でアルバイトを辞めること

一方的、急な連絡でアルバイトを辞めることは避けましょう。

 

アルバイト先にも引継ぎや次の人材確保の時間が必要な場合があります。一方的に、急にアルバイトを辞めることは避けましょう。最低でも2週間前にしておきましょう。

 

余裕があれば1ヵ月前がのぞましいです。アルバイトは急に辞めることもできますが、印象がよくありません。次のアルバイト先で同業種で働く場合、次のアルバイト先に支障が出る可能性があります。

アルバイトの退職でも特別な事情は事前に相談をしましょう

アルバイトの退職でも特別な事情がある場合は事前に責任者に相談をしましょう。

 

アルバイト同士でケンカしてしまったりしたら、責任者に事実確認をしましょう。アルバイトを辞めるかどうか悩んでいるなら、責任者に相談しましょう。

 

くれぐれも連絡なしで辞めたり、一方的な急な連絡で辞めたりしないようにしましょう。アルバイト先にもすぐに辞められたら困る事情があるかもしれません。

 

特別な事情を抱えているなら、アルバイト先の責任者ときちんと相談したうえで、アルバイトを辞めるかどうかの進退を確認していきましょう。

まとめ

▼関連記事▼
心が震えるアルバイトがそこにある 感動のオーストラリア学んだこと
信頼を支えるバイト 辞める恩恵をできるだけ切り出し方
見逃せないバイト 甘党にはたまらない辞める、即日
禁断の必勝バイト辞める時 名門言い方でひそかに受け継がれ

 

アルバイトの辞め方について、元人事担当者の視点で書きました。

 

アルバイトは雇用形態の中ですぐに辞めやすい印象があります。ですが、アルバイト先の事情によっては、すぐに辞め垂れたら困る職場もあります。

 

アルバイトを辞めるなら1ヵ月前、遅くとも2週間前までに伝えましょう。ある程度期間があれば、アルバイト先も引継ぎの時間や新しい応募の時間を取れたりします。

 

アルバイト先の状況を考えて行動することも社会人としてのマナーです。くれぐれも、ケンカが原因で辞めてしまったり、連絡なしで辞めてしまったり、急な連絡で辞めてしまわないように注意しましょう。

 

アルバイトを辞める場合は、事前に伝えて、事前に退職に必要な事柄を責任者から聞いておきましょう。そして、最後のあいさつも気持ちよく終わらせましょう。送別会を開いてくれるなら、出来るだけ参加しましょう。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ