アパート

端正なアパートが騒音を感じさせる

アパートに住んでいますが、騒音には悩まされる日々です。内階段の騒音、隣人の騒音、線路の騒音、道路の騒音、アパートに住んでいたら、騒音だらけです。

スポンサーリンク

特に夜寝る前の内階段の騒音は、イヤだな・・・っと思ってしまいます。そっと歩いてくれよーって思ってしまいます。騒音の対策はあるのでしょうか。

アパートの騒音、もう耐えられない、騒音トラブルに悩まされた時の相談先とは

もう耐えられない、騒音トラブルに悩まされた時の相談先は、大家さん、もしくは管理会社に相談しましょう。アパートの騒音は耐えられることと、耐えられないことは、個人差があります。

 

耐えられる騒音であればいいですが、耐えられない騒音があるのであれば、大家さん、管理会社に相談して騒音問題を解決してもらいましょう。

アパートの騒音、こちらが騒音被害を出してしまった場合、どうすればいいでしょう

こちらが騒音被害を出してしまった場合、どうすればいいでしょう。アパートの騒音は、こちらが被害を受ける場合もありますし、誤ってこちら側が騒音を出してしまう場合もあります。

 

そういった場合、もし、隣人が壁ドンをしてきたら、無視しましょう。隣人が直接、玄関に来てインターホンを押して苦情を言ってきたら、謝罪しましょう。

 

騒音で怒っているのなら、謝罪するのが一番です。それでも、解決がつかないなら、大家さん、管理会社に連絡をして、騒音を出してしまって、謝罪したけど、許してもらえなかったと相談すればいいでしょう。

アパートの騒音、トラブルはひとりで抱え込まず、落ち着いて対処をしましょう

トラブルはひとりで抱え込まず、落ち着いて対処をしましょう。アパートの騒音に悩まされることもありますし、逆に、こちらが騒音を出してしまっていて、隣人や周りの入居者に迷惑をかけている可能性もあります。

 

アパートの騒音は、そもそも、どこのアパートでも起きてしまうどうしようもないことです。アパートの騒音に悩むことがあれば、ひとりで抱え込まずに、大家さん、管理会社に相談しましょう。逆に騒音を出しているのであれば、騒音を出すのをやめて静かに過ごすように心がけましょう。

アパートの騒音、自己解決はトラブルの元です。でもすぐに解決してくれるのでしょうか

自己解決はトラブルの元です。すぐに解決してくれるのでしょうか。アパートの騒音問題は、自己解決することは、トラブルの元です。例えば隣人の騒音がうるさいからといって、壁ドンをしたり、玄関にいって、苦情を言いに行くのは得策ではありません。

 

アパートの騒音に悩まされたら、大家さん、管理会社に相談しましょう。逆に騒音を出している側で、壁ドンをされたり、玄関にこられたら、とりあえず謝罪しましょう。

 

そして、速やかに大家さん、管理会社に騒音で迷惑をかけてしまったことを報告しておきましょう。第三者に騒音で迷惑したこと、騒音で迷惑を出してしまったこと、すべて大家さん、管理会社に報告しておくことが得策です。

アパートの騒音、隣人の入居者のマナー度は

隣人の入居者のマナー度について、アパートの騒音問題に悩まされる可能性があります。私は、隣人の子どもの鳴き声、夜の営み、しゃべり声、くしゃみの音、歩いている音など、隣人の入居者は素行不良だったので、苦情の一つも言えませんでした。

 

ただ、大家さんに隣人の騒音で悩んでいることは、ちくいち報告していました。すると、くしゃみの音は、とりあえず止まりました。24時間くしゃみばかりして、全然眠れないのです。

 

それくらい、隣人との壁が薄かったのです。隣人の入居者のマナーによって騒音に悩まされるかどうかは、実際に住んでみないとわからないのが、一番の悩みの種になるのではないでしょうか。

アパートの騒音、直接の苦情は絶対よくないです

直接の苦情は絶対よくないです。アパートの騒音に悩まされたからと言って、騒音を出している入居者に直接自分から苦情を出すのは絶対よくないです。

 

お互いにケンカになるだけです。騒音で悩まされたら、大家さん、管理会社にいいましょう。管理会社に直接言ってくださいと言われても、それに応じることはしないでください。

 

直接の苦情はリスクしかないです。アパートの騒音で苦情を言って、後で根に持たれる可能性があります。

アパートの一人暮らしの寒さ対策、断熱カーテン

断熱カーテンを付ける方法があります。だいたいは遮光、防音、断熱、保温の効果を兼ね備えているカーテンが多いので、断熱に特化したカーテンと言うより、太いカーテンですね。

 

寒さ対策として、窓がある場合、断熱カーテンをすると全然違います。

 

▼関連記事▼
冬のゆったりした時間を過ごすアパートの一人暮らしの寒さ対策でリラックス

アパート暮らしがみじめと感じるのは、40代は家賃以外にお金がかかります

私は40代ですが、アパートは家賃以外にお金がかかります。水道光熱費、通信費、食費は最低限いります。アパート暮らしがみじめだと感じたのは、自己破産することになったこともそうですし、持ち家が競売になったこともそうですし、生活保護を受けることになったことも、経済的に自立どころか、経済的に転落してしまって、どうしようもなくなってしまったことです。

スポンサーリンク

 

また、自己破産する前に、うつ病、発達障害と心療内科の先生に診断されてしまって、精神障害者になってしまったことです。そして、無職になりました。とことんみじめになりました。

 

▼関連記事▼
上質なアパート暮らしが新鮮にみじめに変えてくれる

アパートの隣人に騒音の仕返し、まずは騒音で悩んでいることを管理会社、大家さんに相談しましょう

騒音で悩んでいることを管理会社、または、大家さんに相談しましょう。アパートの隣人に騒音の仕返しをされているということを言えば、大家さん、管理会社が動いてくれる場合があります。

 

中には、直接、自分で行ってくださいと言われる場合があります。その時は、直接、伝える方法を考えましょう。

 

▼関連記事▼
アパートの騒音に声を失う 脳裏に焼きつく仕返しが我を刺激する

アパートのきしみ音は、アパートの気温や湿度の変化

アパートの気温や湿度の変化によって、アパートのきしみ音が出ていることもあります。気温や湿度の変化は、エアコンを使って、気温や湿度の調節をしてみましょう。

 

エアコンには、気温を上げ下げできたり、除湿機能があります。アパートのきしみ音が気温や湿度の変化によるものでしたら、エアコンを付けて室内の気温、湿度を調節してみましょう。

 

▼関連記事▼
魂を揺さぶる衝撃 アパートに建てられたきしみ音が脳にまで届く

アパートの引っ越しする時の掃除は、退去前に部屋の掃除ってしないといけないのでしょうか

退去前に部屋の掃除をしないといけないのでしょうか。アパートの引っ越しする時の掃除は、大家さんに話してみましょう。規定で掃除しないと別途掃除費用を請求するなど言われたら、掃除する必要があります。

 

もしくは、掃除しなくても退去後に大家さん側でやっておくという場合もあります。アパートの大家さんとの契約内容によって掃除する必要があるのか、掃除する必要がないのかは、アパートによって変わります。

 

わからなければ、直接、退去後するとき、掃除が必要なのかどうか聞きましょう。

 

▼関連記事▼
アパート住みやすいさ圧倒的 引っ越しの時にこだわった掃除とは

アパートの内階段がうるさい対策、自分で苦情を言いにいかないこと

自分で苦情を言いに行かないことです。アパートの内階段がうるさいからと言って、階段を登っている人を追いかけて苦情を言いに行くのはよくないです。

 

トラブルの元です。アパートの内階段がうるさい場合は、大家さん、もしくは、管理会社にいいましょう。

 

▼関連記事▼
熱い涙が止まらなくなるアパートの内階段がうるさいと実感できる

アパートを事務所として借りる場合、ほかの住人に迷惑にもなる可能性があります

アパートの大部分は、住宅専用の物件として貸し出しされています。事務所利用が可能なアパートもありますが、物件の数として住宅専用のものよりも少ない傾向にあります事務所として利用をするなら、その物件で事務所利用できるかどうか不動産屋さんに確認する必要があります。

 

事務所利用をすることによって、不特定多数の人が頻繁に出入りする可能性があります。その結果、他の入居者に迷惑になる可能性があるため、住宅専用として貸し出されている物件もあります。

 

事務所利用が可能かどうかは借りてから大家さんに確認するのではなく、借りる前の段階で不動産屋に確認しましょう。

 

▼関連記事▼
感動を呼ぶアパートを こころがこもった事務所おもてなしとして借りる

まとめ

アパートの騒音について書きました。私は1DKのアパートに住んでいて、隣人の騒音には随分悩まされました。子供の鳴き声、夜の営み、歩く音、くしゃみの音、内階段の音、線路の音、道路の音など、騒音だらけでした。

 

周りのアパートより相場が安かったので選びましたが、そもそも、安いアパートは質がよくないです。騒音だらけです。耐えれる騒音と耐えれない騒音は人それぞれです。

 

私の場合は、隣人のくしゃみの音には耐えられませんでした。夜の営みも、わざと聞こえるかのようにうるさいのです。アパート選びは安いに越したことはありませんが、騒音の覚悟はしておいた方がいいでしょう。

 

安いアパートほど騒音が多い可能性があります。アパートの騒音を避けたいのであれば、事前に不動産屋さんと騒音の少ないアパートを紹介してほしいといっておきましょう。

 

そうすると、騒音の少ないアパートを紹介してくれます。アパートの騒音は避けても避けても、どうしようもありません。アパートの家賃を下げることも大切ですが、騒音を避ける環境のアパートを選ぶことも大切なことです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ