無職

今からは無職の期間ですよ。洗練された男を気取りたい1年

無職になって1年以上経過しています。無職になって働くことをまったくしていません。親戚に草むしりを頼まれるだけです。

スポンサーリンク

あとは、たまに、ブログを書いているだけです。無職になってしまうと生きる気力を失います。っというか、失っています。無職の過ごし方など、無職生活を書いていきたいと思います。

無職になって1年、無職歴が長い人でも採用してもらうための無職期間の理由付けとは

無職歴が長くてもアルバイト、派遣社員、正社員に採用される可能性はあります。無職が1年であっても、無職期間の理由によっては、無職であることを恥ずかしがる必要もありません。

 

無職になって1年になってしまったのは事実ですし、仕方ありません。問題は、無職になっている間に何をしてきたか、それをきちんと言えることが大切です。

無職になって1年、無職になって後悔するものでしょうか

無職になって1年、後悔するものはあるでしょうか。無職になって後悔することがあるのであれば、無職をやめてとりあえずアルバイトをした方がいいと思います。

 

無職をして特に影響がないのであれば、無職のままでもいいと思います。私は無職になって1年以上経過していますが、現実に生きています。無職でも生きる術は、たくさんあります。

無職になって1年、無職期間が長くても就職できる理由とは

無職になって、無職期間が長くても就職できる理由とは、無職であることをありのまま正直に答えることが大切です。無職になって得るものがなかったら、得るものがなかったでそれでいいです。

 

無職になって得るものがあったのであれば、それを自分の体験談として身につけておきましょう。無職期間が長くても就職できる理由はいくらでもあります。無職であったことを受け入れて、無職で得たこと、得れなかったことを正直に話せばいい話です。

無職になって1年、少子化で人材が足りない状況

無職になっても、今は少子化で人材が足りない状況です。無職であっても気にする必要はありません。働き口を選びさえしなければ、いくらでも働き口はあります。

 

無職であっても、とにかく人材がほしい、働ける健康良好な人材が欲しいという会社はいくらでもあります。無職は充電期間であったと割り切って、積極的に活動すれば、無職から脱出できます。

無職になって1年、長期的に働ける人材が評価される時代

無職であっても、結果樹的に長期的に働ける人材が評価される時代です。無職だから長期で働けるか働けないか、実際に働いてみないとわからないものです。

 

無職であることを恥じる必要もありません。無職の人は履いて捨てるほどいます。無職は珍しくありません。堂々と無職であったこと、無職の間、遊んでいたでもいいでしょう。旅をしていたでもいいでしょう。節約していたでもいいでしょう。無職で過ごしていた日々を伝えることが大切です。

スポンサーリンク

無職になって1年、見栄を張らず正直に伝えましょう

無職であることを、恥じることなく、見栄を張らず、正直になりましょう。無職である期間、履歴書、職務経歴書など、空白の期間ができます。

 

その期間、何をしていたか正直に伝えましょう。毎日、寝てばかりで、何もしていないから、何もしていない、寝てばかりだったと正直に言えばいいでしょう。わざわざ、言い訳を作る必要はありません。無職であっても、健康良好であれば、無職から脱却できる可能性は十分にあります。

無職になって1年、反省も織り交ぜて伝えましょう

無職になってしまったことを反省を織り交ぜて伝えることが大切です。無職になったことを反省せず、ただ、開き直っているだけではいけません。

 

無職になってしまったことの反省を踏まえて、無職期間の体験を語ればいいのです。無職であっても正直にありのままを伝えると同時に反省の色も伝えることにすれば、好感が持てます。

無職になって1年、無職期間で得たものを伝えましょう

無職期間で得たものを伝えましょう。無職期間で遊んでいたことも含めて伝えましょう。ダラダラしていたのか、就職活動していたのか、ただ寝ていた毎日だったのか、ただ、毎日散歩しているだけだったのか、無職期間の体験談を正直にいいましょう。

 

無職期間があったとしても、健康で過ごしていたのであれば、それは強みになります。健康状態が良好であれば、働くことに問題はありません。無職で事故も事件もなく、過ごしていたこと自体、素晴らしいことなのです。

まとめ

▼関連記事▼
やすらぎの無職を満喫する。強烈な3年間の末路
すべての退職後1年、無職の方へ。デキる男は効率よく就職活動する
オジサンだってここまでできる。無職で1年で正社員になるには
 
無職になって1年以上経過いる私の考えを書きました。私は過去に人事部で面接官をしていたこともありました。面接官をしていると無職の方の面接もたくさんしてきました。

 

無職であったことは、正直、あまり気になりません。問題は、無職の間に何をしていたのか、どの様に過ごしていたのか、どのような考えで過ごしていたのか知りたいだけです。

 

無職の期間を負い目にする必要はありません。無職期間は誰でも経験することです。無職であることを隠す必要はありません。無職期間に何をしていたか、正直に答えるだけで問題ありません。

 

無職期間の間に事故も事件もなく健康状態も良好で過ごしていたのなら、それは、立派に生きていたことになります。無職期間は本当に苦しいと思います。苦しい体験を通して語れることもたくさんあると思います。

 

自分ではちっぽけだと思うことでも、第三者から聞いたら、すごい体験かもしれません。無職であることを恥じる必要はありません。無職であったことを堂々と伝えて、無職期間の体験談を語れるようになれればいいです。

スポンサーリンク

     無職   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ