毒親

できる毒親に育てられました ちょっとした現在に最適

毒親に育てられました。現在は、うつ病、発達障害になってしまい、障害年金の支給を受けながら生活を続けています。

スポンサーリンク

小学生の頃、両親が離婚しました。父親は浮気相手と再婚するために出ていきました。

会社のストレス診断

私は一人っ子なので母親と二人暮らしになりました。

数年後、父親と二人で会いました。母親と離婚した理由を聞くと、自己中心的で自分の事しか考えれない人だから離婚したと言うのです。

 

私はもっともな意見だと思いました。

母親は自己中心的な人なのです。両親が離婚してから母親は私に命令ばかりするようになりました。

 

「ああしなさい」「こうしなさい」と命令ばかりするのです。

毒親に育てられてしまい、私は次第に生きる気力を失っていきました。

 

社会人になっても仕事に熱心になれることもなく、上司や先輩から怒られてばかりいました。

数年後、会社のストレス診断がありました。ストレス濃度が高いとのことで産業医との面談をするように会社から指示されました。

▼関連記事▼
みんなで住む家だからこそ毒親と離れられない

無職、無収入

産業医と面談すると精神内科を受診してみるように言われました。

会社近くの精神内科に通院するようになりました。うつ病と診断されました。

 

さらに、発達障害の検査を受けたら、アスペルガー症候群と診断されました。

私はうつ病、アスペルガー症候群と診断されてしまい、会社に診断書を提出しました。

 

すると、しばらく休むように指示されました。

傷病手当金が支給されるようになり、薬物療法で治療を続けてきましたが、治らず、会社と話合った結果、退職となりました。

 

その後も、傷病手当金が支給されていましたが、翌年の数ヵ月後、傷病手当金の支給が満了になりました。

無職、無収入になってしまいました。会社で働くことができないため、カードローンでお金を借りて生活をつづけていました。しかし、すべてのカードローンの上限額がいっぱいになってしまい、生活できなくなりました。

▼関連記事▼
わが家の毒親に育てられました改善計画

自己破産

知り合いに相談すると弁護士に相談するように言われました。

そして、弁護士に相談すると生活を続けるために、生活保護を受けることを検討するように言われました。

 

役所に行って経緯を話すると、世帯分離して母親と別居して一人暮らししたら、生活保護が申請できることを教えられました。親戚に相談すると不動産屋さん屋さんを紹介されました。

スポンサーリンク

 

不動産屋さん屋さんには生活保護に理解のある大家さんが所有している物件を紹介されました。

こうして、母親から離れて一人暮らしが始まりました。一人暮らしをしてから生活保護を申請して数週間後に審査が通りました。その後、再び弁護士に相談すると自己破産するように言われました。

▼関連記事▼
毒親を感じさせないでお金を手に入れる

一人暮らしを断念

自己破産を申し立てて、持ち家は競売になりました。持ち家が競売になったので、母親は出ていかざるを得なくなりました。母親は賃貸に住むようになりました。翌年、競売物件が競落されて自己破産が終わりました。

 

一人暮らしを続けてきましたが、食事、掃除、洗濯が全然できず、どうしようもない状態が続きました。

そして、障害年金の申請をすると審査が通りましたので、生活保護が廃止になりました。

 

その後、一人暮らしを断念してしまい、再び母親の住んでいる賃貸に引っ越すことになりました。

発達障害と診断されて両親が離婚してから成績が急降下

現在は、母親と再び二人暮らしして、私は障害年金、、母親は年金を受給しながら。二人して年金暮らしになっています。

毒親に育てられたら、結局、精神病になってしまい、毒親から逃れられない運命なのだと感じました。

 

私は、社会の落ちこぼれになりました。

うつ病になってから、毎日、生きていることがむなしいと感じるようになりました。

 

生きる気力を失っている状態です。発達障害と診断されて両親が離婚してから成績が急降下した原因がわかりました。

▼関連記事▼
本物の毒親改善計画 うつ病の始りは計画したときから始まる

まとめ

▼関連記事▼
いつまでたっても毒親が主人公 理解されない私は不幸

 

発達障害の検査を受ける時に小学生時代の通信簿の提出を求められたので、提出したら、ちょうど、両親が離婚した時期から成績が急降下しているのです。

私はうつ病、アスペルガー症候群として障害年金を受け取りながら生活を続けていますが、毎日が、しんどいです。

 

生きていること次第しんどいです。

精神内科の先生からは労務してはいけないと診断されています。

 

だから、何もできません。毒親から日々、「ああしなさい」「こうしなさい」と言われながら、しんどい思いを抱えて現在も生き続けています。恋愛、結婚する気力もありません。人生終わりました。

スポンサーリンク
 プロフィール

岡星 陽士

うつ病患者の破産者の40代の独身未婚男

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ