恋愛

満ち足りた恋愛 価値は待つこと やすらぎの男

恋愛を待つことをひたすらしている男とはいったいなんでしょう。本来は、男から告白するのが定番のようになっていますが、男から告白をひたすら待つような男もいます。

スポンサーリンク

現実に、私は好きな女性に告白したことは一度もありません。告白したことがありません。女性に告白させてお付き合いしてきました。そのような恋愛を待つことを続ける男とはなんなのか書いていきたいと思います。

恋愛を待つことを男は待つ事も必要であります

恋愛を待つことを男は待つことも必要であると考えます。恋愛は何も男から告白する必要はありません。女性だって告白したいのです。私は好きでもない女性から、あなたのことがいつの間にか好きになったのよね・・・と言われたことがあります。

 

それって告白・・・?と思ったことがあります。ただ、会話しているだけで好きになったとか言われてもどうしたらいいかわからない・・・。恋愛を待つというのは、こういうこと?あせらなくてもいいっていうこと?恋愛にあせりは禁物です。

 

男は黙って待つという姿勢も時には大切です。デートの待ち合わせに女性が遅れてきても文句を言ってはいけません。男性は黙って待ちましょう。それが、心の器が大きい男性だと思います。

恋愛を待つことを男には待つ必要もないときもあります

恋愛を待つことを男には待つ必要もないときもあります。好きな女性がいるのであれば、サッサと告白してしまいましょう。好きな女性がいるのであれば、あなた以外にもライバルとなる男性がいるかもしれまん。

 

先に追い抜かれてしまう可能性があります。好きな女性がいたら、奪われないように、思い立った時に告白していまいましょう。ダメもとで告白する勇気も時には大切です。

恋愛を待つことを男が必要な理由とは

恋愛を待つことを男が必要な理由とは、器が大きい男は、何もかも待つことができるとも考えられます。逆に待つことばかりする男性は行動が遅いともいえます。

 

恋愛を待つことを男が必要な場面は、デートの待ち合わせの時は、男は黙って待つべきでしょう。女性が遅れてきたからと文句を言う男性は心の器が小さいと感じます。

スポンサーリンク

 

恋愛をするうえで待つということはとても大切です。男性は、恋愛が訪れることを待つ姿勢も大切です。ただ、好きな女性が現れたら、自分から告白する勇気が必要です。

恋愛を待つことを男は上手に待つこと

恋愛を待つことを男は上手にまつことが大切です。恋愛を待つと言ってもただ、待つだけではなく、好きな女性がいたら、すぐに告白する行動をとりましょう。

 

好きでもない女性に好意を持たれていたら、とりあえず黙って待つことにしておきましょう。デートの待ち合わせに女性が遅れてきても黙って待つことが大切です。

 

女性はお化粧やファッションに忙しいのです。女性が遅れてくるのは定番だと思ってもいいです。恋愛を上手に待てる男はモテる男性です。

まとめ

▼関連記事▼
やさしく溶け合う恋愛 バカバカしいセクシーさをアップする
片思いを劇的に向上させる 新しい待つスタイルの男
世界一恋愛したかった 待つことを手に入れた片思いをもう一度
 
恋愛を待つことをひたすらしている男とはについて書きました。私は、常にれないを待つことを繰り返してきた男です。好きな女性が現れても告白したことがありません。

 

好きでもない女性に告白されて付き合ったことがあります。ですが、好きでもない女性と付き合っても長続きはしません。自分から結局別れを切り出すことになって、女性を泣かせてしまうというのが関の山です。

 

恋愛を待つことは男にとって必要かどうかと言われたら、好きな女性がいるのであれば、告白したほうがいいと思います。逆に好きな女性がいないのであれば、恋愛はひたすら待つ姿勢でもいいと思います。

 

無理に、出会い系サイトや出会い系アプリを使って、出会いを生み出す必要もないと思います。私も過去に出会い系サイトやアプリなどで知り合った女性がいましたが、体の関係になって、終わりのパターンが多くて、好きになった女性はいません。恋愛は待つこと、男は黙って期を狙って待つことが大切かなと今になって感じます。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

 プロフィール

いろいろわかるブログ運営者

岡星 陽士

こんにちは、岡星 陽士(おかぼし はると)と申します。 元人事部として正社員、派遣社員、アルバイトとして働いた経験などを書いていきたいと思います。 現在は、40代のブログを書く人です。 一時期、世帯分離して自己破産したことがあります。 その後、再び母親と同居することになりました。 自分の今までの人生を書いていこうと思います。

  最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ